&M

PRESS RELEASE

※配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

グローバルアルブミン・クレアチニン検査市場規模調査-製品別(アナライザー、カートリッジ(PoC、卓上)、ディップスティックキット、試薬)、タイプ別、エンドユーザー別、地域別―予測2022-2030年

Kenneth Researchは調査レポート「グローバルアルブミンおよびクレアチニン検査市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」2021年09月 20日 に発刊しました。レポートで提供される主要な産業洞察は、市場の既存のシナリオに関して読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10346895

グローバルアルブミンおよびクレアチニン検査市場は、2022年に11憶米ドルの市場価値から2030年末までに34憶米ドルに達すると予測されます。また、予測期間中に16.8 %のCAGRで拡大すると予測されます。

アルブミンは、水に溶けて熱で凝固する単純な形のタンパク質であり、卵白、牛乳、および(特に)血清中に存在します。クレアチニンは通常の老廃物として尿に含まれています。腎臓障害/疾患の有病率の増加、POC(ポイントオブケア)診断の受け入れの増加、と慢性疾患の有病率の増加は、アルブミンとクレアチニンの検査の世界市場の成長を後押ししています。世界の主な死因の1つは腎不全です。

これらの症例には、成分(クレアチニンやアルブミン、およびそれらの比率など)の定期的なモニタリングを伴う複数の腎臓療法が含まれます。そのため、さまざまな製品と尿分析の技術が使用されます。腎臓病の診断と治療において、尿分析は幅広い用途があります。生化学的尿の分析は、医師が化合物(クレアチニン、ウロビリノーゲン、ビリルビン、ケトン、ブドウ糖など)の尿中のレベルを測定するのに役立ちます。

2018年、米国アークレイとベックマンコールターは、ベックマンのIris iQ200デジタルフロー形態システムと完全自動尿分析装置(Arkray Aution Max AX-4030)を組み合わせたiQ尿検査ワークセルのコラボレーションと発売を発表しました。同様に、アボットラボラトリーズ(米国)は、アルブミンおよびクレアチニンテスト市場のすべての地域で著名なプレーヤーです。同社は2017年にAlereInc.を買収し、尿分析の市場全体に参入しました。同社は、多数のテストキットと測定キットを提供しています。この買収により、アボットは尿分析の市場全体で重要な役割を果たすことが期待されており、アルブミンとクレアチニン検査の市場を牽引しています。

自動尿沈殿物分析装置と尿生化学的分析を1つのシステムに統合することで、迅速で簡単な尿分析が可能になります。現在、自動尿沈殿物分析装置は、オペレーターの干渉を最小限に抑えて沈殿物と生化学的分析を標準化し、尿サンプルの迅速な分析を可能にします。

グローバルアルブミンおよびクレアチニン検査市場のセグメンテーション洞察

グローバルアルブミン・クレアチニン検査市場規模調査-製品別(アナライザー、カートリッジ(PoC、卓上)、ディップスティックキット、試薬)、タイプ別、エンドユーザー別、地域別―予測2022-2030年
グローバルアルブミン・クレアチニン検査市場規模調査-製品別(アナライザー、カートリッジ(PoC、卓上)、ディップスティックキット、試薬)、タイプ別、エンドユーザー別、地域別―予測2022-2030年

調査レポートの詳細内容について;https://www.kennethresearch.com/report-details/global-albumin-creatinine-tests-market-/10346895

グローバルアルブミンおよびクレアチニン検査市場は、製品別(アナライザー、カートリッジ(PoC、卓上)、ディップスティックキット、試薬)、タイプ別(血尿クレアチニン、尿アルブミン、糖化アルブミン)、エンドユーザー別(病院、診断および研究所)、および地域別などセグメントによって分割されています。

高度な医療施設に対する世界中の国の政府の必要性の高まり、および医療への支出の増加により、の予測期間中に市場は、大幅なCAGRで成長すると予想されています。さらに、現代の医療施設の開発のための研究開発の増加も、グローバルマーケットの成長に貢献するのに役立つことがさらに推定されています。世界銀行の統計によると、2017年には、GDPの合計9.896%が現在の医療費として世界中で観測されています。

グローバルアルブミンおよびクレアチニン検査市場レポートは、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東およびアフリカを含む地域に関する詳細な調査と分析にも焦点を当てています。

グローバルアルブミンおよびクレアチニン検査市場は、地域に基づいてさらに区分されます。

北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
一方、ヘルスケア業界では、主に世界中に広まったグローバルなパンデミックCOVID-19の恩恵を受けています。世界中で多くの命を奪われている現在のパンデミックにより、ヘルスケア業界では多くの機会が生み出されています。業界はまた、世界的なパンデミックのために、いくつかの新しいプレーヤーからの参加を観察しました。

グローバルアルブミンおよびクレアチニン検査市場におけるキープレーヤー

Thermo Fisher Scientific, Inc.
Roche Diagnostics
PromoCell GmbH
Abbott Laboratories
Siemens Healthineers
Danaher Corporation
Sysmex Corporation
Ortho Clinical Diagnostics
Randox Laboratories
FUJIFILM Wako Pure Chemical Corporation

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10346895

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら