&M

PRESS RELEASE

※配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

電子料金収受(ETC)市場ーテクノロジー別(RFID、DSRC、その他(ANPR / ALPR、衛星ベース))、オファリング別、アプリケーション別、タイプ別、および地域別ー世界的な予測2030年

SDKI Inc.は、電子料金収受(ETC)市場の新レポートを2021年09月27日に発刊しました。この調査には、ETC市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-61688

ETC市場は、2022年に90.8億米ドルの市場価値から、2030年までに161.1億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に8.54%のCAGRで成長すると予想されています。

電子料金収受(ETC)市場ーテクノロジー別(RFID、DSRC、その他(ANPR / ALPR、衛星ベース))、オファリング別、アプリケーション別、タイプ別、および地域別ー世界的な予測2030年
調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/electronic-toll-collection-market/61688

車線あたりの交通量を改善して渋滞を克服するための効果的なソリューション、さまざまな政府によるITSの展開のための資金配分の増加、とETCシステムを使用した環境汚染の削減は、ETC市場の成長を促進する主要な要因です。また、キャッシュレス旅行施設による利便性の向上、と世界中のスマートシティの発展もETC市場の成長に貢献しています。さらに、経済的および技術的に発展途上国での投資機会の増加、運輸部門での官民パートナーシップ(PPP)契約の数の増加、および全電子料金(AET)システムへの移行の増加は、ETC市場のプレーヤーに機会を提供する可能性があります。 しかし、発展途上国のインフラセクターの成長の鈍化、と高い運用コストは、ETC市場の成長を抑制する可能性があります。

電子料金収受(ETC)市場セグメント

ETC市場は、テクノロジー別(RFID、DSRC、その他(ANPR / ALPR、衛星ベース))、オファリング別(ハードウェア、バックオフィスおよびその他のサービス)、アプリケーション別(高速道路および都市部)、タイプ別(トランスポンダー/タグベースの料金徴収システム、その他の料金徴収システム)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

アプリケーションに基づいて、高速道路セグメントは予測期間中に高い速度で成長すると予想されます。

高速道路アプリケーション用のETCシステムの需要は、予測期間中に増加すると予想されます。車両は高速道路を高速で走行します。ETCシステムは、料金所に立ち寄る必要なしに、車両所有者が便利な取引を実行するのに役立ちます。このシステムは新しい革命をもたらしており、料金徴収のプロセスをシンプルかつ効果的にしました。これは、予測期間中にこのセグメントの成長を推進しています。

電子料金収受(ETC)市場の地域概要

南北アメリカは、予測期間中にETC市場の最大のサイズを保持すると予想されます。TransCore(米国)、Raytheon(米国)、Conduent(米国)、Cubic Transportation System(米国)、Neology(米国)は、北米に拠点を置くいくつかの主要なプレーヤーです。これらの企業は、主に南北アメリカのETC市場の成長に貢献してきました。米国はETC市場への主要な貢献者です。交通渋滞、燃料消費量、移動時間の削減、および料金徴収中の手動エラーの減少などのETCソリューションによって提供される利点は、米国のETC市場の成長を推進しています。

これらの地域セグメントは、北米(米国およびカナダ);アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋);ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ);中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)およびヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)などが含まれています。

電子料金収受(ETC)市場の主要なキープレーヤー

ETC市場の主要なキープレーヤーには、Kapsch AG(オーストラリア)、Raytheon(米国)、TransCore(米国)、Conduent(米国)、Thales(フランス)、Cubic Transportation(米国)、Siemens AG(ドイツ)、EFKON GmbH(オーストラリア)、VINCI(フランス)、Neology(米国)などがあります。この調査には、ETC市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-61688

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら