PRESS RELEASE

※配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

川村学園女子大学 児童教育学科 教員採用試験(小学校)の現役合格率大きく飛躍!

2021年度の教員採用試験(小学校)の現役合格率は78.6%でした。それまでの5割前後から大きく飛躍しました。

2021年度の教員採用試験(小学校)の現役合格率は78.6%でした。それまでの5割前後から大きく飛躍しました(画像1)。
(2021年度は過去2年間の既卒者10人を含む24人が出願し、22名が2次試験にコマを進めました。1次試験通過率は91.7%になります。)

その理由として以下のことが考えられます。
(1)3年生からスタート
学生一人ひとりに声をかけ、教員採用試験対策を年間700時間以上行うことを目標に、3年生から本腰を入れて取り組み始めた。
(2)4年生になってさらに加速
4年生の4月から学科教員の空き時間を活用し、中高の教員希望者も交えて集団面接の練習を続けた。様々なテーマによるディスカッションで、教職に対する思考・表現を磨いていった。
(3)試験直前まで2次対策
2次対策は、7月の1次試験合格者発表後から2次試験直前まで実施し、模擬授業、個人面接、論作文等を学科教員が実施。特に夏休みに3日間、既卒者も含めて、本番同様の対策に取り組んだ。
(4)学生主体の試験対策
模擬授業対策は、学生同士で板書計画を作成する方法をとることで、課題を共有しながら取り組むことができ、チーム感覚が高まった。また、論作文が試験科目にある学生には、複数教員がそれぞれ何本もテーマを与え、添削指導を行った。
(5)少人数制を最大限活用
児童教育学科では、少人数制の長所を活かし、教員が一人ひとりの学生に対応したこと、学科全体(学生および教員)のチーム意識が強化されたことが、好結果につながったと思われます。

▼本件に関する問い合わせ先
事務部
熊谷 憲輝
住所:千葉県我孫子市下ヶ戸1133
TEL:04-7183-0111
FAX:04-7183-0115
メール:k.kumagai@kgwu.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら