PRESS RELEASE

※配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

2022年のGolden Melody Festivalは音楽X映画Xゲームトークを促進

 
GMAのネットワーキング(左)とワークショップ(右)

AsiaNet 96797 (1535)

【台北2022年6月30日PR Newswire=共同通信JBN】
*11組のアーティスト/バンドがSHOWCASEで大勢の視聴者に向けて演奏

Taiwan Television Enterprise(台湾電視公司)が挙行した一連のGolden Melody Festival(金曲国際音楽節)イベントが6月26日、正式に閉幕した。今年は、音楽×ドラマと音楽×ゲームの2つのテーマでエキシビションが企画された。Golden Melody Festivalのイベントには、国際会議、ワークショップ、ビジネスマッチメーキングイベント、GMA(金曲奨)SHOWCASE(ショーケース)コンサート、ビジネスマッチングプログラムが含まれた。イベントは、音楽、映画、ゲーム業界にわたる人々を引き付けた。国際的な講演者が、ビデオ会議を通じて多くのイベントに参加し、海外での実際的な経験と業界の状況を台湾の同業者と共有した。韓国のCJ ENMのOST(オリジナルサウンドトラック) 制作者であるYeram LIM氏、米国のSync SummitのMark Frieser最高経営責任者(CEO)、およびGO MusicのGary Calamar会長は、映画音楽を制作した経験を共有した。受賞歴のある米国人作曲家Garry Schyman氏は、ゲーム音楽の背景を分析し、マスターワークショップの学生に彼らの作品に対する専門的な批評を与えた。台湾の映画およびゲーム業界の多くのトッププロと並んで、Garry Schyman氏は、楽曲を制作し、楽曲と映画を統合する際の自身の経験と課題についても深掘りした。彼らの議論は参加者にとって非常に貴重だった。2022年GMAには合計259社の企業が参加した。

音楽ファンから大いに期待されていたGMA SHOWCASEコンサートは3日間の祭典だった。第25回GMAでBest Band Award(最優秀バンド賞)を受賞したMixerは、爽快なパフォーマンスで初日の幕を開けた。リードボーカルのWu Shenghaoは、「Golden Melody Festivalのために高雄に戻ってきたことは非常に光栄で、世界が高雄を少し多く見ることができることを嬉しく思う」と語った。2022年、Mixerは10周年を迎え、新しいアルバムとコンサートの準備中であるというサプライズの発表も行った。けだるい歌声で知られる?te(ホワイト、壊特)は、海外の音楽祭での初演を楽しみにしていると明かし、ステージで「Give me a change!(変化を私に!)」と叫んだ。しばらくの間ステージ照明から離れていたCosmospeople(宇宙人)は、とりわけGMA SHOWCASEコンサートでの演奏を非常に喜び、年末に高雄でもコンサートを開催することを発表した。2日目は、デュオのJADEが素晴らしいステージパフォーマンスで7曲を披露し、台湾の音楽祭に謝意を表明した。「台湾のバンドの現在の状況は、台湾の多くの優れた音楽祭によって育まれた」。先住民の歌手Sauljaljuiは、鼻笛のソロで演奏を開始し、視聴者に彼女の母語で共に歌うよう誘った。Sauljaljuiは音楽的力量を解き放ち、演奏中に4つの異なる楽器を使用した。彼女は、軽妙でありながら感動的な曲「Singing for Each Other(互いのために歌う)」で演奏を終えた。最後は、最優秀バンドにノミネートされたFlesh Juicerだった。ノミネートについて尋ねられると、5人のメンバー全員が「とてもうれしかった」と答えた。Flesh Juicerは、魅惑的なビデオと極めて美しい照明で満たされた、感染力のあるパフォーマンスで2日目を締めくくった。

OVDSは、活気に満ちたパフォーマンスで3日目を開幕し、「GMAは非常に長い間、台湾の音楽業界を育成し、ミュージシャンを前進させ続けてきた。これは非常に貴重な賞だ。昨年のGMAのノミネートにより、われわれはミュージシャンになった当初の理由を再評価するようになった」と表明した。最後になったが、台南のSweet Johnが自然なボーカルでショーを締めくくった。このバンドは日本での演奏に興味を示し、オーストラリアでのコンサートが遅れていることへの失望を共有した。最後にSweet Johnは、できるだけ早くファンに会いたいという彼らの願いを表明した。台湾のミュージシャンやバンドに加えて、GMAはGolden Melody Festival視聴者のためのオンラインでのパフォーマンスに、日本・北海道のSaji、スウェーデンのBonander、フィリピンのPaolo Sandejasも招待した。3組のミュージシャンは、グローバルな戦略的提携パートナーから推薦され、素晴らしいパフォーマンスを披露した。

2022年Golden Melody Festivalのイベントの詳細については、GMAの公式ウェブサイトにアクセスするか、Facebookでフォロー、またはGMA YouTubeチャンネルにアクセスを。

Golden Melody Festivalのクリップ:https://youtu.be/wkKA3BVQML4
GMAのウェブサイト:https://gma.tavis.tw/GM33/index.ht
GMAのFacebookページ:https://www.facebook.com/GMAGMF

ソース:Taiwan Television Enterprise

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=424516
(画像説明:GMAのネットワーキング(左)とワークショップ(右))

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=424518
(画像説明:GMA SHOWCASEコンサートでのCosmospeople(宇宙人)(左)と?te氏(右))

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら