「お出かけしよう!」新型日産デイズで行きたい場所へPR

「お出かけしよう!」新型日産デイズで行きたい場所へ

お出かけするのに楽しい季節がやってきます。行きたいところに、行きたいときに、気軽に出かけられたら。友達とおいしいものを食べたりきれいな景色を見たり、家族とレジャーや買い物を楽しんだり。そんなワクワクする時間を過ごすのにぴったりな「日産デイズ」が新しくなりました。ドライブで心配な車庫入れや長距離、高速道路での運転などをサポートする先進技術が詰め込まれています。

軽自動車で初! 高速道路で運転するときの2大ストレスを軽減

軽自動車で初めて(※)、「セレナ」や「エクストレイル」などに搭載している「プロパイロット」を採用しました。前を走っているクルマを検知し、アクセルやブレーキをコントロールして前のクルマとの車間距離をキープしてくれます。

また、検知するのは車間距離だけではありません。車線の白線も検知してくれます。これによって、直線道路だけでなくカーブでも走行車線からはみ出さないように走ることができるのです。

※ 約0~100km/hの範囲で走行時の車間および操舵制御を搭載した軽自動車が初。2019年2月現在 日産調べ。(他社にも同じ装備のクルマがあります)

機能には限界があります。詳しくはこちらをお読みください。
  • プロパイロットは高速道路や自動車専用道路で使用してください。プロパイロットはドライバーの運転操作を支援するためのシステムであり、自動運転システムではありません。安全運転をおこなう責任はドライバーにあります。
  • わき見運転やぼんやり運転などの前方不注意および雨・霧などの視界不良による危険を回避するものではありません。先行車との車間距離、車線内の位置、周囲の状況に応じてアクセル、ブレーキ、ハンドルを操作するなどして、常に安全運転を心がけてください。
  • システムの能力には限界がありますので、システムだけに頼った運転はせず、常に安全運転を心がけてください。
  • プロパイロットの操作方法や重要な注意事項などが記載されていますので、ご使用前に必ず取扱説明書をお読みください。

ぶつかりそうになると警告、衝突を防ぐ

運転中、「ぶつかりそう!」と感じてブレーキを踏むまでには時間がかかっているものです。衝突を防ぎ、万が一ぶつかったとしても被害を減らすための「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」が搭載されています。前にいるクルマや人との距離などをクルマが測り、ぶつかる可能性が高くなったときにブザーが鳴ったりブレーキをかけてくれたりします。

ぶつかりそうになると警告、衝突を防ぐ

例えば、前にいるクルマとぶつかる危険をクルマが察知すると、メーター内に警告表示が出てブザーが鳴ります。それによってドライバーが気づき、衝突を避けることができます。

前にいる歩行者も検知します。ぶつかるおそれがあるときは警告表示とブザーでドライバーに知らせ、ドライバーが安全に減速できなかった場合はブレーキが作動します。

機能には限界があります。詳しくはこちらをお読みください。
  • 安全装備はドライバーの安全運転を補助するものであり、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、システムだけに頼った運転はせず、天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認、十分な車間距離の確保など、安全運転を心がけてください。先進技術・機能の設定条件は、車種・グレードにより異なります。
  • 天候や道路状況などのさまざまな条件により適切に作動しない場合があります。
  • ドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、前方の車両や歩行者との衝突回避操作を支援、または衝突時の被害や傷害の軽減を目的としています。機能には限界がありますので過信せず安全運転を心がけてください。詳しくは取扱説明書をご覧ください。


行きたい!と思う場所に安全に出かける楽しみを味わえる日産デイズ

ブレーキとアクセルの踏み間違いによる事故を防ぐ

ドライブの途中で眺めのいい場所を通りかかると、クルマを停めて写真を撮りたくなります。きれいな景色を前に思いっきり深呼吸するだけでも気分がスッキリ。飲み物を買いたくてコンビニに入ったり、家族へのおみやげを買いにお店に立ち寄ったりもしますよね。

「ブレーキと間違えてアクセルを踏んでしまった」という場合でも、衝突事故を防ぐための技術があります。壁やお店のガラス、人とぶつからないようにする「踏み間違い衝突防止アシスト」です。

進む方向の正面に壁など障害物がある場合にアクセルを必要以上に踏み込むと、警報とともに、急発進しないように制御します。それによって衝突事故を防いだり、仮にぶつかったときでも被害を減らしたりすることにつながります。

機能には限界があります。詳しくはこちらをお読みください。
  • 進行方向に壁などの障害物、車両や歩行者(前進時のみ)などがいる場所で、アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違えやブレーキ操作が遅れたとき、警報音と表示で警告し、さらに過度な加速の防止や障害物への衝突防止を支援します。
  • 安全装備はドライバーの安全運転を補助するものであり、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、システムだけに頼った運転はせず、天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認、十分な車間距離の確保など、安全運転を心がけてください。先進技術・機能の設定条件は、車種・グレードにより異なります。
  • 天候や道路状況などのさまざまな条件により適切に作動しない場合があります。
  • ドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、事故被害や運転負荷の軽減を目的としています。機能には限界がありますので過信せず安全運転を心がけてください。詳しくは取扱説明書をご覧ください。

路地裏のお店にも行ける小回りのよさ

うっかり細い道に迷い込んでしまっても、立ち寄りたいお店が路地裏だったとしても、心配しなくて大丈夫です。最小回転半径が4.5メートルと、狭い曲がり角でもすっと曲がることができる設計になっています。行きたいところに行ける小回りのよさもうれしいところです。

空から見下ろしているかのような映像で駐車がラクになる

ついに目的地に到着! 着いたものの「慣れない駐車場でスムーズに停められるか心配」「狭い駐車場だったらどうしよう」「縦列駐車が不安」という声をよく聞きます。駐車や車庫入れをアシストしてくれるのが、日産の軽自動車に初めて搭載した「インテリジェント アラウンドビューモニター」です。

クルマと周りの状況を、上空から見下ろしているかのような映像にして、ルームミラーのディスプレイまたは日産オリジナルナビゲーション画面に表示します。

空から見下ろしているかのような映像で駐車がラクになる

周りに自転車や人など、動くものが検知された場合は、ブザーと表示でドライバーに注意をうながします。

機能には限界があります。詳しくはこちらをお読みください。
  • 安全装備はドライバーの安全運転を補助するものであり、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、システムだけに頼った運転はせず、天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認、十分な車間距離の確保など、安全運転を心がけてください。先進技術・機能の設定条件は、車種・グレードにより異なります。
  • モニターにて確認できる範囲には限界があり、カメラ位置より高い物体は表示されません。必ず車両周辺の安全をミラーや目視で直接確認してください。
  • 車両上方から見下ろしたような映像にはつなぎ目があり、物やクルマが不連続になるとともに高さのある物体は表示されないことがあります。また、物やクルマが倒れ込み、実際の位置より遠くに表示されることがあります。
  • 移動物検知機能は、自車周辺の移動物をドライバーにお知らせすることで、安全確認をサポートする機能です。すべての移動物を検知できるわけではありません。また、静止しているものは検知できません。車両の操作をするときは、周囲の安全をミラーや目視で直接確認してください。

何かあったときはSOSコールでオペレーターに通報

気をつけて運転していても、事故や急病など緊急事態が起きる可能性はゼロではありません。緊急通報装置「SOSコール」を軽自動車として初めて設定しました。

何かあったときはSOSコールでオペレーターに通報

例えば体調が悪くて急な発作が起きたときや、危険を感じたときには、天井についているSOSコールスイッチを押してください。専門オペレーターにつながって、話すことができます。

自分でSOSコールスイッチを押さなくとも、交通事故などでエアバッグが作動したときは自動的に通報され、位置情報などのデータが専門オペレーターの元に届きます。通報後は、オペレーターが車両から得た情報をもとに消防や警察に連絡し、緊急車両の手配などをします。もし何か起きても、これで安心ですね。



ドライブが終わっても、撮った写真をシェアしたり、家族におみやげを渡したり、次はどこに行こうか考えたり、と楽しい時間は続きます。

行きたいところに行けることはもちろん、到着するまでも、帰ってからの時間も楽しめる日産デイズ。あなたが行ってみたいところはどこですか。

クルマは実際に運転してみないと・・・まずは気軽に試乗体験!

後編は、カラーバリエーションや室内空間、収納などをご紹介します。お楽しみに。

トップへ戻る

おいしいパンと絶景を目指す旅 河口湖、鎌倉、飯能へ