17種類のカラーバリエーション、何色を選ぶ? 新型日産デイズでのお出かけを楽しむPR

17種類のカラーバリエーション、何色を選ぶ? 新型日産デイズでのお出かけを楽しむ

仕事や家のことなどであっという間に過ぎる日々を送っていると、自分のお気に入りの空間で気持ちよく過ごしたいと思うことがありますよね。新しくなった「日産デイズ」は、ボディカラーが17種類から選べたり、広い室内で小物をきれいに収納できたりと、楽しく快適に過ごすことができます。

カラーバリエーションは17種類

まずはボディカラーから見ていきましょう。ボディカラーを多くのバリエーションの中から選ぶことができるのも、この車の楽しいところです。「ホワイトパール(3P)とプレミアムサンシャインオレンジ(M)」といった2トーンが4種類、1色が13種類と、全17種類がラインアップされています。

カラーバリエーションは17種類

2トーンのテーマは「ドルチェ」。先ほどの「ホワイトパール(3P)とプレミアムサンシャインオレンジ(M)」は、プレーンなムースと、パッションフルーツのプディングケーキがモチーフです。「アッシュブラウン(M)とフローズンバニラパール(PM)」は、重厚感のあるローストコーヒーとふんわりしたクリームを組み合わせたよう。

また、ボディカラーにあわせて、インテリアカラーと呼ばれる内装の色もコーディネートされています。心躍る、自分好みの1台をセレクトしてください。

※(3P)は3コートパール、(M)はメタリック、(P)はパール、(PM)はパールメタリックの略です。
※ボディカラーおよび内装色は、表示環境の性質上、実際の色とは異なって見えることがあります。

前席も後席も荷室も広々 大人4人でもゆったり過ごせる

実際に乗り込むと、車内の広さに驚くかもしれません。新型デイズでは、運転席の足元のスペースを広げました。シートを前に動かして運転するときでも、広さを実感することができます。足元の圧迫感もありません。前に大人2人が並んで座っても、ゆったりしています。

後席ニールームは710ミリで、旧型車より70ミリも広くなり、大型セダンと同じレベルになりました。約170センチの人が脚を組んでも余裕で座れるほどです。後席のフロアは、凹凸がなくフラットなのでスムーズに移動できます。大人2人が並んでも、くつろげる広さです。

前席も後席も荷室も広々 大人4人でもゆったり過ごせる

せっかくクルマでショッピングに出かけるなら、何を買いたいですか。かさばるものや重たいもの、いつもより数をたくさん……。どれも、クルマだからこそできることですね。

後ろの座席を一番後ろに下げた状態で荷室長が385ミリ、高さ920ミリ、荷室幅1105ミリ。これは飛行機内に持ち込み可能なサイズの一般的なスーツケースが2つを積み込める広さです。これならたくさん買い物をしても大丈夫。

前席も後席も荷室も広々 大人4人でもゆったり過ごせる

しかも、ラゲッジアンダーボックスを使えば、A型ベビーカーなど高さがあるものも積み込むことができるのです。子どもと出かけるときは何かと荷物が増えてしまいますが、荷物の量を気にしなくて済むことが、お出かけしたいママの背中を押してくれるかもしれません。

小物の収納、使いやすくきれいに

運転中に使うサングラス、ドリンクやティッシュペーパーなど、小物類は必要なときにすぐ取り出せる場所にしまっておきたいものです。でも実際は、助手席の前にあって運転席からも手を伸ばしやすいグローブボックスに車検証をしまっていて、収納スペースとして活用できていない人もいるのではないでしょうか。今回、車検証や取扱説明書専用の収納ボックスを、助手席のドアにつけました。これで、グローブボックスのスペースをフルに活用することができるようになりました。

小物の収納、使いやすくきれいに

インパネまわりの収納は7個。車内がすっきり片付いていると気分がよく、友達を乗せるときも自信が持てますね。

静かな車内空間と、安心・快適な運転環境でドライブ旅をもっと楽しく

誰もが運転しやすいクルマであることを追求した新型日産デイズ。運転席からの見開き角度を拡大したことで視界が左右に広くなり、見通しがよくなりました。アクセルペダルは小柄な人でも踏みやすくなっています。

運転で長時間座りっぱなしだと疲れてしまうものですが、「座り疲れ」を減らしてくれるシートがあります。前席のシートに使われている「ゼログラビティシート」です。上級セダンのスカイラインやティアナと同じシートで、日産の軽自動車で初めての採用です。従来のシートに比べて「座り疲れ」を30%減らしてくれます。

また、ドライブをしていると、エンジンの音などで、いつもより大声で話していることはありませんか。新型では、車内に入ってくるエンジン音やタイヤの走行音を低減させたことで、車内が静かになりました。大きな声を出さなくても会話を楽しむことができるのです。疲れが減って笑顔が増えたら、思い出もより鮮やかになりそうですね。

新しくなった日産デイズで、安全で楽しい時間をお過ごしください。

実際にクルマをチェックしたいときは・・・気軽に試乗体験!

三浦半島の景色を撮り続ける写真家、おすすめの“チル”ドライブ 鎌倉・逗子・葉山・三崎めぐり

トップへ戻る

京都市内とはひと味違う、「山と海の京都」を見つける絶景ドライブ