インタビュー

「無理に愛とか恋を歌わない」
安藤裕子が追い求めた“至らない”日常 

  

デビュー15周年を迎えた今年、アニバーサリーライブを開催し、待望のアルバム『ITALAN』も発売した安藤裕子さん。この新作の限定盤には、驚くことにご自身がつづった三編の短編小説からなる小冊子もついてきます。ジャケットイラストから作詞・作曲、そしてアレンジまで! 多才な彼女のすべてが詰まった作品についてお聞きしました。

今までの曲作りに無理が生じてきた

——デビュー15周年をむかえた2018年、アルバム『ITALAN』がリリースされました。これまでの作風とは異なり、あらたなスタートを切ったような作品だと感じました。

安藤 私はもともと音楽的な素養が高かったわけではありません。デビュー当時は、自分が心地よいと思う音階が周りにあまり理解されていなかったと思う。プロデューサーやアレンジャーなど曲作りのプロが聞くと不協和音だったりしたんじゃないかな? でも周囲のスタッフが私の作品づくりへの思いと音楽的なことを整理しながら、それらの曲を形にしていってくれた。そこから次第に私の中にポップスを奏でるスキルとか、常識が育てられたんだと思います。彼らが私をポップスという世界のシンガー・ソングライターとして、まともな位置にいられるように育ててくれました。

だけど、月日が過ぎて、段々と上手になっちゃったのかな? シンガー・ソングライターってどこか私小説家みたいな見られ方をするところがあると思うんです。私も心のどこかで、「そうでなくてはいけない」「感情を切り取らなければいけない」みたいな気持ちがあって、それに努めていたつもりだけれど、そうした曲作りに無理が生じてきました。そこで新しいことに挑戦してみたかったんです。

  

——今作は、デビュー当時からの思いや、キャリアを重ねるなかで生まれてきた葛藤などから生まれたんですね。

安藤 はい。今まで私をブランディングしてくれていた周囲のスタッフが移籍などで離れることになったことをきっかけに、自分ひとりでアルバムをつくってみたいと思いました。

——ひとりで制作することで、作品づくりに迷いが生じたりすることはあるのでしょうか。

安藤 先ほど言ったように“何かを強く思っている”と偽って歌うのがつらかったという心情が根本にあります。むしろ“無理に愛とか恋、メッセージや思いを歌わない”ということがテーマでしたね。

収録曲「至らぬ人々」は、誰かを強く思ったり没頭したりすることに憧れるけれど、結局心が揺れない、没頭できない人を歌った曲。「SVAHA」は火の前で女性が舞い踊っている情景だけを描いた曲で、娑婆訶(そわか:願いの成就を祈る言葉)という言葉の語源をたどっているだけ……。

——今作では初めてご自身でアレンジも担当されていますよね。作曲とはまた違う能力が必要になりそうですが。

安藤 そうですね。今までは私のメロディーをアレンジャーの方に飾ってもらっていましたが、今回は順番も逆転して、自分で好きな音像をつくってからメロディーを乗せました。

——だからかもしれませんが、不思議な音色がたくさん入っていますね。

安藤 それらのいくつかは生活音だったりします。というのも、当然ドラムやベース、鍵盤を入れたいと思ったんですが、自分では大したことができない。そこで家のグラスの音とか、「クーピー(色鉛筆)」のフタを開ける音などを素材として使ってみました。思ったより、きれいにとれる(笑)。「風雨凄凄」のオープニングに入っているザーッという音は、部屋で音素材をとっているときマイクが拾った雑音。雨の演出にちょうどいい音になりました。

音感で言葉を紡ぐ 自ら執筆した短編小説『至らぬ人々』

  

——今作は新しい挑戦として小説がついてきます。すばらしい内容で正直驚きました。

安藤 ちょうど昨年、長めの小説を書いていました。それを知っていた(事務所の)社長に「本をつけたら?」と提案されました。書いていたものは完成していたわけでもなかったし、曲の雰囲気とも合わないので、新しく書き下ろしてみることにしたんです。

——一部の曲と短編小説はタイトルも重なっています。(注:「至らぬ人々」「風雨凄凄」「こどものはなし」の3タイトルは小説名にも使われている)

安藤 小説と曲を同時並行して制作していたら、なんとなく小説のサントラのようになってきて……。私が書く人々って、華がない(笑)。普通に生きている日常には、そんなにドラマなんてありませんよね。小説を3本書いてみて、「みんな(何事もゴ-ルまで)“至らない”人々だな」と思って、アルバムタイトルにつながっていきました。

——作品全体に流れる、一歩前に踏み出すことのできない人の平凡さを「至らない」という言葉で包んだのがすばらしい言語感覚だと思いました。『娑婆訶』なんて優れたショート・ショートのようで、すごくおもしろかったです。

安藤 ありがとうございます! でもホントにみんな至らないでしょ(笑)。ドラマのない日常を書くほうが、自分には合っているかなと思いました。そんな私が素で小説を書いてしまっているので、劇的なドラマは起きないし、悲しみにくれることもない(笑)。等身大に近い“至らなさ”になっていると思います。

——『風雨凄凄』の女性も恋愛感情が何にも至らぬまま終わりますもんね。

安藤 『風雨凄凄』はすごい恋愛が始まるようで、結局、恋に至らないOLの話。「最近好きな人いないの?」「ちょっといい人いるけど、別に何もない」って終わる話を色っぽく書いているだけ。『娑婆訶』は、高校教師のおじさんが被害妄想を抱くだけ。『こどものはなし』も、社会になじめないアダルトチルドレンの女性のお話。どれもちょっと小説風にしているだけで、普通の人々の話です。

——小説は歌詞を書くのとは違いますか?

安藤 私は歌詞を書くときも、細かいプロットなどを決めるタイプではありません。なんとなくのイメージや風景に基づいて、そこから聞こえる音やリズム感に沿って、音感で言葉を紡いでいきます。小説を書いてみても、その手法はあまり変わりませんでした。

——詞は似ていたとしても、曲に乗せると違って聞こえますよね。

安藤 歌詞がどんな内容だとしても、音で劇的に飾れます。「至らぬ人々」のように、物事に関心がなくて何にも心が揺れないという歌詞を、豪勢なミュージカルのように歌えば、夢物語に変えてくれる。音楽はとても自由だなと思います。

  

■Profile
安藤裕子
1977年生まれのシンガー・ソングライター。2003年、ミニアルバム『サリー』でデビューする。2005年、月桂冠のTVCMに「のうぜんかつら(リプライズ)」が起用され、大きな話題になる。CDジャケット、グッズのデザインや、メイク、スタイリングまで自身でこなすなど、多彩な才能を発揮。2014年には、映画『ぶどうのなみだ』でヒロイン役に抜擢(ばってき)された。ニューアルバム『ITALAN』発売中。
https://www.ando-yuko.com/

(企画制作・たしざん、ライター・大草朋宏)

『デジタルネイチャー』は、20年後も読み継がれる落合陽一の主著になる 宇野常寛さんに聞く

トップへ戻る

資金ゼロ経験ゼロからモスクワ国際映画祭受賞へ 医学研究者から映画制作への転身

RECOMMENDおすすめの記事