キャンピングカーで行こう!

キャンピングトレーラーの購入を検討中の人のために知っておいてほしいこと

トレーラーをけん引するのには、安全にけん引できる状態であることを、きちんと登録しなければならない


トレーラーをけん引するのには、安全にけん引できる状態であることを、きちんと登録しなければならない

様々なタイプがあるキャンピングカーの中でも、ここ数年、セールスの伸びがよいのはキャンピングトレーラーでしょう。何しろエンジンがありませんから、イニシャルコストもランニングコストも安価。ヘッド車(けん引する車)も1800ccクラス以上のサイズなら、日本で最も人気のあるタイプのトレーラーを十分引っ張れます。
つまり、今ある車を買い替えなくても大丈夫。それでいて、キャンピングカーとして十二分な設備を持っていることなどが受けているのでしょう。

とはいえ、トレーラーは日本の車文化の中ではまだまだ少数派。検討したくても、わからないことが多い、という人も多いのでは?
これまでにも何度か、キャンピングトレーラーの話題を取り上げてきましたが、今回はヘッド車とトレーラーの関係と登録方法についてお話ししましょう。

トレーラーを引くために必要な手続は

トレーラーをけん引するにあたって必要なのはヒッチメンバーを取り付けることと、電気の配線をすることです。物理的にはそれでよいのですが、それだけでは道は走れません。乗用車が必ずナンバーを取得して所定の場所に取り付けないと公道を走れないように、トレーラーにも登録は必要ですし、トレーラーとヘッド車の関係にも決まりがあります。

法制上、トレーラーを引くための登録には
・トレーラー側に牽引車(ヘッド車)を登録する方法
・ヘッド車を牽引車登録する方法
の2種類があり、必ずどちらかの登録を行う必要があるのです。

トレーラー側にヘッド車を登録する方法
トレーラーの車検証に引ける車の型式を登録します。備考欄には、例えばハイエースであれば「トヨタ TRH-200K(ハイエースの型式)」といった記載がされます。
この方式で届け出る場合、ヘッド車の書類を持って行く必要がありません。そのため手続きは簡単ですが、記載された型式の車でしかけん引できません。つまり、ハイエースを登録したトレーラーは、ハイエースでしか引けません。

例に挙げた「トヨタ TRH-200K」は
・トヨタ ハイエース
・標準ボディ(ナロータイプの標準ルーフ)
・ガソリン車
につけられる型式です。

ですので、同じ型式のハイエースならばけん引できることになります。
ただし、例えばAさんとBさんがそれぞれ「標準ボディ」の「ヒッチメンバーのついた」トヨタハイエースを持っていたとしても、Aさんの車両がガソリン車、Bさんの車両がディーゼル車だった場合は、外見がまったく同じでもけん引できません。なぜなら、ディーゼル車の場合は型式が「トヨタ GDH-200K」。まったく違う車になるからです。

もちろん、ハイエースでない車では、引くことができません。
もし、トレーラーの持ち主がヘッド車を買い替えるならば、あるいは複数の車で引けるようにしておきたいならば(例えば、ヘッド車を複数持っている・友達とトレーラーを共同所有して、誰の車でも引けるようにしたい、など)、引きたいと思っているヘッド車の型式をすべて登録しておく必要があります。登録可能な型式に制限はありませんので、増やせばよいのです。

逆にいえば、急に誰かに貸し出そうとしても、相手のヘッド車(の型式)が登録されていなければ、わざわざ登録するか、ヘッド車ごと貸し出すことになりますね。

日本でも人気が出始めているキャンピングトレーラー(gettyimages)


日本でも人気が出始めているキャンピングトレーラー(gettyimages)

ヘッド車を「けん引車登録」する方法
別名「950登録」といわれる方法で、ヘッド車の車検証に、その車がどの程度の重さのトレーラーを引けるのか(けん引能力)を記載しておく方法です。具体的には「けん引可能なキャンピングトレーラー等の車両総重量は…」と記載され、その重量以内のトレーラーであれば何を引いても良い、ということです。なお、物理的にヒッチメンバーのボールの直径や、灯火類のカプラー(コネクター)が合わなければ、そもそもけん引できません。

この方式なら色々なトレーラーを引くことがある人(キャンピングトレーラーのほかにも水上バイク用やカーゴトレーラーなど)には便利でしょう。
では、自分の車(ヘッド車)のけん引能力は、どうやったらわかるのでしょうか?
それがこの次に説明する「連結検討書」につながるお話になるのです。

ヘッド車を「牽引車登録」する方法で登録する場合、ヘッド車の車検証の備考欄にはこのように追加される。別名「950登録」と呼ばれるのは、冒頭に950とつくから


ヘッド車を「牽引(けんいん)車登録」する方法で登録する場合、ヘッド車の車検証の備考欄にはこのように追加される。別名「950登録」と呼ばれるのは、冒頭に950とつくから

トレーラーのけん引に必要な「連結検討書」ってどんな書類?

さて、上記どちらの方法で登録するにせよ必要になる書類があります。それは「連結検討書」です。簡単に言えば
・どんな車で
・どんなトレーラーを引っ張るのか
本当にそのヘッド車に、そのトレーラーは引っ張れるのかを証明するために、申請書類を作るのです。

トレーラーをディーラーなどで購入した場合は、登録一式も連結検討書の準備も、ショップがサービスで行ってくれることもあります。しかし、トレーラーを使っていて、途中でヘッド車を買い替える場合や、個人売買などでトレーラーを入手した場合には、自力で用意せねばなりません。

ネットの検索エンジンで「連結検討書作成」と検索すると、有料で書類作成代行を行っている会社が出てきます。そのほかにも、簡単に連結検討書をWeb上で無料で作成できるページもあります。こうしたページでは「必要な数値」を入れていくだけで、簡単に連結検討書を作成することができるというわけです。

実際に車検場でもらえる、制動力などの数値を示す書類(乗用車の例)


実際に車検場でもらえる、制動力などの数値を示す書類(乗用車の例)

ですが、問題はその(書類作成に)「必要な数値」です。連結検討書に必要な数値には「車両総重量」のように、車検証を見ればすぐわかる数字ばかりではありません。

「エンジン出力」や「制動停止距離」など、車検証には載っていない数字も要求されるのです。じゃあ、どうしたら? 自動車ディーラーに問い合わせればわかるのか、というと、必ずしもそうではないのが困ったところです。実際、担当者次第でわかったり、わからなかったりするのが実情です。それだけ、まだ日本ではけん引する文化が根付いていないのです。

ではどうするか。一番簡単なのは運輸支局、つまり車検場で聞くことです。車検場には相談窓口がありますから、車検証を提示して「連結検討書を作成したいので諸元の閲覧をおねがいします」と言えば、必要な数字を教えてくれます。

一部の車検場では「950登録をしたいのですが」というだけで、連結検討の計算などをすべてやってくれる場合もあるので、相談してみましょう。

もらった数値を元に作成した連結検討書。実は連結検討書の書式は自由。必要事項がすべて入っていればよいので、これはあくまで一例


もらった数値を元に作成した連結検討書。実は連結検討書の書式は自由。必要事項がすべて入っていればよいので、これはあくまで一例

連結検討書さえできれば、あとはトレーラーまたはヘッド車の車検証を用意して車検場に行けばOKです! 950登録や後述するETCのセットアップなどは、ヒッチメンバーなどが装着されていない状態でも問題なくすることができます。

ETCのセットアップをお忘れなく!

新たに何かをけん引する場合、ETCのセットアップを忘れないようにしましょう。乗用車だけの場合とけん引している場合とでは、高速道路の料金は違います(小型なら中型に、中型なら大型に、ワンランクアップします)。けん引することになったら、ETC車載器にけん引の有無を登録しておきます。さて、ここでひとつ疑問が浮かびますよね? 従来通り、乗用車だけで走る場合と、けん引している場合と。ちゃんとETCは見分けてくれるのか?ということ。

ETCは料金所のゲートにセンサーがあり、乗用車単体かけん引しているかを判断して課金します。なので、連結けん引のセットアップを忘れたままETCゲートを通ろうとしても、車載器にはけん引の登録がないにもかかわらず、センサーはけん引を検知するという矛盾が発生して、ゲートバーは開きません。

一見複雑なように見えるトレーラーとヘッド車の関係。ですが、最初の手続きさえ確実に済ませておけば何の問題もありません。それよりも、ヘッド車を買い替えることなく、目的に応じて必要なトレーラーを使い分ける便利さに目覚めれば、趣味の世界も各段に広がります。

日本にも欧米並みに、遊びに応じてトレーラーを使い分ける人が増えていくかもしれません。

PROFILE

渡部竜生

キャンピングカージャーナリスト。サラリーマンからフリーライターに転身後、キャンピングカーに出会ってこの道へ。専門誌への執筆のほか、各地キャンピングカーショーでのセミナー講師、テレビ出演も多い。著書に『キャンピングカーって本当にいいもんだよ』(キクロス出版)がある。エンジンで輪っかが回るものなら2輪でも4輪でも大好き。飛行機マニアでもある。旅のお供は猫6匹と妻ひとり。

・Youtubeチャンネル「キャンピングカー坊主めくり」開設!
https://www.youtube.com/channel/UCZzeJtgZFLR0yJLkr052kug

まずは気軽に体験しよう キャンピングカーをレンタルする方法

一覧へ戻る

いま判断しないと消費税増税の影響は避けられない? キャンピングカーの購入事情

RECOMMENDおすすめの記事