松岡修造、広瀬アリスが応援する「みんなの健活プロジェクト」始動

【動画】松岡修造の血管年齢は49才、Jリーガー・中村憲剛選手は……?

平均寿命の延びとともに、健康意識は高まるばかり。でも健康によい運動や生活を続けることは、意外と難しい。一人で我慢したり、頑張ったりといったストイックな取り組みは、どうしても挫折しがちだ。そこで、みんなで一緒に楽しみながら、健康づくりを続けようという発想から生まれたのが、明治安田生命による取り組み「みんなの健活プロジェクト」だ。

12月14日、東京・新宿でそのキックオフイベントが開催され、健活アンバサダーとしてこのプロジェクトを応援する松岡修造さん、広瀬アリスさんらが参加した。

松岡さんは「僕は応援することが生きがいなので、人の心だけでなく健康、体の応援をできるなんて、こんなうれしいことはない。アリスさんと一緒に本気で応援させてもらいます」とアンバサダーとしての抱負を語った。

血液測定の結果に不満そうな松岡さん

血液測定の結果に不満そうな松岡さん

松岡さんが会場で血液の年齢を測定したところ、血管年齢49歳、血管点数52点との結果。実年齢より2歳若いこの結果は、一般的にはかなりいい数字だという。とはいえ「52点」という点数に、本人は不満顔。「ショックだけど、これから健康のために何をすればいいか、よい気づきになりますね」と、それでも前向きに受け止めた。

日頃からジムに通い、空き時間に筋トレをするなど、忙しいときこそ運動してリフレッシュすることを心がけているという広瀬さん。10月にはこのプロジェクトの一環として行われたウォーキングイベントにも参加した。

「みなさんにすごく喜んで頂くことができ、笑って手をふってくれる姿にこちらが元気をいただきました。一人でも多くの人に参加していただけるよう、楽しみながら頑張ります」と広瀬さんも意気込みを語った。

松岡修造さんと広瀬アリスさん

「みんなの健活プロジェクト」はJリーグ選手らとタッグを組んで推進される

「みんなの健活プロジェクト」では、明治安田生命のMYライフプランアドバイザーが対面で健康の維持、改善に向けた取り組みをサポート。アンバサダーやJリーグ選手が参加するウォーキングや気軽な健康チェックを体験できるイベントを開催する。さらに毎年の健康診断の結果に基づいて「MY健活レポート」というアドバイスも受けられるという。

明治安田生命ではこれまでJリーグのパートナーとして様々な支援を行ってきたが、この度、新たに契約を更新。キックオフイベントの前には、Jリーグタイトルパートナー契約調印式も行われた。「みんなの健活プロジェクト」は、さらにJリーグとの強い連携のもと、タッグを組んで推進される。

 
 

この日のキックオフイベントには、松岡さんや広瀬さん同様、健活アンバサダーに就任した村井満チェアマンのほか、川崎フロンターレの中村憲剛選手、松本山雅FCの橋内優也選手、FC琉球の富所悠選手らも参加した。

人前で笑うことが苦手だった髙橋ひかる 念願の『Ray』専属モデルとなって目指す自分の“更新”

トップへ戻る

カオサンはなくなっても、僕らの旅は続く

RECOMMENDおすすめの記事