口福のランチ

シンプルで美しい定食ランチ 豆腐や米の仕入れはご近所で
「なるたけ」(東京・目白)

今週の口福のランチは、目白駅から徒歩5分ほど、目白通り沿いにある和食店「なるたけ」。店の前にかかる暖簾(のれん)と木の引き戸がただならぬオーラを放っている。もともと果物屋だった古家を改装したものだという。店内は梁(はり)だけを残した開放感あふれる吹き抜けで、シンプルだが木の温もりが感じられるインテリアと、流れるジャズが居心地のいい店だ。

ランチタイムは、「刺し身」、「カンパチかま焼き」、「鶏の竜田揚げ」、「豚しゃぶポン酢」など、10種類以上の定食が全て1000円。メインの他に小鉢2品、ご飯、みそ汁が付く。迷ったあげく「刺し身定食」と「サーモンの塩焼き定食」を注文した。

運ばれてきた定食は、店内のインテリアと同様にシンプルで美しく、作り手のこだわりが伝わってくる。刺し身はタイ、カンパチ、サワラ、タコ、イカの5種類。イカはねっとり、タコはプリっと、タイも甘みがあり、鮮度のよさはすぐに分かる。

口福のランチ

鹿児島から毎日直送される魚介の刺し身は鮮度抜群

この日の小鉢は冷ややっことホウレンソウのゴマ和え。しょうゆを少しだけかけて冷ややっこを一口。豆腐もおいしいが、しょうゆもおいしい。それぞれの味わいがきちんと感じられる。
脂がのったサーモンの塩焼きも、塩加減が絶妙でご飯によく合う。

口福のランチ

サーモンは脂がのってやわらかく、甘みを感じる

油揚げだけのシンプルなみそ汁もだしが効いていい具合だ。そしておかずのどれとも好相性なのが、絶妙な硬さでつやつやのご飯だ。

料理長の岡部藤夫さんは、「素材にこだわり、そしてその味わいを引き出すことが何よりも大切だ」という。千葉や神奈川など近県から届く朝採れ野菜は鮮度抜群。オーナーの馬場祐介さんの出身地・鹿児島の契約漁師から届く魚介もイキがいい。刺し身はそれぞれの味わいに個性があり、今が旬のホウレンソウには風味豊かな手作りのゴマだれがかけられ、みそ汁には奥深いだしの味わいがある。どれもが手を抜くことなく丁寧に作られた定食なのだ。

また、この店がユニークなのは、目白の地域との交流を大切にしているところ。豆腐は近くの豆腐屋のもの。米は近所の米屋が今一番おすすめのものを、毎朝精米して届けてくれるそうだ。馬場さんは、食をツールにして地域を活性化する活動もしている。豆腐や米を地元の店から仕入れるのもうなずける。このほか「使えば使うほど森が再生されるワリバシ」と袋に書かれた、岡山県の間伐材を利用した割りばしを店で使うことにしたのも馬場さんのアイデア。心配りが随所に見られるのだ。

店名の「なるたけ」は“できる限り”を尽くすという意味。素材、調理、サービス、値段の全てにできる限りを尽くしたいという思いが感じられるお店だ。

口福のランチ

看板が一切なく、無地の暖簾(のれん)がかかっている

なるたけ
東京都新宿区下落合3-17-32
03-3565-2222

 
 

PROFILE

森野真代

ライター&エディター。徳島県出身。外資系ジュエリーブランドのPRを10年以上経験した後にフリーエディターに。雑誌やWebを中心に、旅、食、ファッションなどをテーマに執筆中。無類の食べもの好きでもあり、おいしい店を探し当てる超(?)能力に恵まれている。自分の納得した店だけを紹介すべく、「実食主義」を貫く。酒好きが高じて「唎酒師(ききさけし)」を取得したが、おいしいワインの探索にも余念がない。

新しくて懐かしい、ワンランク上の洋食
「目白 旬香亭」(東京・目白)

トップへ戻る

ぐつぐつ運ばれてくる欧風カレー
心身にやさしい「ブリボン」(東京・目白)

RECOMMENDおすすめの記事