「イサム・ノグチと長谷川三郎―変わるものと変わらざるもの」の出品作品

彫刻家のイサム・ノグチと、画家である長谷川三郎の交友、そして2人が目指した芸術の未来をたどる「イサム・ノグチと長谷川三郎―変わるものと変わらざるもの」が、横浜市にある横浜美術館で開催されています。2人は何を見て、何を考えていたのでしょう。展示されている作品のなかから紹介します。

黒毛和牛を知りつくす精肉卸のハンバーグ「ミート矢澤」(東京・五反田)

トップへ戻る

危険な臭いは消えてしまった……新旧文化が入り交じる魅惑のNYダンボ地区

RECOMMENDおすすめの記事