トヨタ・ホンダなど共催のモースポフェス、鈴鹿で開催 ギャラリーで特集

3月2、3両日、三重県の鈴鹿サーキットで「モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~」が開催された。F1やMotoGP、WEC世界耐久選手権、WRC世界ラリー選手権など、4輪も2輪も、国内の多くのカテゴリーのマシンや選手が参加してイベントを盛り上げた。

毎年行われてきた「モータースポーツファン感謝デー」は、今年からトヨタとホンダ、モビリティランドが共催する「モースポフェス」へと名称を変え、さらに内容もメーカーの垣根を越えたモータースポーツの魅力を発信するイベントに生まれ変わった。

初日2日に行われたセレモニーでは、ホンダの八郷隆弘社長がル・マン24時間レースを制したCBR1000RRに、トヨタの豊田章男社長がWRCを制したヤリスWRCに乗ってサプライズ登場し、グランドスタンドを埋めたファンから大きな歓声がわき上がった。

土日あわせて5万人が訪れ、シーズン開幕を前にモータースポーツの魅力をたっぷり体感できる2日間となった。

イベントの詳細をフォトギャラリー(記事下)で紹介する。

(写真 K.KOBAYASHI、企画・モータースポーツフォーラム)

声優・悠木碧が目指すもの「“姿”と“魂”を作れる人に」

トップへ戻る

<73>東京で探すのは至難の業 「あんかけうどん」が食べられる名店

RECOMMENDおすすめの記事