_&_

まるでダウンベスト カッコよさも可愛いさも演出できる新感覚ボディーバッグ

日常にありふれた“モノ”や“コト”の掛け合わせで生まれる新しい価値観を、ファッションアイテムと共に提案する連載「__」(アンド)。セレクターはスタイリストの山口壮大さんです。

今回のテーマは「ベスト&バッグ」。ダウンベストの姿をしたボディーバッグを紹介します。

利用シーンやコーディネート次第でがらりとイメージが変わるダウンアイテムは、ファッションのテイストやジェンダーに縛られない汎用性の高さを備えています。その特徴を生かして、メンズライクなカッコよさとウィメンズライクな可愛いさを表現しました。

もこもこしている、愛らしさに見るダウンの魅力

ダウンベストバッグに花束を入れて持ち運ぶモデル

ダウンベストに見立てたボディーバッグ「ダウンベストバッグ」。ふっくらとした中綿を高機能のポリエステル素材で表裏からサンドイッチして作られるダウン素材は、温かく、風を通さず、水にも強い、とても優れた機能を備えています。でも、魅力はそこにとどまりません。

僕は声を大にして言いたい。もこもこしている素朴な愛らしさこそ、たくさんの人が身に付けてみたいと思う、大きな魅力なのではないでしょうか(!)。

緊張感の漂うテキスタイルと、左右を横断するステッチが生み出すギャザーの愛嬌。そのコントラストが、フォーマルスタイルにもカジュアルスタイルにも合わせやすい、ダウンアイテムの汎用性の高さを物語っていると思います。

フォルムの愛らしさに引かれてダウンジャケットやダウンコートをぎゅっと抱きしめたい――。そんな衝動に駆られても、人目をはばかってなかなか行動には移せませんが、ダウンベストバッグであれば大丈夫。思う存分抱えることができます。

ダウンベストがそのままバッグの形状に。持ち手となるのは”腕まわり”

ダウンベストがそのままバッグの形状に。持ち手となるのは”腕まわり”

気兼ねなくまとえる、たくましさ

メンズライクなファッションにダウンベストバッグをコーディネート

いくら親しみやすいデザインでも、気兼ねなく使えて、たくましく応えてくれる存在でなければ、共に日々を生き抜く、大切な相棒にはなれません。

しかし、ダウンベストバッグにはそんな心配もご無用です。アウトドア向けのダウンベスト同様の縫製で、がさっとまとって、くしゃくしゃに扱っても容易に壊れることはありません。

ハンガーに一晩掛けておけば、もとどおり。何事もなかったかのように奇麗な外見へと戻ります。

トートバッグのように“腕まわり”に袖を通せば、ダウンベストを肩掛けにした印象に

トートバッグのように“腕まわり”に袖を通せば、ダウンベストを肩掛けにした印象に

様々なコーディネートが楽しめるデザイン性

 

まるでダウンベスト カッコよさも可愛いさも演出できる新感覚ボディーバッグ

もうお気づきかもしれませんが、ダウンベストバッグのデザインは、要するにシンプルなダウンベストの片身頃です。

ボディーバッグのデザインとしては型破りですが、コーディネートはとても簡単。カジュアルなスタイルにも自然に合わせられます。

ダウンベストは真夏を除けば数カ月着回せる優れ物ですが、ダウンベストバッグは真冬には(鞄としてはもちろん)小脇を暖めるインナーダウンとして、真夏には丈夫で汚れに強いボディーバッグとして活用できます。

タートルネックで大人らしいコーディネートを目指すもよし。パーカーを合わせてカジュアルに着こなすもよし。様々なコーディネートのアクセントとしても楽しめます。

ダウンベストの左見頃同様のデザイン。ボトムやサイドには敢えてマチを設けず、スタイリッシュな印象に

ダウンベストの左見頃同様のデザイン。ボトムやサイドには敢えてマチを設けず、スタイリッシュな印象に

内容物を出し入れする際は、取っ手部分(ダウンベストでは腕まわりの脇下部分)のスナップボタンを留め外し出来る他、向かって左側面(ダウンベストではフロント部分)のジップが開閉可能

内容物を出し入れする際は、取っ手部分(ダウンベストでは腕まわりの脇下部分)のスナップボタンを留め外しができるほか、向かって左側面(ダウンベストではフロント部分)のジップが開閉可能

財布や携帯電話はもちろん、A4サイズのファイルがすっぽり収まる使い勝手の良いサイズ感

財布や携帯電話はもちろん、A4サイズのファイルがすっぽり収まる使い勝手の良いサイズ感

身体にフィットするボディーバッグをダウンベストに見立てた、新感覚の掛け合わせ。

気軽にまとえて、かわいく持ち運べるダウンベストバッグを、楽しくコーディネートに取り入れてみてはいかがでしょうか。

(撮影・上西由華、スタイリング・山口壮大、ヘアメイク・豊田陽介、モデル・若杉凩)

アイテム情報

トップ画像
¥38,000(CLEANA/スカートパンツ)

3枚目
¥26,000(chloma/リフレクトサークルスカート)

ダウンベストバッグ
¥28,000(HIDAKA/ダウンベストバッグ)
※価格は全て税抜き

問い合わせ:ハウス@ミキリハッシン 03-3486-7673

モデル

若杉凩(わかすぎ・こがらし)
1998年、愛知県生まれ。俳優・モデル。主な出演作に、映画『アイスと雨音』(監督:松居大悟 /2018年)、 『デッドエンドの思い出』(監督:チェ・ヒョンヨン/ 2019年)、 『 スウィート・ビター・キャンディ 』(監督: 中村祐太郎 / 2019年) 、宇多田ヒカル「初恋」やリーガルリリー「僕のリリー」MVなど多数。また、ミスiD2017「キャッチコピー賞」の受賞や、 スウェーデンのオンラインマガジン「The Forumist」にてファッションモデル、絵描きや文筆業など、活動の場は多岐にわたる。

PROFILE

山口壮大

1982年生まれ。文化服装学院卒業 (第22期学院長賞受賞)。2006年よりスタイリスト、ファッションディレクターとして活動開始。様々なファッション媒体でのスタイリングを経て、大手百貨店などのショップディレクション及び、商品企画を務める。既存の概念に捉われない、新感覚のファッションを提案している。

タオルをかぶって、帽子で拭く? 日用品のような使い心地の「Towelキャップ」

トップへ戻る

RECOMMENDおすすめの記事