小川フミオのモーターカー

機能主義が生み出した“グッドデザイン”な1台 いすゞ・ビッグホーン

グッドデザインは回帰する。私はそう思っている。例えばここで紹介するいすゞの「ビッグホーン」だ。1981年発売のかなり昔のモデルだが、いま改めて見ると魅力的なデザインではないか。

(TOPの画像は、ロデオの名前がついていたころの初期モデル)

開発の背景には、1970年代から80年代にかけて日本で起きたRVブームがある。トヨタ、日産、三菱を中心に、各社がRVを市場に投入して、いずれも売れ行きが好調だったことから、もともと4WDトラックの分野で強かったいすゞが企画したのがこのビッグホーンだ。

機能主義が生み出した“グッドデザイン”な1台 いすゞ・ビッグホーン

全長4470mm、全高1820mmの車体に2.8リッターディーゼルエンジン搭載の「イルムシャーSロング」仕様。90年発売

当初はベースになったトラックの名前をつけて「ロデオ・ビッグホーン」としていた。車型はバンで、ホイールベースによってショートとロング、それにルーフはメタルと幌を使ったソフトトップというのが初期のバリエーションだ。

RVとして発売されたものの、ロデオ・ビッグホーンは商用車の4ナンバー登録だった。さすがにこれでは市場が限られると、いすゞは84年に乗用車としての快適性を追求し、かつ5ナンバーにした「ワゴン」をバリエーションに加えた。このとき車名も「ビッグホーン」に改めた。

いすゞ・ビッグホーン

機能主義でかっこよいロデオビッグホーン時代のダッシュボード

ただし、待望された4ドアタイプが追加されたのは翌85年のことだ。非力で評判が悪かったディーゼルエンジンのターボ化を先に行ってからの対応である。この頃、国内の競合他社はどんどん新車を開発していたことと比較すると、いすゞは開発をかなり緊縮する方針だったと言えるだろう。

乗用車としてのビッグホーンには、跳ねる乗り心地や、鈍いステアリングレスポンスに違和感があったことは事実だ。ただクロスカントリー4WD車としての実直なつくりには信頼が置けて、海外ではそれなりに評価されていたと聞いた。

広い室内や大きな荷室は、当時は趣味を持つひとや、私の周囲だとフォトグラファーのようにたくさんの機材を運ぶひとにユーザーが多かったようだ。さきに触れたように、スタイリングも機能主義的なカッコよさがあった。

いすゞ・ビッグホーン

PVCとクロースのコンビネーションによるロデオビッグホーンのシート

いすゞ・ビッグホーン

1989年に登場した「スペシャルエディション・バイ・ロータス」のダッシュボード

いすゞは、持てるリソースを次々とこのクルマに注ぎ込んだ。スポーツカーのようなステアリングホイールや、やはりスポーツカーで人気だったレカロ社製バケットシートも装備されたのだ。

さらに、従来からの乗用車における提携関係を利用してドイツのチューナーとの「イルムシャー」バージョン(幅広の「イルムシャーR」は3ナンバーになった)や、「スペシャルエディション・バイ・ロータス」が送り出された。

スタイリングだけで判断するなら、個人的には初期のビッグホーンはとりわけ好感がもてる。フロントマスクが初期のレンジローバーを思わせる点も魅力的だ。ビッグホーンを見ていると、機能主義はデザインにおける普遍的なルールなのだとわかる。

いすゞ・ビッグホーン

イルムシャー仕様はレカロ社製シートを備えていた。ただ、なんだか違和感がある

(写真提供=いすゞ自動車)

PROFILE

小川フミオ

クルマ雑誌の編集長を経て、フリーランスとして活躍中。新車の試乗記をはじめ、クルマの世界をいろいろな角度から取り上げた記事を、専門誌、一般誌、そしてウェブに寄稿中。趣味としては、どちらかというとクラシックなクルマが好み。1年に1台買い替えても、生きている間に好きなクルマすべてに乗れない……のが悩み(笑)。

驚異的な速さと快適な乗り心地
高性能セダンの原点メルセデス・ベンツ300SEL 6.3

トップへ戻る

コンパクトSUVの流行を確信させる確かな質感 VW・T-CROSS試乗記

RECOMMENDおすすめの記事

Recommended by Outbrain