室内にいながらのお花見体験。インドア花見ができる期間限定カフェがオープンPR

暖かい陽気が進む春は、桜のお花見シーズンだ。現代の忙しいビジネスパーソンにも気軽に「お花見」を体験してもらい、気分を切り替えてもらうためのカフェ「RAIZIN SAKURA CAFE」が期間限定で西新橋に登場した。店内のいたるところに桜の装飾を施し、室内にいながらお花見を楽しむことができる。

室内にいながらのお花見体験。インドア花見ができる期間限定カフェがオープン

店内の様子

期間中は桜を存分に楽しめる「SAKURAづくしランチ」として500円のランチメニューが登場。青森県産のブランド鶏「桜姫鳥」を使ったから揚げと、ビーツを使用して桜のピンクを表現したタルタルソースがかかったサーモンフライがセットになっている。桜エビも添えられており、「桜」を存分に楽しめるランチだ。

SAKURA づくしランチ

SAKURA づくしランチ

ランチタイムには「SAKURA小鉢」が3種類登場。くじで当たった1種類の「SAKURA小鉢」がプレゼントされる。サワラと菜の花の南蛮漬け桜花漬添え、タケノコとフキの土佐煮花漬添えなど春の食材を楽しめる小鉢となっている。

SAKURA 小鉢

SAKURA 小鉢

カフェはワークライフバランスを意識するビジネスパーソンに向けた新炭酸飲料RAIZIN(ライジン)シリーズの、季節限定フレーバー「RAIZIN SAKURA」の発売を記念してのもの。「RAIZIN SAKURA」は、サクラらしい香りと甘みがあり、すっきりとした後口が特徴。色も桜色で見た目にもかわいい。心機一転、新生活を迎えるこの時期にぴったりのドリンクだ。

夜は「RAIZIN SAKURA」を使用したオリジナルカクテルが100円で提供される。梅のリキュールを使用し、ローズマリーの爽やかな香りと甘さが特徴のSAKURA SPRING BREEZとベリーとミントの香りを楽しめるSAKURA SPRING BREEZノンアルコールの2種類だ。

室内にいながらのお花見体験。インドア花見ができる期間限定カフェがオープン

SAKURA SPRING BREEZ

 

RAIZINは世界的デザイナー 「佐藤オオキ」氏率いるデザインオフィスnendoと 共同開発された。公式グラスである「RAIZIN GLASS」は、複数の多角形を組み合わせてできた形状をしており、「菅原ガラス」の職人が手仕事によって一点ずつ作るこだわりようだ。「こだわりを持っているオトナが、日常の中でカラダとキブンを切り替えたい時に寄り添うスイッチのような役割をする新炭酸飲料」というRAIZINのブランドエッセンスが詰めこまれたカフェで、インドア花見を楽しんでみてはどうだろう。※価格は全て税込み

室内にいながらのお花見体験。インドア花見ができる期間限定カフェがオープン

「RAIZIN SAKURA CAFE」

日時:3月26日(火)~28日(木)
会場:TREX TORANOMON CAFE(東京都港区西新橋2-17-4)
大正製薬 RAIZINのブランドサイトはこちら:https://brand.taisho.co.jp/raizin/

忙しい毎日を送るビジネスパーソンに黄色信号。高血圧になる前に

トップへ戻る

西武、ソフトバンク以上に飛躍が期待できる球団とは? 仁志敏久さんのパ・リーグ展望

RECOMMENDおすすめの記事