<FOCUS>DAZN解説者の視点

西武、ソフトバンク以上に飛躍が期待できる球団とは? 仁志敏久さんのパ・リーグ展望

スポーツ・チャンネル『DAZN(ダゾーン)』のプロ野球中継で解説者を務める仁志敏久さんに、今季のみどころを聞くインタビュー。後編はパ・リーグの展望から、主力選手にかかるプレッシャーまで幅広く語っていただきました。

戦力ダウン 西武は厳しいシーズンに!?

――続いてパ・リーグについてお聞きします。昨季は西武が圧倒的な打力でリーグ制覇を果たしましたが、優勝の立役者である浅村選手が楽天に、菊池投手がMLBに移籍しました。

仁志 まず(菊池)雄星がいなくなった影響は大きいですよね。高橋(光成)や今井ら若手の良いピッチャーはいますけど、毎年のように中心的な投手が抜けていっている。投手力の立て直しが必要な状況で、その穴を埋めるのは簡単ではありません。

となると昨季同様打線に期待したくなりますが、浅村が抜ける影響も計り知れない。正直、西武は昨季と同じようにはいかないと思います。

一方、クライマックスシリーズと日本シリーズを制覇したソフトバンクは、相変わらず総合力が高い。特別な補強はしていませんが、もともと人は揃(そろ)っていますからね。キャンプでは松田(宣浩)が目立っていましたし、オープン戦では内川の仕上がりも良かった。二人とも年齢的な衰えを感じさせません。

――その2チーム以外で今季飛躍しそうなチームはありますか?

仁志 今年は日本ハムが強いのではないかと思います。開幕から起用されると思っていた清宮のけがは残念ですが、他にも期待の若手がいます。特に柿木は即戦力になりそうですね。

金足農業出身の吉田(輝星)も、それなりに投げられると思います。とはいえ高校時代の疲れが蓄積しているでしょうし、チームとしては1年目からガンガン使っていくのではなく、プロのレベルを見せながらゆっくり育てていくのではないかな。先発か中継ぎか……どちらかといえば先発寄りの感じはしますけど、どのポジションに収まるか楽しみですね。

――日本ハムの投手事情で言えば、栗山監督が「オープナー制(*)」の導入に意欲的であることが報じられました。

*試合の序盤(1、2回)をリリーフ投手が担当し、以降のイニングは先発投手が引き継ぐ戦術。昨季からMLBの一部球団が実践

仁志 全試合ではなく、部分的に取り入れるということでしょうね。データに基づく試みなので効率的なシステムなのかもしれませんが、実際どうなんでしょうね。去年のMLBを見る限り、もともと登板過多になりやすい中継ぎ以降のピッチャーに余計負担がかかってしまう気もしていて……うまく機能するかどうかは、やってみてというところでしょうね。

仁志敏久さん

ロッテ投手陣 吉井コーチで一変も!?

――では残り3球団についても聞かせてください。

仁志 楽天は浅村の加入で打線は徐々に変わっていくと思います。昨季活躍した田中(和基)にも期待が持てます。ただ、則本の離脱はかなり痛い。確実に10勝はしてくれるピッチャーがいなくなると、チーム事情は相当苦しくなります。

オリックスは若手を伸ばすことに注力する時期だと思います。吉田(正尚)が1年間頑張ってくれるようなら、それがチームの希望になるのではないでしょうか。

最後にロッテ。大阪桐蔭から藤原が入ってきたのは好材料。彼もスター性があって、勝ち負け関係なく見てみたい選手です。チーム全体で見ると、打線はそれほど元気がなくて、中村(奨吾)のさらなる成長や、外国人の活躍次第というところはあると思います。

一方、投手陣の雰囲気には大きな変化があるかもしれません。というのは、今年から一軍の投手コーチに吉井理人さんが就任したからです。吉井さんはコーチング理論を研究し、その本質を理解した上で、コーチを務めてきた人。吉井さんの加入でロッテの投手陣がどう変わるのか注目しています。

――コーチの存在ひとつでチームの成績が変わることもあるのでしょうか?

仁志 そうですね。コーチングというのは投手の精神を安定させたり、本来の実力を引き出したりするアプローチであって、選手に何か特別な技術を授けるものではありません。時にプロのOBは自分の感覚を指導の枠組みに当てはめてしまうこともありますが、選手の感覚も千差万別なので、コーチの感覚がそのままぴったり合うということはほとんどありません。つまり技術や野球論の押し付けは不要で、選手の能力を引き出すことが重要になる。吉井さんはそれをソフトバンク、日本ハムで実践してきた人。彼の加入でロッテの投手陣が変わっても不思議ではありません。

主力選手のしんどさは成績を“計算”されるところ

――セ・パ両リーグの話をうかがう中で、ルーキーの名前がたくさん挙がりました。チーム事情に応じて使われ方も違ってくると思いますが、ルーキーの将来性という観点では、選手層の厚いチームと即戦力になれそうなチーム、どちらが良い環境と言えるのでしょうか?

仁志 個人的には、選手層が厚いチームにいるほうがプレーヤーとして強くなると思います。周りに強い選手がいると、その人たちを追い抜かないと出られない。その壁が高いほど、実力も伸びていくと思います。

仁志敏久さん

選手層が薄いチームであれば出場機会は増えますし、即戦力として結果を残すこともあります。その意味で早くからレギュラーに近づけるというメリットはありますが、例えば投手であれば、得点力が低いチームで中心選手として投げ続けるのはかなり苦しいですし、潰れかねません。

また若手選手の場合、プレッシャーの少なさからのびのびとプレーして好成績を残した後、次のシーズンで前年と同じだけの活躍を期待され、それがプレッシャーになって潰れてしまうこともあります。そうなるよりは、着実に力を付けていったほうがいいと思います。

――若手、ベテラン問わず、期待されていた選手が思ったような成績を残せないのは、プレッシャーによる影響が大きいのでしょうか?

仁志 いろいろなケースがあって、例えば技術面で何かしらの壁にぶつかっていたり、他球団から攻め方を研究されていたりして思うように成績を残せないこともありますし、もう一歩高いレベルを目指して新たに始めたことが自分に合わなくて成績が後退することもあります。

仁志敏久さん

ただ、プレッシャーによって本来の実力が発揮できないケースも少なくありません。特にチーム内である程度の成績を“計算”されている選手が感じるプレッシャーは想像以上に大きい。

丸だって、昨季と同レベルの成績を残すことを期待されていますが、他球団からの対策は一層きつくなる。東京ドームは打球が伸びやすいと言われているから、どのチームも丸との対戦は逃げて逃げてという攻め方になるでしょう。そのなかで去年レベルの好成績を残さなければならないという立場は相当きついですよ。もしも丸が本来の力を出せなければ、チームが構想する打順が組めなくなるわけですから、巨人が断然という状況にはならないでしょうね。

「特別なスポーツ」から他の競技と横並びになった野球

――最後にプロ野球全体を取り巻く状況についてもお聞きします。2001年までは巨人戦がほぼ全試合地上波で放映されるなど、テレビで野球を見るのは身近なことでした。それが徐々に減り、現在ではDAZNをはじめ動画配信サービスを通じた視聴が広がっています。観戦ツールの変化に伴い、プロ野球のファン層も変わってきているように感じますか?

仁志 変わったと思います。かつては地上波放送の影響で、野球にそれほど強い関心がない人でも、選手の名前や顔をある程度知っていましたが、今は「見たい人が見る」という感じになりましたよね。野球人気が落ちたと言われることもありますが、好きな人と関心のない人の差がわかりやすくなったというか、人気が局所的になったと感じます。プロ野球の観客動員数自体は好調ですが、それも様々な層が詰めかけているというよりは、リピーターが多くて、本当に好きな人が繰り返し見に行っているのだと思います。

仁志敏久さん

――プロ野球ファンがかつてのサッカーファンのような位置づけになった。

仁志 誰もが日常的に見る特別なスポーツから、時代の流れと共に他の競技と同じ位置に収まったということでしょうね。といっても、まだまだ国民的なスポーツであることには変わりはなく、衰退することは当分ないと思います。

昔はテレビでも球場でも、見られるものは変わらなかった。ただ単に野球をやっていただけでしたから。でも今は球場が奇麗になったり、フィールドシート(*)ができたり、さらにはエンターテインメントとしても進化していて、イニング間のイベントはそれを目当てで球場に足を運ぶ人がいるほど充実しています。球場で観戦している人はその魅力を知っているし、だからこそリピートもする。そういう充実したサービスを既存ファン層以外にどう知ってもらうか。それが今のプロ野球界の課題でしょうね。

*グラウンドの最前線までせり出し、プレーを目の前で見渡すことができる座席

(聞き手・文/&M編集部 下元陽 撮影/稲垣純也、文中敬称略)

仁志敏久さん

■プロフィール
仁志敏久(にし・としひさ)
野球指導者、解説者。1971年生まれ。巨人と横浜で二塁手として活躍。引退後は指導者として、2014年からU-12日本代表の監督を務める。

■「DAZN」について
「DAZN(ダゾーン)」は、スポーツファンが好きなスポーツを、いつでもどこでもお楽しみいただける、スポーツ・チャンネルです。明治安田生命Jリーグやプロ野球をはじめとする国内コンテンツに加え、アメリカのメジャーリーグや、UEFAチャンピオンズリーグ、プレミアリーグ、ラ・リーガ サンタンデール、セリエA TIMなど欧州サッカーも放映しています。さらにF1™、テニス、バスケットボール、格闘技など、130以上のコンテンツ、年間10,000試合以上を提供し、「スポーツの新しい本拠地」として世界最高峰のあらゆるスポーツの興奮をお届けします。月額1,750円でライブ中継のみならず、見逃し配信やハイライト、特集番組などのコンテンツも見放題。テレビ、スマートフォン、PC、タブレット端末、ゲーム機などマルチデバイス対応しており、いつでもどこでも、ワンプライス・ワンプラットフォームでスポーツ観戦をお楽しみいただけます。日本、ドイツ、オーストリア、スイス、カナダ、イタリア、アメリカ、スペインの世界8カ国で展開しており、 世界的スポーツメディアグループDAZNが提供しています。

DAZN:https://watch.dazn.com/ja-JP/watch-dazn/

西武、ソフトバンク以上に飛躍が期待できる球団とは? 仁志敏久さんのパ・リーグ展望

仁志敏久さんに聞くプロ野球今シーズン セ・リーグ編
やはり巨人が中心? 広島はどうなる?

トップへ戻る

メルセデスとフェラーリの伝統の対決に、レッドブル・ホンダは割って入れるか 小倉茂徳さんのF1の見どころ解説

RECOMMENDおすすめの記事