今日からランナー

「パークラン」が日本でも開催! 5km走る(歩く)だけのイベントがなぜ人気?

「パークラン」というのをご存じだろうか。英国発祥の運動イベントで、毎週土曜日の朝、老若男女が公園に集まり、決まった時間にスタートして、ウォーキング、ジョギング、ランニングとおのおのの好きなスタイルで5kmを踏破するというものだ。レースに出ているようなランナーにとっては、たったの5kmをわざわざみんなで集まって走るか? と思うかもしれないが、英連邦を中心にアメリカなど世界20カ国、1700カ所以上の公園で開催されるほどの広がりを見せている。

創始者のポール・シントン=ヒューイットさんが、2004年にロンドン郊外の公園で親しい友だち十数人を集めて走ったのが始まりだ。健康増進と地域コミュニティーの絆を深めることが目的だった。活動を続けるうちに“友だちの輪”がどんどん広がり、英国内だけでも約200カ所の公園で行われるようになっている。ちなみにポールさんは、この草の根スポーツ活動が評価されて大英帝国三等勲爵士(CBE)の勲章を授与されている。

オレンジ色のTシャツを着ているのが創始者のポールさん。「桜が満開の日に日本でパークランが開催できて、最高の気分です」と語っていた

オレンジ色のTシャツを着ているのが創始者のポールさん。「桜が満開の日に日本でパークランが開催できて、最高の気分です」と語っていた

現在、パークランの運営主体となっているのはロンドンにある非営利団体「パークラン・グローバル」だ。この団体の傘下に各国の運営団体が設立され、それぞれの国でのイベントが催される。日本では住友生命保険相互会社がパークラン・グローバルとパートナーシップ契約を結び、今年3月に住友生命のサポートで一般社団法人「パークラン・ジャパン」が設立された。4月6日(土)には東京・世田谷区の二子玉川公園近くの河川敷で記念すべき第1回のイベントも行われた。日本は21カ国目の開催国になる。

なんで住友生命なのかを一応説明しておくと、同社が発売している健康増進型保険「Vitality」と関係している。この保険は日ごろから健康増進に取り組んでいる人、早い話が日常的にランニングをしているような人は保険料が安くなる、ランナー向け保険といえる。もともとパークランが盛んな南アフリカで生まれた商品だったということもあって、住友生命ではこの保険のプロモーションの一環として支援を買って出たというわけだ。

「パークラン」の日本初開催 参加者数は新記録!

注目すべき初日に集まった参加者は、完走(完歩)した人だけで343人いた。過去、新規開催の初日の最多完走者は159人だった。主催者側は160人を超えれば新記録だと言っていたが、大幅な記録更新である!  しかも、集まった人たちは一見して国際色豊かなことがわかる。本場のイギリスのほか、南アフリカ、ニュージーランドなどからの参加や、本国でパークランを体験したことのある都内在住の外国人も日本でのローンチ情報を聞きつけ、やって来た。海外赴任中にパークランを体験し、日本での開催を待ち望んでいたという人もいる。

人気の秘密は大人から子どもまで、年齢、性別を問わず誰でも気軽に、しかも無料で参加できることだ。愛犬を連れて走る人、ベビーカーを押しながら走る人、親子連れや老夫婦など、いろいろな人たちが一緒に走る(歩く)。Webサイトで一度会員登録すれば、世界中の好きな開催地域(公園)で好きな週末に参加できる。事前のエントリーや連絡はいっさいいらない。

会員登録した人には個別にバーコード(parkrun ID)が付与されるので、それを持って集まるだけでいい。各自のバーコードによって、アバウトなタイムと順位、それに参加回数が記録される。子どもの頃、夏休みのラジオ体操で出席スタンプを集めたのと似た感覚で、記録がたまることがモチベーションにつながる仕組みだ。南アフリカに赴任中にパークランと出会い、この日、参加60回目となった飯島盛二さんは「南ア駐在中に、健康にいいからと勧められて始めました。参加した回数が記録として残っていくのが楽しいですね」と語っていた。当日、背中に「250」とプリントされたTシャツを着ている人が何人かいた。これは、参加250回を超えている人たちだ。

ベビーカーを押しながら参加する女性も

ベビーカーを押しながら参加する女性も

ゴールするとボランティアがparkrun IDをスキャンして記録をとる

ゴールするとボランティアがparkrun IDをスキャンして記録をとる

地元在住で世田谷ワーキングマザーの会相談役の内山茜さんは、2人の子どもを連れて参加した。

「こうして1回連れてくれば、次回からは子どもたちだけでも参加できると思って……。いちいち申し込みをしなくても、思い立ったら参加できるのがいいですね」(内山さん)

参加費が無料なのは企業のスポンサーがあることと、運営自体が無償のボランティアに支えられているからだ。この日も30人以上のボランティアが集まった。コースディレクターを務めたロブ・ミラードさんは南アフリカ出身で二子玉川の近くに住んでいる。ロブさんの呼びかけでボランティアになった人も少なくない。

「本国にいるときは毎週、家族とパークランに参加していました。日本ではまだ行われていなかったので、なんとかしたいと思っていました。これはチームイベントなので、いろいろな人たちが力を合わせなければ成功しない。今回、それがうまくいきましたが、来週、再来週と続けていくことが大切です」(ロブさん)

アメリカ留学時代にパークランUSAのボランティアを経験し、今回もボランティアの中心的役割を担った萩原巌さんもこう話す。

「このイベントは参加者とボランティア、地域とスポンサー企業のすべての協力がなければ成り立ちません。こんなふうに日本で実現できるとは、あり得ないくらいうれしいです!」

登録メンバーはこれまでに全世界で350万人にのぼるという。日本では、今後3年で100カ所以上の開催を目指すという。パークラン・グローバルのアジア太平洋地区責任者のルネ・ギンバさん(オーストラリア)は、半分秘密だと言いながら、新座(埼玉)、柏の葉(千葉)、札幌(北海道)、香川、大阪などが候補地にあがっていると教えてくれた。

自分の地元で開催したいという人も大歓迎だという。むしろ、本部主導ではなく、自発的に開催地(公園)が増えていくのが理想だそうだ。

二子玉川でも、今後、毎週土曜日の朝8時スタートで続けられる。興味のある人はぜひ、参加してみるといいだろう。

(トップ写真:parkrun Japan提供、その他の写真:筆者撮影)

PROFILE

山口一臣

1961年東京生まれ。ゴルフダイジェスト社を経て89年に朝日新聞社入社。週刊誌歴3誌27年。2005年11月から11年3月まで『週刊朝日』編集長。この間、テレビやラジオのコメンテーターなども務める。16年11月30日に朝日新聞社を退社。株式会社POWER NEWSを設立し、代表取締役。2010年のJALホノルルマラソン以来、フルマラソン20回完走! 自己ベストは3時間41分19秒(ネット)。

NIKE新シューズは「裸足感覚」 歩き回るだけで筋力向上!?

トップへ戻る

アキレス「瞬足」の生みの親が作った大人用ランニングシューズ 驚異の衝撃吸収力と耐久性

RECOMMENDおすすめの記事