ライゾマティクスのインスタレーションや若手の斬新なデザイン提案 レクサスのミラノ・デザインウィーク展示レポート

イタリア・ミラノ市が総力をあげて、と表現したくなるほど力を入れて開催されるデザインの祭典「ミラノ・デザインウィーク2019」が4月8日から、14日まで開催されている。

(TOP写真はライゾマティクスによる光と人のインスタレーション=Lexus International提供)

現地取材の眼目のひとつはレクサスの展示だ。毎年、ユニークな発想と大がかりな仕掛けで話題を呼んでいる。2019年もミラノ・トルトーナ地区に設けられた会場には、初日のオープン時間の午前10時前から、入場を待つ人で長い列が出来ていた。

レクサスの展示は、大きく二つに分かれる。若手デザイナーの育成を目的とした「レクサス・デザインアワード」と、エッジの効いたクリエイターと組んだインスタレーションだ。

今年の「レクサス・デザインアワード」で展示されたのは6作品。世界65カ国から応募のあった1548点から選ばれた、いわばファイナリストたちの作品だ。

若々しい発想の作品を、世界的に活躍する建築家の重松象平さんやハイメ・アジョンさんら4人のメンター(助言者)がサポートして、実際に通用するデザインにまで仕上げていくのが、このアワードの特徴でもある。

ライゾマティクスのインスタレーションや若手の斬新なデザイン提案 レクサスのミラノ・デザインウィーク展示レポート

澤良宏プレジデント(左端)とともに、レクサス・デザインアワードのファイナリストとメンターと審査員【 ほかの写真は記事下のギャラリーからご覧いただけます 】

「僕がファイナリストたちに言ったのは、シリコンバレーの連中のように10年という短いスパンでものを考えないでほしい、ということでした。建築やデザインはもっと長いスパンで完成させていくものだからです」

建築事務所OMA(Office for Metropolitan Architecture)のニューヨーク事務所代表として活躍する重松さんは、授賞式の会場でそう語ってくれた。

6作品の中から、4月8日にミラノ市内で行われた授賞式でグランプリに選ばれたのは、米国のインダストリアルデザイナー、リサ・マークスさんが手がけた「アルゴリズミック・レース」だった。名称は難しいけれど、乳がんサバイバーのための、つけ心地のいいブラジャーという人に優しい提案だ。ユニークな点は、3Dモデリングを使って個人の身体にぴったり合った形状を形成しつつ、実際には手作業によるレース編みの技術と組み合わせて製品化するところにある。

「手作業は世界でまだ死に絶えていない技術です。米国にも残っています。それを新しい技術と組み合わせると、私たちにとって理想的な製品が出来ると考えました」(リサ・マークスさん)

アワード審査員は、マークスさんの作品について「テクノロジーを創造的に活用し、未来とイノベーションを予見させながらも人に寄り添う人間中心的なプロダクトである」と評価した。

ライゾマティクスのインスタレーションや若手の斬新なデザイン提案 レクサスのミラノ・デザインウィーク展示レポート

グランプリに選ばれたリサ・マークスさんの作品「アルゴリズミック・レース」のアルゴリズムは作業効率を上げる手順を意味していて、繊維産業では19世紀から注目されていた考えだそう

ライゾマティクスのインスタレーションや若手の斬新なデザイン提案 レクサスのミラノ・デザインウィーク展示レポート

欧州ではいまも残るレースの技術で3Dモデリングしたブラジャーを作るのがマークスさんの提案

レクサス・インターナショナルの澤良宏プレジデントは、今回のアワードの結果について、「2019年はレクサスの持つ技術と展示がことのほかシームレスに(つなぎ目なく)つながったと自負しています」と語ってくれた。

「ただし、今回ほどグランプリを選ぶのが難しかったことはありません」とも澤プレジデントは話した。作品はどれも、社会性を持ち、審美性が高く、デザイナーの思いがこめられたものだったからだろう。自然の素材を使って自分たちの手で作れ、なおかつ台風や津波に強い竹の家というフィリピンからの提案もあった。航空機が離陸時に巻き起こす風力で発電するシステムというロシアからの出品のアイデアも面白い。どれも、これらが実現したらいいと思わせる骨太のデザイン提案ばかりで、人間中心というコンセプトが貫かれているところが印象的だった。

もう一つの目玉であるインスタレーションも同じ会場で展示されていた。ライゾマティクスをコラボレーション・クリエイターに起用した作品は、題して「LEADING WITH LIGHT(リーディング・ウィズ・ライト)」。ダンサーが真っ暗な空間に登場して踊りはじめると、激しい動きを白いLEDライトが追いかける、ひとと光のパフォーマンスだ。さらにコンピューターで動きを制御された6枚の巨大なパネルがダンサーの動きとからむ。

「ブレードスキャンというレクサスが採用予定のハイビーム可変ヘッドランプとイメージ的につながるコラボレーションが出来ないかという前提で考えました。それを、光を使い、ひとのパフォーマンスと絡めることが狙いでした」。ライゾマティクス取締役でメディアアーティストの真鍋大度さんは、会場でそう語った。

実際に、光とダンサーの動きがみごとにシンクロしていて、ハイテクと踊りという、二つの要素が美しく調和していた。

(文/写真=小川フミオ)

PROFILE

小川フミオ

クルマ雑誌の編集長を経て、フリーランスとして活躍中。新車の試乗記をはじめ、クルマの世界をいろいろな角度から取り上げた記事を、専門誌、一般誌、そしてウェブに寄稿中。趣味としては、どちらかというとクラシックなクルマが好み。1年に1台買い替えても、生きている間に好きなクルマすべてに乗れない……のが悩み(笑)。

晴れた日に、散策しながら散り始めた桜を撮る

トップへ戻る

ミラノ・デザインウィーク 人気を集めた展示をフォトレポート

RECOMMENDおすすめの記事