小川フミオのモーターカー

クルマ好きが胸を高鳴らせた幻のコンセプトカー いすゞ・ベレット1600MX

東名高速が開通した1969年は、日本の自動車史にとっても一つのターニングポイントだった。自動車の人気が高まり、同年の東京モーターショーにも、各自動車メーカーが魅力的なモデルを出展している。その代表例が、いすゞ自動車の「いすゞ・ベレット1600MX」である。

(TOP画像:1970年のベレット1600MXはいすゞの社内デザインによるFRPボディを持ち固定式のヘッドライトが個性的だ)

ベレット1600MXは、エンジンを後車軸の前に載せたミドシップスポーツカーである。69年にコンセプトモデルが発表されて大きな話題となり、さらに洗練されて翌70年のショーにも登場した。

1968年の東京モーターショーは、レーシングカーの展示はあったものの、ほぼ量産車が会場を埋めていた。それが69年になると雰囲気がいっきに変わった。トヨタ自動車は「EX-I」と「EX-III」というスポーティーモデルに加え、多目的コミューター「EX-II」を発表。日産自動車はGTのコンセプトモデル(「スタイリング実験車」と呼ばれていた)をお披露目した。スズキはスポーツカー「フロンテRP」と「フロンテ」のレーシングモデル、それにデューンバギーの「パンチバギー」といった具合である。

それらの中でもひときわスポットライトを浴びていたのが、いすゞなのだ。ベレット1600MXはイタリアのカロッツェリア・ギアがボディーのデザインと製作を担当したウェッジシェイプ(くさび形)のスポーツカーだった。

格納式ヘッドランプもさることながら、高速でのダウンフォース(空気の力で路面へと車体を押しつけ操縦安定性をはかる効果)を得るため、ノーズに格納され高速走行時に持ち上げるフロントスポイラーのアイデアも画期的である。

4100mmの全長に対して1100mmとかなり低い全高のボディーに、68年に発売されたばかりの117クーペの1.6リッターエンジンを搭載していた。シャシーはいすゞのレーシングカー、ベレットR6と基本的に同じだ。当時イタリアのフェラーリ、ランボルギーニ、マセラティ、デトマゾといったメーカーにも、ここまで思いきったレーシングカーのようなプロダクトはなかった。

ベレットMX-1969

1969年型のデザインを手がけたのはイタリアのカロッツェリア・ギア

イタリアのスポーツカーは6気筒エンジン搭載は当たり前で、8気筒や12気筒も多い。ベレット1600MXは、エンジンの排気量や気筒数では欧州勢に負けていたけれど、英国のスポーツカー、ロータスの例にあるように、小さな排気量でも、軽量ボディと空力とシャシー性能が高ければ、すぐれたクルマは出来る。

70年にいすゞが社内でデザインしたというFRP製のボディーを新たにかぶせられたモデルが発表された時は、ついに日本でここまでトンガったスポーツカーが発売されるのか、と私たちは心躍らせたものだ。

70年の東京モーターショーは各社ともいっそうスポーツカーに力を入れていた。トヨタも日産もマツダも、大胆なコンセプトモデルを披露してくれた。振り返ると、クルマ好き少年(おそらく青年にも壮年にも老年にも)にとって、この時がひとつのピークだった。

あいにく、ベレット1600MXは市販されなかった。このあと、いすゞは117クーペのファストバック(後ろにハッチゲートを持つ)などのコンセプトを発表するなど、それなりに頑張るのだが、ドリームカーとは無縁になっていく。

69年と70年のベレット1600MXはいまも懐かしい、美しい夢だった。

クルマ好きが胸を高鳴らせた幻のコンセプトカー いすゞ・ベレット1600MX

ミドシップスポーツカーに日本のメーカーとして初めて取り組んだのがいすゞだった

 

(写真=いすゞ自動車提供)

PROFILE

小川フミオ

クルマ雑誌の編集長を経て、フリーランスとして活躍中。新車の試乗記をはじめ、クルマの世界をいろいろな角度から取り上げた記事を、専門誌、一般誌、そしてウェブに寄稿中。趣味としては、どちらかというとクラシックなクルマが好み。1年に1台買い替えても、生きている間に好きなクルマすべてに乗れない……のが悩み(笑)。

もう“なんちゃって四駆”とは呼ばせない 登場した新型RAV4試乗レポート

トップへ戻る

イタリアのクルマづくりの伝統を感じさせるセダン「ランチア・テーマ」

RECOMMENDおすすめの記事