平成から令和へ 時代を走り抜けたお召し列車の写真展「平成に仕えた車両たち」

天皇皇后両陛下が地方巡幸の際に乗車したお召し列車や、皇族が利用する御乗用列車(ごじょうようれっしゃ)を記録した写真展「平成に仕えた車両たち」が、東京・品川のキヤノンSタワーに開かれている。6月には大阪で開かれる。

同展では、鉄道写真を主軸として活動する写真家の団体・日本鉄道写真作家協会会員の作品約30点が展示されている。

お召し列車は、「三大行幸啓(ぎょうこうけい)」(天皇・皇后が一緒に外出されること)と称される全国植樹祭と国民体育大会、全国豊かな海づくり大会をはじめ、地方視察などに利用される。また、国賓来日時には、迎賓用として両国の旗を先頭車両の頭にはためかせながら走る。その姿は凜(りん)として勇ましく、美しい曲線を描きながらカーブを曲がる姿は優雅だ。

お召し列車が運行する際は、鉄道ファンだけではなく、両陛下の姿を一目見ようと沿線には地元住民が集まる。私たちの生活となじみ深い線路を走る行幸啓は、身近な距離でお見送りできる貴重な機会でもある。

本展で作品を出展している長根広和さんは、「今回の写真展は、普段見られない列車が全国各地を巡った記録です。展示されている作品にはフィルム写真も含まれています。貴重な車両の写真の数々は、鉄道好きがきっかけで写真家を志した私たちにとっても感慨深いものばかりです」と話す。

天皇皇后両陛下の行幸啓という大役を担った列車たち。新たな時代の幕開けに、鉄道写真を通して平成を振り返ってみてはいかがだろうか。

(文・山田敦士)

フォトギャラリーはこちら

EXHIBITION

日本鉄道写真作家協会写真展「平成に仕えた車両たち」

東京:2019年4月5日(金)~5月13日(月)
キヤノンオープンギャラリー1(品川)
東京都港区港南2-16-6 キヤノンSタワー 1F
開館時間:10:00〜17:30(最終日は16:30まで)
休館:日曜日、祝日
*ゴールデンウィーク休館日:2019年4月28日(日)~5月6日(月)
入場料:無料

大阪:2019年6月6日(木)~6月12日(水)
キヤノンギャラリー大阪
大阪市北区中之島3-2-4 中之島フェスティバルタワー・ウエスト1F
開館時間:10:00~18:00(最終日は15:00まで)
休館日:日曜日・祝日
入場料:無料

長く付き合いたいインテリア製品はここで買え! 「Shigeki Fujishiro」が生みだす“経年進化”

トップへ戻る

<77>西日本を代表するいなりずし 「いづう」&「いづ重」の圧倒的なうまさ

RECOMMENDおすすめの記事