人事評価で注目のリアルタイムフィードバック 「評価する側」の負担を減らす新サービス

司が部下を評価するための面談を「半年に1回」「1年に1度」ぐらいのサイクルでしている職場は少なくないのではないでしょうか。しかし、このペースでは、現代のめまぐるしいビジネス環境の変化に対応できないとして、もっと頻繁に面談をする「リアルタイムフィードバック」を取り入れる企業が注目を集めています。
「1on1ミーティング」に代表されるリアルタイムフィードバックをサポートするための人事評価クラウド「HRMOS(ハーモス)評価」のリリースに伴う記者発表会がありました。

   ◇

人材サービスのビズリーチはこのほどHRMOS評価をリリース。東京・渋谷で4月17日に開かれた記者発表会で南壮一郎社長は、HRMOS評価を開発した背景について「業務が変化するスピードと評価するタイミングのギャップ」「人事評価をするためのオペレーション業務の負荷」という課題が自社内にあったためと説明しました。

ビズリーチの南壮一郎社長

ビズリーチの南壮一郎社長

同社では、転職サイトの運営や企業のIT化など事業を拡大するなかで、それまで半年に1回実施していた人事評価では、急速に変わっていく事業のスピードに追いつかなくなったといいます。

また、最近、上司と部下が毎週や隔週など短いサイクルで面談する「1on1ミーティング」が、IT企業などで導入され始めています。しかし、面談前に部下が目標を設定したかどうかを確認したり、話をした後に内容をまとめて保管したりと、評価をする側の作業負担も多い。そうした課題を解決するために開発したのがHRMOS評価だといいます。

ビズリーチ提供

ビズリーチ提供

HRMOS評価では、1on1を通じたフィードバック内容を日常的に記録したり、従業員や組織の状況に応じて目標を柔軟に変更し、その履歴を残したりすることが可能です。

ビズリーチ提供

ビズリーチ提供

ビズリーチ提供

ビズリーチ提供

そして、目標や評価のデータは、一元管理できます。それによって、データに基づいた判断や業務改善につながるほか、これまで過去の上司が面談した内容や現在のデータが、個人のメモや個人パソコンのエクセルなど別々の場所に保管されて非効率でしたが、そうした点が改善されます。同社は、リマインダーの設定など自動化することで、「評価にかかる業務を効率化し、生産性向上につなげてほしい」と説明していました。

ビズリーチ HRMOS評価
https://hrmos.co/perf/

TOPの写真はJohnnyGreig Getty Images

ミズノ社内がざわついた「ウエーブライダー 1」の復刻 

トップへ戻る

キャンピングカーのためのカーナビ選び スマホアプリも活用

RECOMMENDおすすめの記事