密買東京~遭遇する楽しみ

“ユーザーも服作りに参加” はさみを入れて着る洋服「FRAME」(spoken words project)

すてきな服にハサミを入れる。切る瞬間の緊張感といったら、それはそれはすごいものが……。

でもこの服を着たいと思ったら、絶対にそれを避けて通れません。なぜなら、これは切らないと着られない服だから。

まるでウェディングケーキの入刀のように、切ることで服との関係が始まる。なんて。

でもこの記念すべき1カットは、きっと服との関係を、今までと全く違うものにしてくれるはずです。

テスト用に作ったサンプルを切って着た様子。切るのは緊張しますが、段々気持ちが盛り上がってきます

テスト用に作ったサンプルを切って着た様子。切るのは緊張しますが、段々気持ちが盛り上がってきます

ほぼ正方形の生地。柄などはさまざまですが、共通しているのは真ん中にワンピースをかたどったラインがプリントされていること。前と後ろ2枚の生地が、この線に沿って肩や脇などで縫い合わされています。

「FRAME」と名付けられたこのシリーズ。首と袖口、裾は空いているので、このままワンピースとして着られそうなのですが、首の部分だけは、輪郭線の外にある生地が邪魔をして頭が通りません。つまり、最初に首の外側に切れ込みを入れないと着ることができない、というわけです。

なので、勇気を出して、記念すべき1カット目を入れてみてください。そして着てみましょう。そこからこの服との対話が始まります。

切る前の状態。首の外側に1本だけ切れ目を入れています

切る前の状態。首の外側に1本だけ切れ目を入れています

そう。ここまでの流れでお察しかと思いますが、これは生地を自由に切って、形を作る服。プリントされた線を頼りに、自分で服を作って楽しんでほしい。そんな思いでデザインされているのです。

僕たちのサイト「密買東京」のお客さんに向けて、何か企画を考えたい。「spoken words project」のデザイナー飛田正浩さんからのそんな提案で生まれたこの服。だから密買東京での限定販売です。

大好きなブランドからのオファーだけに、うれしさはひとしおですが、同時に僕たちでいいのか?という緊張も……。

でもサイトを見ている方のことを想像しながら作った服なので、きっと喜んでもらえると信じています。

デニムの生地をあしらったバージョン。生地はデザイナーの飛田さんが見繕って、縫い合わせています

デニムの生地をあしらったバージョン。生地はデザイナーの飛田さんが見繕って、縫い合わせています

自由でオリジナリティーあふれるテキスタイルデザインが魅力のブランドspoken words project。

アトリエには大きな釜や鍋を始め、大小さまざまな道具たちがひしめき合い、まるで町工場か実験室かと思うような一角があります。

ここで生地を染めたり、シルクスクリーンで柄を刷ったり、加工したりと、自分たちの手で作業をしながらデザインをしていくのが、このブランドのすごさ。

既製の生地を使うだけではなく、テキスタイルデザインを生み出すところから服作りを始め、時には実際の生地までここで作ってしまう力が、spoken words projectの大きな魅力であり、特徴です。

ろうけつ染めの生地をつかったバージョン。手描きの線と、シルクスクリーンの線のコントラストが面白い

ろうけつ染めの生地をつかったバージョン。手描きの線と、シルクスクリーンの線のコントラストが面白い

このFRAMEのシリーズには、そんなアトリエで生み出された生地のサンプルなどが盛り込まれています。

製品になる時に弾かれたノイズやミスなども含まれていますが、思いがけない形や色、味わい、そして大胆な実験の痕跡など、出会いの楽しみがそこにあります。

それはまるでレストランの「まかないメシ」や、裏メニューを味わうようなワクワクする臨場感。

この服のコンセプトである、「服作りのプロセスに、着る人も参加できる」という部分に反応してくれる方なら、きっとそこにも特別感を見いだしてくれるはず。

しかも気になるすてきなパーツが、服のラインのはるか外に配置されていたりして……。デザイナー飛田さんからの挑発とも取れるこの構造。対話を楽しむように、手を入れてもらえたら、服との関係がさらに深まりそうです。

どんな風に切るか、想像してみてください

どんな風に切るか、想像してみてください

服を100%まで完成させず、着る人にデザインを託すことで、“消費”するだけではない、新しい服の楽しみ方や服との関係を提案したい。そんな思いから生まれたこのFRAMEシリーズ。

ブランドで服を作り、売るだけでなく、アートのフィールドでも活動を展開したり、教育にも携わったりと、服を通した社会との関係やメッセージの発信をいつも考えている飛田さんの活動が一つの形として結晶したものがこのシリーズです。

それは単なる1着の服のデザインではなく、服と着る人の新しい関係のデザイン。その枠組み=フレームのデザインこそ、ここで飛田さんが追求している形です。

パッチワークされた元の生地は作品性が高くて、切るのがもったいない気がしてしまいます

パッチワークされた元の生地は作品性が高くて、切るのがもったいない気がしてしまいます

手と目で考えながら、ゆっくりと自分の服を作る、そのプロセスも楽しんでもらえたら、うれしい限り。

といいつつ、実は全く切らなくても、すごくすてきに着られます。「というか、むしろ切らない状態、すごくいいよね……」っていう意外なオチに、飛田さんと2人で思わず笑ってしまいました。

そんなこんなも含めて、色々試していただけたらと。いつか皆さんの作った服を集めて、作品展を開けたらいいね、と飛田さんと話してます。

(文・写真 千葉敬介)

税込み33,480円から。「密買東京」は、ここでしか買えないモノ、入手方法が良くわからないモノなどお気に入りのモノを、密かに発見する楽しみを提供するオンラインショップです。「密買東京」の記事はこちら(※ここから先は「密買東京」のサイトです。商品を購入する際は「密買東京」の規約等を確認の上、ご自身の判断でご購入ください)

本物の壁が朽ちていく美しさを表現 異色のカバン「コシブクロ」

トップへ戻る

RECOMMENDおすすめの記事