薄毛、抜け毛、生え際の後退……。発毛剤と育毛剤の違いを知って、正しいケアを!PR

薄毛、抜け毛、生え際の後退……。発毛剤と育毛剤の違いを知って、正しいケアを!

GettyImages

薄毛、抜け毛、生え際の後退――多くの人が抱える髪や頭皮の悩み。気になり始めた頃に、ドラッグストアやネットショップでスカルプケア商品を探すも、「何を買えばよいのか、わからない」とさらに頭を抱えることに。
そんな悩みを解決するべく、予防医学に着目したエイジングケア商品を展開するアンファー株式会社が、20~60代の男性1000人を対象に、発毛剤と育毛剤の理解度に関する調査を実施。その結果、驚くべきことに発毛剤と育毛剤の違いを誤認している人が、90%にものぼることが明らかになりました。

※年齢に応じたケア

毛髪のメカニズムを知って、自分に合ったケアを選ぼう。

男性の薄毛や抜け毛の原因を知っていますか? 主な原因は「男性ホルモン」。アンファーの調査では、それを理解している人は約50%だということがわかりました。しかし、「発毛効果が期待できる成分は?」という質問に対して、「ミノキシジル」と答えた人は約15%という結果に。また、医薬品である発毛剤と、医薬部外品である育毛剤の違いを理解している人は、わずか3%でした。

提供=アンファー株式会社

提供=アンファー株式会社

薄毛や抜け毛で悩んでいる人は、まず、毛髪のメカニズムを理解しておくべきでしょう。
髪は、通常成長期(2~6年)、退行期(2~3週間)、休止期(3~4カ月)を繰り返すヘアサイクル(毛周期)で成長・脱毛します。 通常の毛髪であれば、このような間隔で成長と脱毛を繰り返します。一方、壮年性脱毛症と呼ばれる症状の人は、上図のオレンジの矢印のように、成長期が短く退行期に移行する毛髪が増えるため、軟毛や細毛が増え、徐々に薄毛になってしまうのです。

毛髪について理解したところで、どのようなスカルプケアが自分に合うかを知ることが重要です。
一般的に発毛剤は医薬品、育毛剤は誰でも使用できる医薬部外品となっています。発毛剤(医薬品)は、脱毛症を治療するもの、つまり、その疾患を有する人に使用可能者が限定されるものです。また、育毛剤(医薬部外品)は、主に薄毛や脱毛の予防のために使用するものとなっています。

つまり、発毛剤は、壮年性脱毛症による薄毛や抜け毛を治療して改善させるためのもの。育毛剤は、毛髪の健康を維持し、脱毛(抜け毛)を防ぐためのものと、目的に違いがあるのです。簡単にいうと、発毛剤は「髪の毛を生やす」、育毛剤は「脱毛の予防」と認識してもいいでしょう。

「髪の毛を増やしたい!」という人は、発毛効果が期待できる発毛剤をトライしてみてはいかがでしょうか?

薄毛、抜け毛、生え際の後退……。発毛剤と育毛剤の違いを知って、正しいケアを!

提供=アンファー株式会社

発毛効果が期待できる成分「ミノキシジル」って?

アンファーの調査で、多くの人が知らなかった成分「ミノキシジル」とは、いったい、どのような効果が期待できるのでしょうか。
「ミノキシジル」は、一般用医薬品として発毛効果が唯一認められている成分。毛包(毛穴)に直接作用し、細胞の増殖やタンパク質の合成を促進することによって、下表のような作用を示します。

薄毛、抜け毛、生え際の後退……。発毛剤と育毛剤の違いを知って、正しいケアを!

提供=アンファー株式会社

これらの作用により「ミノキシジル」は、壮年性脱毛症において後期成長期毛の成長を促進したり、発毛を促進する効果が期待できるのです。

「ミノキシジル」が配合された発毛剤
「スカルプD メディカルミノキ5」が登場。

アンファー株式会社の新しい発毛剤「スカルプD メディカルミノキ5」は、「ミノキシジル」を一般用医薬品として日本国内で認められた最大濃度の5%を配合。脱毛の進行を防ぎ、発毛効果が期待できます。また、アンファーストアで4本セットを購入した人は、4カ月使用後に頭髪専門医師による無料診断を受けることができます。

薄毛、抜け毛、生え際の後退……。発毛剤と育毛剤の違いを知って、正しいケアを!

提供=アンファー株式会社

「スカルプD メディカルミノキ5」の詳細はこちら

もし金栗四三がいなかったら……? 「いだてん」主役が残した偉業

トップへ戻る

型破りで話題沸騰のアイドル・眉村ちあきが選ぶ愛の5曲

RECOMMENDおすすめの記事