「落合陽一×日本フィルハーモニー交響楽団プロジェクト」 VOL.3は今年8月に2公演で開催決定 

メディアアーティストの落合陽一さんと日本フィルハーモニー交響楽団が、テクノロジーを使ってオーケストラの新しい可能性を切りひらくプロジェクトの3回目が今年8月に開催される。6月12日からチケットの発売が始まった。
「落合陽一×日本フィルハーモニー交響楽団プロジェクトVOL.3」は2公演で、8月20日(火)に、《耳で聴かない音楽会2019》が、27日(火)に《交錯する音楽会》が開かれる。
《耳で聴かない音楽会2019》は、Diversityをテーマに、聴覚障がいのある、なしに関わらず音楽を楽しむことができる音楽会が企画されている。
《交錯する音楽会》では、昨年8月の《変態する音楽会》をさらにアップデートして、視覚と聴覚を連動させて楽しむ映像演出がオーケストラと競演する。

<落合陽一さんステートメント>
公演に寄せて ―ステートメント

オーケストラの持つ質量について考えていた.

デジタルのもたらす原始的な共感覚化,感覚の変換,音と光と身体性のシナスタジア.

オーケストラが輸入されて90余年,標準化と工業化の末に到来したデジタルの自然は質量を伴う日本の原風景とどうやって融合し,音の持つ感覚の軛と帳をトランスフォームするのか.耳だけでなく,目だけでもない,デジタルは時空間の情報を他の感覚へと変換可能にする.そんな時代にオーケストラを構成する身体と一回性の織りなす集中力を形容する言葉はなんだろうか.それは祈りに近しいのかもしれない.

ステートメント全文はこちらから

「落合陽一×日本フィルハーモニー交響楽団プロジェクト」 VOL.3は今年8月に2公演で開催決定 
<公演概要>

演出:落合陽一
出演:海老原光(指揮)
   日本フィルハーモニー交響楽団(管弦楽)
   江原陽子(ファシリテーター)
ビジュアルデザイン:WOW
照明:成瀬一裕

第1夜 Diversity《耳で聴かない音楽会2019》
日時:2019年8月20日(火) 開演19:00(ロビー開場18:00)
場所:東京オペラシティコンサートホール タケミツ メモリアル(東京都新宿区西新宿3丁目20-2)
演奏曲目:パッヘルベル:カノン
     サン=サーンス :《動物の謝肉祭》オーケストラ版  他
参考映像:VOL.1《耳で聴かない音楽会》ダイジェスト

https://www.youtube.com/watch?v=wJEKht0zix0

第2夜 Art《交錯する音楽会》
日時:2019年8月27日(火) 開演19:00(ロビー開場18:00)
場所:東京芸術劇場 コンサートホール(東京都豊島区西池袋1丁目8-1)
演奏曲目:小山清茂:管弦楽のための木挽歌
     ドビュッシー:交響詩《海》より第3楽章「風と海との対話」 他
参考映像:VOL.2《変態する音楽会》ダイジェスト

https://www.youtube.com/watch?v=PJ6gJrnMRSs

対象:小学生以上
※両日とも未就学児の入場はご遠慮ください。託児サービスあり(事前予約制、有料)
料金:2公演セット券:SS席24,000円~B席10,000円
20 日SS席 12,000円~B席5,000円、27日SS席 13,000円~B席6,000円
※障害者手帳をお持ちの方は割引あり(20日SOUND HUG席は聴覚障害の方限定)
※Ys(25歳以下)、Gs(65歳以上)割引あり
発売日:2019年6月12日(水)10:00 セット券先行発売
    2019年6月19日(水)10:00 一般発売

申し込み:日本フィル・サービスセンター Tel.03-5378-5911[平日10-17時] https://www.japanphil.or.jp
※各プレイガイドでも取り扱い有(S、A、B席のみ)

主催:公益財団法人日本フィルハーモニー交響楽団
協力:落合陽一、WOW、一般社団法人xDiversity、TBWA\HAKUHODO、
身体で聴こう音楽会(パイオニア株式会社)、ピクシーダストテクノロジーズ株式会社
助成:2019年度日本博を契機とする文化資源コンテンツ創成事業
東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京(Tokyo Tokyo festival助成)
協賛:株式会社朝日新聞社、株式会社プリズム、他
*beyond2020プログラム 認証事業

また、障がいのある子どもをコンサートに招待する資金と、演出に用いるシステムの資金確保のため、クラウドファンディングプロジェクトも実施される。
「クラウドファンディングサービス Readyfor 落合陽一×日本フィルVOL.3」

https://readyfor.jp/projects/VOL3

               ◇
朝日新聞社は、昨年のvol.2に続き、「落合陽一×日本フィルハーモニー交響楽団プロジェクトVOL.3』を協賛いたします。今年も『&M』で準備過程のレポート記事を掲載します。チケットの読者プレゼントも予定しておりますので、お楽しみに。

キャンピングカーで長旅に出かけるための準備に必要なこと

トップへ戻る

注目は楽天!?  里崎智也×野村弘樹のプロ野球交流戦“忖度なし”予想!

RECOMMENDおすすめの記事