インタビュー

山戸結希×堀未央奈「時々で違う顔。それがリアルな女の子」

今の女の子は、どんな恋愛をしているのか? 30代40代の私たちにとって未知の世界とも言える、今時の恋愛観をぎゅっと閉じ込めた映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』が公開される。あらかじめ言っておくと、片思いの相手に手紙を渡したり、危険な時に偶然好きな人が助けてくれたり、そんな夢のような出来事は一切ない。

ごく普通の日常をいつも通り過ごし、スマホを活用して、淡々と恋愛に向き合っている。しかしまだ自分が確立されておらず、「どうしたいのか」「どうなりたいのか」分からず、心は揺れ動く。

そんな女子高校生の主人公、成田初(はつみ)を演じているのが乃木坂46の堀未央奈さん。本作で映画初主演、すっぴんに近いメイクと飾らない等身大の女子高生ファッションに身を包み、淡い初恋に揺れる女の子を演じている。監督は、乃木坂46のMVや映画『溺れるナイフ』を手がけた山戸結希監督。2人にインタビューし、撮影時の思い出や映画に込めたメッセージを聞いた。

堀未央奈さん

映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』で主人公の成田初を演じた堀未央奈さん【もっと写真を見る】

堀さんが差し入れたお菓子『白い恋人』が忘れられない

堀 「撮影したのは半年くらい前。お台場を中心に撮影したので、今でもお台場に行くとその時を思い出すんです。お芝居としてそこに立っていた思い出よりも、(成田)初ちゃんとして過ごした日々を振り返る気持ちで、懐かしく思います。演じる中で、苦い思いや悔しさ、もどかしさ、傷つくこともありました。初めて映画に出させてもらう気持ちも混ざって、思い出がいっぱい詰まっています」

山戸 「思い出がすでに内在化して記憶が映画のようになっていて、抜き出すことが難しいのですが、今、最初に思い出したのが、連日続く撮影の中、堀さんが『白い恋人』を持ってきてくれたことですね(笑)。それがすごく堀さんらしくて、誠意の塊に見えて。『白い恋人』って、こんなにおいしいものなんだと思いましたね。(成田)初ちゃんは結構白い服を着ていることも多くて、まるで堀さんの血肉を食べているような感じすらありました(笑)」

山戸結希監督と堀未央奈さん

山戸結希監督(左)と堀未央奈さん【もっと写真を見る】

原作は、累計販売部数450万部を超える相原実貴による人気少女コミック『ホットギミック』。都内のマンションを舞台に、幼なじみの男女の恋愛を描いている。主人公は、自分に自信が持てず遠慮がちな高校2年生の成田初だ。

堀 「17歳の初ちゃんと22歳の今の私とは、違う部分があります。今の私は物事をはっきり言うし、やりたいことも見つかって、人にけなされても気にしない強さが持てるようになりました。でも10代の頃は、自信が持てなくて、どうやったら自信が持てるんだろうと思っていました。人に愛されたいし、認めてもらいたい。それってすごくわがままだし、自分勝手でもある。いろいろな感情がぐちゃぐちゃになっている初ちゃんを演じて、自分にもそんな時期があったなと気づきました。決して他人事ではなくて、私自身の人生と気持ちを、初ちゃんに乗せて伝えさせてもらいました」

二重性のある声がキャスティングの決め手。「自分の声で話さないと伝わらない」

監督が、初役に堀さんを起用した理由。それは堀さんが持つ二面性を感じる “声”にあったと明かす。

山戸 「堀さんの声は、あどけない舌足らずの声にも聞こえる一方で、すごく凜(りん)として張り詰めた意志を感じる声でもあります。そんな二重性を持つ声に、初を感じましたね。初は映画の中で変容してゆきますが、堀さんが持っている、相反する性質が、映画版の初にとって、大切な部分を引き出してくれていたんだと感じています」

堀 「自分の声ってあまり好きじゃないから、そう言ってもらえてうれしいです。今ラジオもやっていて、ファンの方から『声が好き』と言ってもらえる機会も増えました。でもお芝居は違っていて、滑舌やしゃべり方、スピード、声の出し方、全てが難しいと思いました。作り込んだ声ではなく自分自身が言いたい早さ、言い回し、声のトーンで話せていないと、見ている人にもそれが伝わってしまうんだと気づきました」

山戸 「その気づきはお芝居にも現れて、どんどん初そのものに近づいてゆく日々でした。お芝居をしていることを忘れて、ただ、初として存在するようになっていて。堀さんは感覚だけではなく、一つ一つに対して考え抜く力がある方だと思います」

堀未央奈さん

山戸監督の作品は、リズミカルなセリフが特徴的だ。「セリフの言い方は、役者さんそれぞれに任せています。堀さんも自分なりのやり方を発見し、初そのものになっていきました」(山戸)【もっと写真を見る】

時々で違う顔になることが、リアルな女の子を表現する

制服姿やパーカーといったカジュアルファッション、素顔に近いメイク。普段は見られない、素に近い堀さんの姿にドキッとさせられる。

堀 「それが17歳の女子高生の、自分に自信がない初ちゃんに合ったビジュアルなんです。そのおかげで、髪の毛が乱れたとか、メイクが崩れたとか余計なことを気にせずにお芝居に集中できました。初としてというか、私自身として現場にいられたのは良かったですね」

山戸 「私は毎日、『堀さん美しいなあ』と心から思って撮っていました」

堀 「ありがとうございます(笑)。私は、みなさんの反応が楽しみでした。試写で見たスタッフさんにも『シーンによって顔が全く違う』『全然違う子に見える時もあった』と言ってもらえてうれしかったです。それがリアルな女の子なんですよね。安定してずっと同じ顔じゃなくて、メイクに頼らず、自分自身の表情や空気感で表現したいという思いがありました」

堀さんの好きなタイプは、静かで見守ってくれる系。監督の好みは反町隆史さん

成績優秀の冷たい王様タイプの亮輝(りょうき)、モテ男で人気モデルの梓(あずさ)、言葉少なに妹を見守る兄の凌(しのぐ)、クラスメートの優しい男子すばる。登場人物で、誰が一番好きなタイプか2人に聞いてみた。

映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』より

後列左から梓(板垣瑞生)、亮輝(清水尋也)、凌(間宮祥太朗)(C) 相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会【もっと写真を見る】

堀 「(この質問は亮輝・梓・凌の3人から選ぶことが多いので)すばるを入れてもらえるなら、すばるを選びたいかな。いつもはお兄ちゃん(凌)を選んでいます。私は、仕事を優先的にやりたいタイプなので、いちいち何でも言われたら嫌かなと思って、一番口数が少ないお兄ちゃんを選びました。すばるくんは、現実的な考えではっきりと物事を言うタイプだけど優しさもある。一番スタンダードなキャラで好きですね」

山戸 「すばるくんは、常識人ですよね。自分はというと、梓の父役を演じてくださった反町隆史さんの、本当に格好良い姿に感動していました。現場では、男性のスタッフもみんな『かっこいい!』って言っていましたね(笑)。衣装合わせの時から、輝きが特別で、反町さんの存在自体に、胸ときめく体験でした」

堀 「分かります! 反町さんのかっこよさには私も震えました」

八木すばる(上村海成・右)と初の妹、茜(桜田ひより)

八木すばる(上村海成・右)と初の妹、茜(桜田ひより)(C) 相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会【もっと写真を見る】

女の子の主体性や自己実現を問う映画。「女の子が男の子に手を差し伸べることも」

山戸結希×堀未央奈。2人の出会いで、青春恋愛映画は大きな変革を迎えた。男の子主導の夢見がちな物語は姿を変え、女の子が中心になり、恋愛を選び、希望をつかみとるまでの成長物語に仕上がっている。最後に2人が映画を見る人へのメッセージをくれた。

堀 「少女漫画が原作の実写映画だと、キュンキュンがベースで他人事のような話だと想像する人も多いと思うんですけど、全く違います。自分が伏せてきた気持ちや感情、周りで見ていた光景や出来事が、ぎゅっと詰まっています。絶対に感情が動くし、何かを抱いて帰ってもらえると思うので、たくさんの人に見て、愛されて欲しいですね。見た人全員が違う感想を持つと思うので、ぜひ感想を聞かせてもらいたいです」

山戸 「女の子が男の子に守られる形だけではなく、女の子の主体性や自己実現を問う形で、10代の女の子向けに作った映画です。でもそれは女の子にとってだけの問題ではなく、もしもそれが解決されれば、ジェンダー間の越境も進むことになり、男女がお互いの荷物を持ちあえることにもなる。女の子が強くなることで、男の子に手を差し伸べられるということも絶対にあるはずなんです。これから新しい時代になっていく中、そんな想いで作った映画を、楽しんでいただけたなら、心からうれしいです」
(文・武田由紀子 写真・花田龍之介)

堀未央奈さん

撮影現場に、よくお菓子を差し入れしたという堀未央奈さん。「食べることが好きで、私のおすすめをみなさんに食べてもらいたくて。私の地元・岐阜県の和菓子を差し入れしたこともありました」【もっと写真を見る】

『ホットギミック ガールミーツボーイ』作品情報

キャスト:堀未央奈、清水尋也、板垣瑞生、間宮祥太朗、桜田ひより、上村海成、吉川愛、志磨遼平、黒沢あすか、高橋和也、反町隆史、吉岡里帆
原作:相原実貴「ホットギミック」(小学館「ベツコミ フラワーコミックス」刊)
監督・脚本:山戸結希
主題歌:花譜「夜が降り止む前に」(KAMITSUBAKI RECORD)
(C) 相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会
6月28日(金)公開 
公式HP:hotgimmick-movie.com
公式Twitter:@hotgimmick0628
公式インスタグラム:hotgimmick_official 
ハッシュタグ:#ホットギミック #ガールミーツボーイ

藤巻亮太39歳 ソロとして「レミオロメン」を歌う意味

トップへ戻る

映画『愛がなんだ』監督 今泉力哉 「めんどくさくない恋愛なんて、存在しない」

RECOMMENDおすすめの記事