キャンピングカーで行こう!

自家用トラックがキャンピングカーに変身? トラキャンって何?

梅雨が明ければいよいよ夏休み。週末ともなれば、あちこちでキャンピングカーに出会う季節になりました。テントキャンプと違って、少々の雨でも出かけるハードルが上がらないのがキャンピングカーのよいところです。各地で見かけるキャンピングカーは、大きさも様々。最近ではキャンピングトレーラーも増えてきて、遭遇率が高くなりました。

そんな中、あまり出会うことのないレアキャラが、トラックキャンパー、通称トラキャンです。

トラキャンってなに?

トラキャンとは読んで字のごとくトラックを使うのですが、同じくトラックをベースにしていても、あらかじめ架装で居室が付いているキャブコンとは違います。トラックの荷台に、箱型の居室を「必要な時だけ」載せてキャンピングカーとして使うもの。つまり、普段の仕事や趣味でトラックに乗っているなら、居室部分だけを買えばOKというわけです。

トラックの荷台に「部屋」を載せるだけなので、いうなれば居室は単なる荷物。荷物には車検などありませんよね。ナンバーも、トラックのナンバーのみです。

「必要な時だけ持ち出す」スタイルはトレーラーも同じですが、トレーラーは荷物ではなく自動車なので、トレーラー単独での登録が必要ですし、車検もあります。

一方、トラキャンは完全に「荷物」ですから、ナンバーも車検もない、というわけです。車検がないので、当然、税金もゼロ。置き場所は必要ですが、車両ではないので「駐車場」である必要もないし、車庫証明も不要です。こう考えると、維持費が劇的に安価であることは、簡単に想像できますよね。

そこで気になるのが「居室」としての装備と快適性です。

「トラックに載せるだけ」「箱型の居室」と聞いて、ごくごく簡易なタイプなのでは? と思われる方もいらっしゃるでしょう。

キャンピングカーの居室

居室だけを降ろしたところ。不要なときはトラック単体で使えるのがメリットだ

キッチンやトイレがフル装備のものも

最も小さいものは、自走式でも人気の「軽トラック用」サイズです。

最大のタイプはアメリカンのフルサイズトラック用で、居室部分だけで全長5mほどになります。

これはトヨタ・カムロードなどのトラックをベースにした国産キャブコンの全長と同じくらいですから、むしろ居室は一般的な国産キャブコンより広くなります。

気になる装備は、やはりサイズに応じてさまざま。軽トラック用は、軽キャンピングカー並、フルサイズトラック用ならキッチンもトイレもフル装備、という具合です。

大型トラキャン

アメリカンピックアップトラック用の大型トラキャンなら、生活装備も揃ってスペースも広々

積み下ろしはどうするの?

一口に「荷台に載せるだけ」とはいいますが、では、一体どうやって? と思われるでしょう。

また、走行するわけですから、固定も必要です。「部屋」をどうやって「荷台に載せ」、「固定する」のでしょう?

「部屋」の外殻はシェルと呼ばれていて、その四隅にジャッキが作り付けられています(手動のものもあれば、電動タイプもあります)。

これで、まず居室自体を充分に持ち上げ(脚の細い高床式住居のようです)、そこへトラックをバックで所定の位置にセットします。

荷台の位置を合わせたら、ゆっくりジャッキを緩めて居室を荷台にぴったりと納めます。箱が完全に荷台に載ったら、同じく四隅についている専用の金具で、トラックに固定し、地面まで伸びていた「脚」を縮めて完了です。

慣れれば、電動ジャッキなら15分ほど、手動でも30分もあれば完了します。

ベース車両は?

ベースとなるトラックは、軽でもフルサイズでもOK。国産でも外車(ほぼ、アメリカ車)でも問題ありません。ピックアップだけでなく、日本で一般的なキャブオーバー型トラックに対応した製品もあります。

シェルを搭載するためには、荷台に固定するためのアンカーを取り付けます。また、重たい居室が載りますので、必要に応じてサスペンションを強化することも。もちろん、足回りを強化しても、シェルを降ろしての普段使いに、何ら支障はありません。

車検も税金も、ベースとなるトラックの分だけ。高速道路料金も、トレーラーのようにワンランクアップすることもありません。

軽トラキャン

日本独自規格である軽トラックに載せられるトラキャンもある(画像提供:MYSミスティック)

あれこれ説明してきましたが、最後に要点をまとめてみましょう。

トラキャンのメリット
・走破性に優れた、本格的4WDの車両などが選べる。
・居室を載せていないときは、普通のトラックとして使用できる。
・居室の登録も課税もないためイニシャルコスト(トラック代は別としても)、ランニングコストが大変安い。

トラキャンの弱点
・ベースとなるトラックが1ナンバーのサイズだと、高速道路は中型料金となる。
・走行中、居室にいることはできない。また、ベース車両の乗車定員分しか乗れない。
(ダブルキャブタイプのトラックを選べば、2列シートで5人まで乗れる車も)

いかがですか? 「仕事でトラックを使っている」または「アメリカントラックが好き」という方には、悪くない選択肢だと思います。

居室の置き場所があって、初期費用・維持費用を抑えたいという人、走行中、居室に行けなくても問題ない、という人ならお買い得といえるかもしれません。

PROFILE

渡部竜生

キャンピングカージャーナリスト。サラリーマンからフリーライターに転身後、キャンピングカーに出会ってこの道へ。専門誌への執筆のほか、各地キャンピングカーショーでのセミナー講師、テレビ出演も多い。著書に『キャンピングカーって本当にいいもんだよ』(キクロス出版)がある。エンジンで輪っかが回るものなら2輪でも4輪でも大好き。飛行機マニアでもある。旅のお供は猫6匹とヨメさんひとり。

軽キャンパーの人気ベース車「スズキ・エブリイ」がマイナーチェンジ、その影響は

トップへ戻る

絶対必要? それとも不要? キャンピングカーの「トイレ」を解説

RECOMMENDおすすめの記事