水代百貨店

このクラフトビールがすごい! “目利き”水代優がすすめる3銘柄&4飲食店

全国各地でカフェやシェアオフィスなどをプロデュースする企業「グッドモーニングス」の代表・水代優さんが、これまでに出合った一押しのモノ・コト・ヒトを紹介する連載「水代百貨店」。今回は暑い夏にぴったりの「クラフトビール」です。

オリジナル製品を開発するほどクラフトビールにハマっているという水代さんが、「絶対オススメ!」とプッシュするのは、次の銘柄&飲食店です。

 

 

オススメの理由に加えて、「クラフトビールって名前は聞くけど、そもそも何?」という人向けに、その定義や魅力をまとめました。これを読めば、あなたもクラフトビール通……!?

そもそもクラフトビールとは?

 

水代優さんの写真

撮影/小島マサヒロ

「僕はもともとラガービール(*1)ばかり飲んでいたのですが、初めて『伊勢角屋麦酒』のペールエール(*2)を飲んだとき、喉越しではなく鼻抜けの香りで味わうビールのおいしさに目覚め、一気にハマってしまいました。今では1日10本以上のクラフトビールを楽しんでいるほどですよ!」

水代さんはクラフトビールにハマったきっかけをそう振り返る。かつて水代さんは、種類や原材料のうんちくばかりを垂れながら飲むのはつまらない、とクラフトビールを毛嫌いしていた。

その価値観を一変させたのは、戦国時代(1575年)に餅屋として創業し、1997年からクラフトビール製造に着手した酒造「伊勢角屋麦酒」。海外のコンクールで数々の賞を受賞した同メーカーは、今や全国に熱心なファンを持つ有力銘柄の一つ。水代さんもそのうまさのとりこになり、昨年にはオリジナルビールを一緒に開発するほどハマっている。

このクラフトビールがすごい! “目利き”水代優がすすめる3銘柄&4飲食店

水代さんが伊勢角屋と共同で開発したクラフトビール(写真提供:水代優さん)

クラフトビールとはそもそも何なのか。明確な定義があるわけではないが、「大手メーカーとは一線を画した、小規模な醸造事業者の手によるビール」と考えれば、概ね間違いではない。

多くの日本人にとって「ビール」とは長らく、「ラガービール」に属する「ピルスナー」を指していた。なぜなら大手メーカーが主に「ピルスナー」を製造していて、市場を席巻していたからだ。だが、実際には全国に大小様々なメーカーが手がける多種多様なビールが存在し、その種類は100を超えるといわれる。

この約10年、優れたブルワー(醸造家)たちがしのぎを削るなかで、個性的なエールビール(*3)をはじめ、ピルスナー以外のビールも続々出回るようになり、クラフトビール市場は急速に活性化。昨夏にはクラフトビールメーカーのおよそ6割が増収というデータを帝国データバンクがまとめたように、市場の右肩上がりの伸長が続いている。

*1 ラガービール

10度前後の低温で長時間発酵させて醸造するビール。のど越しがよくスッキリした味わいが特徴。低温で雑菌が繁殖しにくいことから大量生産に向いており、19世紀以降、世界的に普及。現在、日本の大手ビールメーカーのほとんどがラガービールを製造している

 

*2 ピルスナー

チェコのプルゼニ地方を発祥とする、ラガービールの一種。ホップの効いた爽快な香味が特徴。現在、世界でもっとも普及しているビールの種類

 

*3 エールビール

15~25度程度の常温で発酵させる製法のビール。フルーティーな香りと、濃厚な味わいが特徴。ラガー普及以前は、一般的にビールといえばエールビールだった。英国やベルギーなどでは今も日常的に親しまれている

クラフトビールの魅力は「気分に合わせて選べること」

水代優さんの写真

撮影/小島マサヒロ

「クラフトビールの中には最高にうまいピルスナーだってたくさんあります。とくに気に入っているのは、岡山県・宮下酒造の『独歩』。苦味と香りのバランスが非常にいいですね。また、変わったところでは沖縄県・ヘリオス酒造が開発した『ゴーヤーDRY』もお気に入り。苦味をホップではなくゴーヤで表現した変わり種ですが、いつまでもすいすい飲み続けられるくらい自然な仕上がりです」

常にマイ・フェイバリットを探し続けている水代さんに、最近のお勧めを聞いてみると、こんな返事がかえってきた。だが、これはあくまで好みの問題。繚乱する多彩な製品の中から、自分にぴったりの1杯を探すことこそクラフトビールの醍醐味だろう。

「この数年のクラフトビール・ブームの到来で、飲食店でも本当にいろんな種類のビールが飲めるようになりました。苦味の強いものでもフルーティーなものでも、好みや気分に合わせて選べるのがクラフトビールの魅力。ビールは苦手という人でも、絶対にハマる1杯が見つかるはずです!」(水代さん)

そんな好みの1杯をお気に入りの店で味わえたら、なお楽しい。クラフトビールが楽しめる店は全国にたくさん存在する。水代さんのオススメも参考にしながら、自分好みの銘柄や店をぜひ探してみてほしい。

(文/友清哲 トップ写真/野呂美帆)

 

【水代優さんオススメ】クラフトビールの銘柄

 

1・伊勢角屋ペールエール(伊勢角屋麦酒)

伊勢角屋のペールエール

グレープフルーツをはじめとする柑橘系の爽やかな香りと心地の良い苦みが特徴。英国の「The International Brewing Awards2017」で金賞を受賞したほか、数々の国際コンテストにおける受賞歴を持つ(画像提供:二軒茶屋餅角屋本店)

このクラフトビールがすごい! “目利き”水代優がすすめる3銘柄&4飲食店

僕がクラフトビールの道に開眼したビール。喉だけでなく鼻でも楽しめる。コクとキレのバランスも絶妙。3種類のホップを使っている中に「シトラ(強めの柑橘系の香りをもつホップ)」が含まれていることも見逃せません! 野菜(枝豆)と一緒に飲んでみてください。新しい出会いがあります。

 

2・ゴーヤーDRY(ヘリオス酒造)

このクラフトビールがすごい! “目利き”水代優がすすめる3銘柄&4飲食店

純沖縄産のゴーヤを用いたスッキリとした苦味が特徴。2011年8月開催の「ジャパン・ビアフェスティバル」にて、「フリー・ライトラガー・スタイル」部門で金賞を受賞。

このクラフトビールがすごい! “目利き”水代優がすすめる3銘柄&4飲食店

100%沖縄ゴーヤを用いたすっきりとした苦味が特徴。一般的なビールは飲んだ直後に苦味を楽しみますが、このビールはずいぶん遅れて苦味がきて、その瞬間が楽しい。料理の邪魔をしない風味なので、食事の内容を問わずおいしく飲める1杯です。

 

3・独歩ビール ピルスナー(宮下酒造)

このクラフトビールがすごい! “目利き”水代優がすすめる3銘柄&4飲食店

生きた酵母の入ったホップ香と苦味が効いた淡色ビール。2015年「春季全国酒類コンクール」の地ビール部門で第1位など受賞歴多数。

このクラフトビールがすごい! “目利き”水代優がすすめる3銘柄&4飲食店

しっかりとした苦味。グラスを彩る、うっとりする黄金色……。華やかさ(派手さ)はないけれど、いつも手元に置いておきたくなる1杯で、野球にたとえるなら「2番・セカンド」タイプ。国内の大手メーカーのビールしか飲んだことない方はぜひトライしてみてください!

 

【水代優さんオススメ】クラフトビールを楽しめる飲食店

 

1・麦酒倶楽部 POPEYE(両国)

クラフトビール店「ポパイ」店舗画像

撮影=春田周平

昭和60年創業の“クラフトビールの聖地”と呼ばれる有名店。品数の豊富さも国内随一で、定番からレアものまで世界各国のクラフトビールを常時70種類以上用意。ここなら好みの一杯に出合える可能性大。

このクラフトビールがすごい! “目利き”水代優がすすめる3銘柄&4飲食店

ポパイは客同士の距離感の近さが最高! 店を気に入ったら会員になることをお勧めします(名前と住所のみの申告で即日登録。入会金、年会費は不要)。毎月届くハガキが面白いし、それを持参するとビールタワーのサービスなどの特典が受けられます。良質なコミュニティーのお手本のようなお店で、ゆるい会員ライフが楽しめます。

|| 店舗情報 ||
東京都墨田区両国2-18-7
JR両国駅より徒歩3分/都営大江戸線 両国駅より徒歩7分
050-3374-4705
月~土 ランチ 11:30~20:00/パブ 17:00~23:30 (L.O.23:00)
祝日 15:00~23:30 (L.O.23:00)

 

2・Another8(目黒)

 このクラフトビールがすごい! “目利き”水代優がすすめる3銘柄&4飲食店

ガレージを改装したスタイリッシュなバー。ビンテージスピーカーから流れる心地よい音楽を楽しみながら、クラフトビールと日本酒・ワイン、創作の燻製料理が味わえる。DJイベントも定期的に開催。

このクラフトビールがすごい! “目利き”水代優がすすめる3銘柄&4飲食店

世界で活躍する空間デザイン会社「puddle」が手がけた洗練されたお店です。デザイナー加藤匡毅さんの世界観が内装に表れています。つまみがシンプルだけれど一手間かかっているし、グラスを渡してもらって、飲み切らないと次のオーダーできないシステムも大好き。そして音楽にもこだわりが。定期開催されるDJイベントでもディープ過ぎない選曲が多く、広く楽しめる場作りをするための気づきをもらえる店です。

|| 店舗情報 ||
東京都目黒区下目黒1-2-18 横河ビルヂング101
JR目黒駅より徒歩4分
03-6417-9158
17:00~25:00

 

3・伊勢角屋麦酒 八重洲店(東京)

このクラフトビールがすごい! “目利き”水代優がすすめる3銘柄&4飲食店

18年8月にオープンした、海外で評価を得る伊勢角屋のクラフトビール全13種が飲める東京で唯一の店舗。松阪牛や伊勢海老など、三重ならではの素材を生かした郷土料理も楽しめる。

このクラフトビールがすごい! “目利き”水代優がすすめる3銘柄&4飲食店

今回クラフトビールのベスト3を真面目に考えたとき、全部伊勢角屋でも良いか、と思うくらい大好きな伊勢角屋のビールが10種類以上飲める店。究極のキレを感じる「ゴールデンドラゴン」。ホップの香りがどこまでも続く「ステイゴールドIPA」。ハーブの香りからガツンとした苦味が続いて、最後にキレを感じる「イナズマIPA」。ホップの複雑さ、ホップの香りを楽しめる「ラッシュホップIPA」……とにかくいろんなホップのうまさ、楽しさを体験してください!

|| 店舗情報 ||
東京都中央区八重洲1-4-16 東京建物八重洲ビル B1F
JR・東京メトロ 東京駅より徒歩5分/東京メトロ 日本橋駅より徒歩3分
03-3281-2300
月-金 11:30-15:00 17:30-23:30 土 17:00-23:00(日・祝は定休)

 

4・HATOS BAR

このクラフトビールがすごい! “目利き”水代優がすすめる3銘柄&4飲食店

様々な人たちの憩(いこ)いの場を目指して始まったバー。国産からアメリカ産まで、豊富なクラフトビールがそろうほか、アメリカンスタイルのバーベキューが人気。オンラインストアでは、クラフトビール、Tシャツ、雑貨などを販売する。

このクラフトビールがすごい! “目利き”水代優がすすめる3銘柄&4飲食店

客同士のあたたかでウィットに富んだ会話や、店全体に流れる陽気でポジティブな空気など、「サード・プレイス」の理想を体現したようなお店。ビール好きはもちろん、音楽やアート、クラフト好きの人にも強くすすめたい。看板メニューは「BABY BACK RIB」ですが、コールスローやポークベリー、自家製ソーセージは絶品なので、マストで頼むべし!

|| 店舗情報 ||
東京都目黒区中目黒1-3-5 プリンスコーポ106
東横線「中目黒」駅より徒歩4分、「代官山」駅より徒歩5分
03-6452-4505
月曜日-土曜日 18:00 – 25:00
定休日:日曜日

PROFILE

水代 優

1978年生まれ。愛媛県出身。2002年より株式会社イデーにてカフェやライフスタイルショップの新規出店を数多く手掛ける。2012年にgood mornings株式会社を設立。東京・丸の内や神田、日本橋浜町を始め、全国各地で「場づくり」を行い、地域の課題解決や付加価値を高めるプロジェクトを数多く仕掛ける。

“ビジネスカジュアルの究極形” 都会的なデザインと機能性を兼備する「UNIVERSAL PRODUCTS」

トップへ戻る

ビール目当てで来場するファンも多い! 横浜DeNAベイスターズのクラフトビールがすごい!

RECOMMENDおすすめの記事