小川フミオのモーターカー

デザインや“遊び”に振った狙いは良かった惜しいクルマ いすゞ・ミュー

デザインや“遊び”に振った狙いは良かった惜しいクルマ いすゞ・ミュー

懐かしいボディーカラーの「ソフトトップ」タイプ

いすゞ自動車は、いまは乗用車づくりを止めてしまったが、1990年代初頭は、とりわけSUVのジャンルで意欲作が多かった。89年に発売された「ミュー」はいい例だ。

ミューがおもしろいのは、専門用語でいうところのパッケージングだ。全長4135mmと短いのに対して、全幅が1780mmと広めなのだ。

ボディーデザインも凝っていて、太いBピラーによって、2ドアであることを強調。ボディーパネル(英語だとウィングと呼ぶ部分)をぼこっと張り出させるブリスターフェンダーを採用して、パワフルな印象を強く打ち出している。

デザインや“遊び”に振った狙いは良かった惜しいクルマ いすゞ・ミュー

「ソフトトップ」タイプは、Bピラーから後ろをオープンに出来るファンカーとして企画された

フロントマスクは主市場だった北米の規格に合わせたヘッドランプなど、実用性を重んじていたものの、ボディーと同色のパネルを使うグリルまわりの仕上げなどで、クリーンでありながら、うまく個性を出している。

90年前後といえば自動車メーカーに資金的余裕がまだまだたっぷりあった頃だ。ミューのボディーバリエーションも凝っていた。ボディーの後ろ半分に合成樹脂製のカバーを取り付けた「ハードカバー」と、幌(ほろ)がついた開放感たっぷりの「ソフトトップ」の2タイプがあり、2シーターであることを意識させつつ、実用でなく“遊び”に強く振った設定だった。

この頃のいすゞが企画したクルマは、どれもいま出しても充分通用しそうなものが多い。コンパクトで取り回しがよく、それなりに迫力のあるスタイリングで、ディーゼルエンジンで4輪駆動という実用性。そのように、ミューの特徴をあげていくと、当時いすゞにもっと販売力があれば、ミューも売れただろうと思うのだ。

いすゞ・ミュー

「ハードカバー」はいかにも米国でウケそうな企画だ

いすゞ・ミュー

さまざまなオプションが用意されていた

走りのほうはというと、はっきり言っていま一つだった。エンジンは当初は2.6リッター直列4気筒ガソリンだったが、90年に2.8リッター直列4気筒ディーゼルターボに載せ替えられた(ハードカバータイプにはガソリンエンジンが残された)。

ディーゼルエンジンは、商用車の製造がメインのいすゞにとって得意とする分野で、トルクもたっぷりあったが、どちらかというと、オフロード用のパワートレイン(4WDには副変速機も備わっていた)で、オンロードでは加速が悪くて、かったるかったのだ。

いすゞ・ミュー

90年に追加された「メタルトップ」タイプ

いすゞ・ミュー

機能主義的でおもしろさはあまりないダッシュボード

すぐれた製品は、企画、開発、販売などすべてがそろってはじめてヒットする。日本に大きなパーソナルカーの市場があって、いすゞがもう少しいいエンジンを持っていて、販売店が魅力をうまく訴求できていれば、ミューはもっと売れただろう。ダメだったわけではない。少しずつズレていたのだ。惜しいクルマである。

(写真=いすゞ自動車提供)

PROFILE

小川フミオ

クルマ雑誌の編集長を経て、フリーランスとして活躍中。新車の試乗記をはじめ、クルマの世界をいろいろな角度から取り上げた記事を、専門誌、一般誌、そしてウェブに寄稿中。趣味としては、どちらかというとクラシックなクルマが好み。1年に1台買い替えても、生きている間に好きなクルマすべてに乗れない……のが悩み(笑)。

米国でも日本でも愛された、完成度の高い4駆 2代目ジープ「チェロキー」

トップへ戻る

レクサス30年の歩みを振り返る 初代から変わらない「核」とは

RECOMMENDおすすめの記事