食通・マッキー牧元さんが思わず笑った三つの絶品料理

アンジャッシュ渡部建さんのグルメ師匠と言われる食通・マッキー牧元さんが、日々開拓している飲食店の中から、とびきりおいしい料理を紹介する連載「うまいはエロい」。その中から、味や素材が素晴らしくて思わず笑ってしまったという逸品が登場する、三つの記事を紹介します。

<1> 弾力が尋常じゃない! エビフライ好きにはたまらない店「Ab・de・F」

食通・マッキー牧元さんが思わず笑った三つの絶品料理

北品川の「Ab・de・F(エビデフ)」はエビフライを主役に据えた店。大きくて立派なエビフライをかめば、プリップリッと弾(はじ)け、甘い香りが湯気となって鼻をくすぐります。

頭にはミソがたっぷりと詰まっていて、マッキーさんもにんまり。まずは素のままで食べて、次に塩や好みのソースで食べるのがオススメだとか。エビフライ好きの人は一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

▼記事はこちら
エビフライ好きにはたまらない店「Ab・de・F」 食欲があおられ、鼻息が荒くなり、上気する……

<2> うますぎて笑うしかない “日本一”のハヤシライス(オー・プロヴァンソー)

食通・マッキー牧元さんが思わず笑った三つの絶品料理

「一口食べて、力が抜けた。体中の筋肉が弛緩(しかん)して、へなへなとなっていく。顔は崩れ、一人だらしない顔をしてほほ笑んでいる」

こんな書き出しで始まるオー・プロヴァンソーの紹介記事。上質な和牛と、たっぷりの赤ワインやベルモット、香味野菜、フォンドボーなど、ソースで魅了する“フランス料理の意地”が詰まったハヤシライスは、食通のマッキーさんも驚くおいしさ。

▼記事はこちら
うますぎて笑うしかない つやと気品に満ちた“日本一”のハヤシライス

<3> 「無聊庵」の“変態的”なラーメン 札幌で出合った圧巻の一杯

食通・マッキー牧元さんが思わず笑った三つの絶品料理

マッキーさんが、「いま札幌で最も面白いラーメン」と評価する「高級麺料理 昼膳 無聊庵(ぶりょうあん)」の一杯。メニューを見れば、ホゲット(マトンとラムの間の肉)、エゾジカ、キャビア、ウニ、長芋、山わさびなどラーメンとは思えぬ食材名がずらり。

一口食べたマッキーさんは、「これはもはや麺料理ではない、北海道の凜々(りり)しき大地である」と感動。豊かな味わいに笑顔が止まらなくなったそうです。

▼記事はこちら
札幌でラーメンを食べるなら? 「喜来登」「高級麺料理 昼膳 無聊庵」で味わう圧巻の一杯

連載情報

マッキー牧元 うまいはエロい
アンジャッシュ渡部建さんのグルメ師匠と言われる食通・マッキー牧元さん。日々開拓している飲食店の中から、とびきりおいしい一皿を”官能的”に紹介します!(隔週火曜日更新)

映画の世界さながらの雰囲気に興奮 シャッター押す手が止まらないシカゴの旅

トップへ戻る

“映える”写真を撮るために、あえて「夜」というシチュエーションを提案したい

RECOMMENDおすすめの記事