めぐり、めぐって純喫茶

そのお店には海がある 真心つまった「純喫茶マリーナ」のナポリタン

昭和の香りただよう純喫茶には、そのお店ならではのストーリーや、おいしいコーヒー、そして食事があります。ともに1996年生まれの俳優・見津 賢と写真家・ヨシノハナが、東京のさまざまな純喫茶をたずねる本連載、第一回は押上の「純喫茶マリーナ」です。

そのお店には海がある 真心つまった「純喫茶マリーナ」のナポリタン

2000年以降のコーヒーブームにより、東京には急激に、新しいカフェやレストランなど飲食店が増えています。その一方、いわゆる「純喫茶」や「サ店」と呼ばれる昔ながらの喫茶店は今、どんどんと姿を消しています。

そもそも、純喫茶ってなんだと思いますか? ウィキペディアには「酒類とホステスを供給する”特殊喫茶店”と区別するため、本来の喫茶店との意味で“純喫茶”と呼ぶようになった。スナック等の酒場との差別化のためであったとされる」と書かれています。けれど、本連載で紹介する純喫茶は、この定義には当てはまりません。

むしろ、お酒が飲める純喫茶もあれば、ジャズなどの生演奏をするお店もある。純喫茶はお客さんの需要によって、そのアイデンティティーはそのままに、長い年月をかけて変わってきたのです。「昭和のレトロな感じ」と「おいしい食事」。その魅力を持つ純喫茶を、96年生まれの僕目線で紹介したいと思います。

ソファに染みついた新聞紙やたばこのにおい、一つ一つ違う種類のコーヒーカップ、レジ横の黒電話、僕にとっては、そのすべてが新鮮。幼少期、祖父の家に遊びに行くと、決まって近くの純喫茶に連れて行ってくれました。そこでハンバーグセットとガムシロップたっぷりの、ミルクティーを頼むことが楽しみだった。

だけど、コーヒーを飲めるようになった年頃に、久しぶりにそのお店をたずねてみると、真新しいチェーンのカフェに変わっていて、どこか寂しい気持ちになりました。純喫茶にはそのお店と、通うお客さんにとっての思いや歴史が詰まっている。その魅力に触れていたいと思い、いまもずっと、純喫茶に通い続けています。

 

下町の名店 押上から歩くと見えてくる「純喫茶マリーナ」

そのお店には海がある 真心つまった「純喫茶マリーナ」のナポリタン

喫茶店の軽食といえばなんでしょうか。ぼくは真っ先にナポリタンが頭に浮かびます。ナポリタンは、戦後の日本で創作された日本風パスタ料理で、洋食屋や喫茶店で広まっていったと言われています。つまり、喫茶店を紹介するうえでナポリタンを外すことは出来ないのです!……という個人的な見解から、東京のナポリタンがうまい喫茶店をご紹介。まず訪れたのは、スカイツリーが立つ押上と今も残る昭和の下町・曳舟、その中間にある「純喫茶マリーナ」。

駅から10分ほど歩くと、お店の前にはオレンジ色の看板。となりのイラストは明らかに店名を連想させる「舵輪(だりん)」ですね。

そのお店には海がある 真心つまった「純喫茶マリーナ」のナポリタン

もしや、このオレンジはナポリタンをイメージして……? さらに入り口には食品サンプルのショーケース。食品サンプルがあったり、外看板がかわいかったりする純喫茶は、それだけで心が躍ります。

そのお店には海がある 真心つまった「純喫茶マリーナ」のナポリタン

店内に入るなり、マスターと奥様が快くお出迎え。真っ先に目に入ったのは看板にもあった、大きな舵輪です。かわいい。こういう遊び心もまた、魅力のひとつです。

純喫茶マリーナは食事メニューの多さでも有名なんだけど、一番人気はやっぱりナポリタン、さっそく注文してみます。「のぞいてみな」とマスターが言うので、作るところまで見せてもらいました。

そのお店には海がある 真心つまった「純喫茶マリーナ」のナポリタンそのお店には海がある 真心つまった「純喫茶マリーナ」のナポリタン

大きなフライパンで具と麺を踊らせるように炒める。これは麺の両面をしっかりと焼くためで、茹(ゆ)で時間も通常よりかなり長く茹でるそう。その方がソースの味がしっかり染みるんだとか。完成、の手前にもうひと炒め。これがマスターいわく、「真心を込める作り方」だそうです。それにしてもいい匂いと音だなあ……。最後に熱した鉄板に乗せて完成。

そのお店には海がある 真心つまった「純喫茶マリーナ」のナポリタン

きました! アツアツの鉄板に乗った真っ赤なナポリタンです! この見た目はずるい。さあ実食。

そのお店には海がある 真心つまった「純喫茶マリーナ」のナポリタン

うまい、うますぎる。長めに茹でられた太麺が食べ応え満点。具材はピーマンと玉ねぎ、ハムのみで、ソースには業務用の缶のケチャップを使用。このほうがおいしくなるんだとか。味がよく染みていて酸味と甘みのバランスがとても良い。熱した鉄板に乗せてあるから、食べ始めと食べ終わるころの、食感の変化も楽しめます。

そのお店には海がある 真心つまった「純喫茶マリーナ」のナポリタン

食べながらマスターに店名の由来を聞きました。「自分は長野県出身で、海を知らなかった。学生の頃、修学旅行で初めて日本海に行ったとき、汽車の車窓から見た海が忘れられなくて。だからお店を開くと決めた時、『純喫茶マリーナ』しかないと思ったんです」

そのお店には海がある 真心つまった「純喫茶マリーナ」のナポリタン

なるほど、看板やこの内装にはマスターの海に対する思いが込められているんだな。とてもすてきです。

そのお店には海がある 真心つまった「純喫茶マリーナ」のナポリタン

さらに窓際の席に座る、常連らしき女性二人にもお話を聞いてみると、「今日は久しぶりに来たんですよ。前は子ども会の帰りに保護者たちで一緒に来ていて、今は子どもが大きくなってしまったから、今日は本当に久しぶりで」

「食べ物は昔から、来るたびに壁に貼ってあるメニューが増えていましたね(笑)。私たちはやっぱり、ナポリタンを頼んで、デザートにはコーヒーゼリー。近所にあるし、過ごしやすくて落ち着くからすごくいいところですよ」

そのお店には海がある 真心つまった「純喫茶マリーナ」のナポリタン

このお店には、近所に住む人や遠くから来る人もたくさんいて、ほとんどの方がナポリタンを頼むそうです。ナポリタンがおいしいお店として、たくさんの人たちから愛されているんだなあと、心がホッとしたところで最後に、自家製フルーツパフェを頂きました。見た目がかわいくて、ついぼくも写真を撮ってしまった……。クリームとバニラアイスの甘さにフルーツの酸味がよく引き立っています。大満足。

そのお店には海がある 真心つまった「純喫茶マリーナ」のナポリタン

帰り際、マスターと奥様が「待ってるから、またいつでもいらっしゃい」といってくれました。みなさんもぜひ、長年愛されるここ純喫茶マリーナで、アツアツのナポリタンを食べてみては?

そのお店には海がある 真心つまった「純喫茶マリーナ」のナポリタン

(ナポリタン 750円、パフェ 700円、アイスコーヒー 450円)

純喫茶マリーナ
東京都墨田区向島2-10-2 メイゾン向島 1F
TEL 03-3625-8838
営業時間:8:00~21:00
※土日祝日は8:00~17:00
休業日:不定休

 

そのお店には海がある 真心つまった「純喫茶マリーナ」のナポリタン

(文・見津 賢 写真・ヨシノハナ)

 

ナポリタンがおいしいお店 ラインナップ

①押上 純喫茶マリーナ 9/19公開

②神保町 ラドリオ 9/26公開

③笹塚 南蛮茶館 10/3公開

関連記事

第三回 笹塚の商店街で見つけた「南蛮茶館」 画家のマスターが持つこだわり

第二回 第変わりゆく町で変わらないもの 神保町「ラドリオ」で本とナポリタンを楽しむ

PROFILE

  • 見津 賢

    1996年神奈川県出身、青山学院大学理工学部卒業。在学中に始めたモデル活動をきっかけに芸能界に入る。現在はCMやドラマ、映画などに出演している若手俳優。

  • ヨシノハナ

    1996年東京都出身。東京造形大学デザイン学科写真専攻を今年3月に卒業。 元フォトグラファーの父の影響で写真を始める。 雑誌やファッションブランドのルックを撮影するほか、個展など多方面で活動している新進気鋭の写真家。

トップへ戻る

変わりゆく町で変わらないもの 神保町「ラドリオ」で本とナポリタンを楽しむ

RECOMMENDおすすめの記事