小川フミオのモーターカー

買いやすい価格の国民車は“400万円”超え? トヨタ・パブリカ

トヨタ自動車の原点的なクルマである。後継車を生んでいったという意味で原点的なモデルは「カローラ」や「クラウン」だろうが、カローラに先んじること5年の1961年に発売された「トヨタ・パブリカ」は忘れがたい。

(TOP写真:車名の公募を実施し、1961年6月に「パブリカ」の名称で発売)

すでにご存じのひとが多いと思うけれど、パブリック+カーの合成語を車名にしたパブリカ誕生の背景には、通商産業省(当時)による、「国民車育成要綱案(国民車構想)」(55年)があった。

トヨタ・パブリカ

ホイールベースは2130ミリで、車重は580キロとコンパクト

少しだけ内容を説明すると、目的は、多くの人に自動車を所有する機会を与えると同時に、日本の自動車産業の育成を目指したもの、とされている。

低価格、定員、高速性能、そして排気量といった要件があげられていて、各社の提案を集めてそこから1モデルを選び、国の財政資金を投入する計画だった(実行されていない)。

トヨタ・パブリカ

後席用のウィンドーは巻き上げ式でもスライド式でもなく、上にヒンジがついている

これに熱心に取り組んだメーカーもあったが、トヨタは検討の結果、脱落(というか「不可能」とした)。ただし並行して、フロントエンジンで前輪駆動という、当時としては画期的なメカニズムのスモールカーを開発していた。

パブリカは、その前輪駆動モデルの開発計画が頓挫したことから、従来どおり後輪駆動として開発されたのである。ただし、小型エンジンなどコストを抑えて、一般の人が買いやすいように配慮した。

トヨタ・パブリカ

空冷エンジンに対してグリルの開口部は大きく見える(冬場は冷えすぎなかったろうか)

一般公募の中から選んだ車名に、そのコンセプトが表れている。国民車構想で盛り上がった世間の熱気も発売の追い風になったはずだ。

当初700ccの空冷水平対向2気筒と、まるで仏シトロエン2CVを思わせる小型軽量エンジンを搭載し、価格は38.6万円で話題になった。当時のクルマとしては比較的低価格だったからだ。大卒の初任給が1万8000円程度だったので、現在なら、20万円に対して428万円と単純計算される。

トヨタ・パブリカ

大人4人が乗れるパッケージング

自動車史を読んでいると「買いやすい価格にそこそこの性能で販売も好調だったうんぬん」と書いてあることが多い。それに対して、トヨタ博物館のホームページではパブリカを評して下記のように書く。

「最初から大衆向け実用車としての極めて合理的なフォーマットを踏襲したもので、技術的にもスタイリングにおいても注目できるものであった。ところが、高級志向が強まりはじめたニーズとは噛(か)み合わず、商業的には予想外であった」

予想外とは、期待ほどは売れなかったということだ。66年にカローラが大ヒットしたあと、パブリカは作り続けられたが、エンジンは800ccに排気量を上げ、さらに993ccの水冷4気筒の追加もある。フロントマスクも、カローラの姉妹車のようなクロムの派手なものへと変わった。

開発中のパブリカの試作車

開発中のパブリカの試作車

私が小さな頃、1960年代前半は、東京の町にパブリカがけっこう走っていた。友人のお父さんが持っていたクルマに乗せてもらったこともある。

全長が3520ミリしかないうえに、威圧感のないデザインで、かわいいクルマという印象だった。私は子どものときから、クルマのディテールが好きだったので、パブリカの水滴型のテールランプがとても印象に残っている。人間味のある造形だったからだろう。

【スペックス】
車名 トヨタ・パブリカ
全長×全幅×全高 3520×1415×1380mm
エンジン形式 697cc空冷水平対向2気筒
最高出力 21kW(28ps)@4300rpm
最大トルク 5.4mkg@2800rpm

(写真=トヨタ自動車/トヨタ博物館提供)

PROFILE

小川フミオ

クルマ雑誌の編集長を経て、フリーランスとして活躍中。新車の試乗記をはじめ、クルマの世界をいろいろな角度から取り上げた記事を、専門誌、一般誌、そしてウェブに寄稿中。趣味としては、どちらかというとクラシックなクルマが好み。1年に1台買い替えても、生きている間に好きなクルマすべてに乗れない……のが悩み(笑)。

「ハーレーを1馬力でも上回る」 ホンダ・ドリームCB750 FOUR

トップへ戻る

重厚感増したステアリングとディーゼル・ターボの加速感が好印象 VWゴルフTDI試乗リポート

RECOMMENDおすすめの記事