インタビュー

俳優・オダギリ ジョー「うそをつかない、無理をしない」ことを貫いてきた

2006年に深夜枠で放送され、カルト的な人気を集めたコメディー・ドラマ『時効警察』。「時効事件を趣味で捜査する」というユニークな設定のもと、主演のオダギリ ジョーがヒロインの麻生久美子らと繰り広げたシュールな掛け合いや、ちりばめられた小ネタは、視聴者の心を強くつかんだ。細部まで作り込まれた小道具やファッションにも注目が集まり、シリーズ化や映画化を望む声が続出。それに応えるかたちで翌年、『帰ってきた時効警察』が続編として放映されたものの、その後は新たな発表がなされることもなく、12年の月日が過ぎていた。

その『時効』シリーズが2019年、『時効警察はじめました』として久々に復活する。前作に引き続き、主人公の霧山修一朗を演じるオダギリ ジョーに、現在の心境や、自身の「美学」について語ってもらった。

 

12年前の作品を「今」始めることの必然性

俳優・オダギリ ジョー「うそをつかない、無理をしない」ことを貫いてきた

オダギリ演じる主人公・霧山修一朗と、ヒロインでツッコミ役の三日月しずか(麻生)のコンビが、趣味で時効事件の捜査に挑む一話完結のストーリー。2007年の番組終了から12年を経て、霧山が再び戻ってくる。オファーを受けた際、不安はなかったのか、それとも楽しみのほうが大きかったのか。

「不安と楽しみ。当然、二つの感情は別物だけど、同時に存在しました。今回、またやりませんかと言ってくださった三木聡監督や、テレビ朝日には感謝していますし、復活を待ってくれていたファンの方々の存在もありがたかった。その反面、『なぜ今作るのか』という必然性を持たなければ、やる意味がないとも思いました。そこに唯一の不安がありましたね」

「実は、『時効警察』は二作目で終わりにしようという『暗黙の共通認識』が、放送していたときからずっとあったんですよ。このままきれいに終わらせようという『引き際の美学』が、僕と三木監督、プロデューサー陣の中であって。人気番組でしたし、良いときに終わったほうがきれいに残るじゃないですか」

2010年に同じ枠で放送されたドラマ『熱海の捜査官』で、三木監督と再びタッグを組むことになる。それは、「『時効警察』ではない、新しいものを作ろう」という思いから生まれた作品だった。

俳優・オダギリ ジョー「うそをつかない、無理をしない」ことを貫いてきた

「このタイミングで復活することになったのは、かつてあった『暗黙の共通認識』という壁を誰かが壊したからですよね。それはもちろん三木監督が壊すしかないんですが(笑)。この作品を作ってくれた人ですから。三木監督が新しく作りたいものがあるなら、壁は壊れてしかるべきという気持ちでしたね。『熱海の捜査官』以来、9年ぶりにお会いすることになって、お茶を飲みながらというかたちでしたけれど、殺人事件の時効が廃止された後の時代のドラマとして、どう成立させるかなどを話しました。なんで今なのか、みたいな話も」

「おそらくですけど、それは三木監督にとって『本当にスタートしていいんですね?』という確認の場だったと思うんですよ。僕も『本当にやるんですね?』と、お互いの意思を確認した上で面白い作品を作りましょう、という合意の場だったと思います。内容をどうするかというよりは、こんな話が面白いんじゃないか? というような、アイデアを膨らませる方向の話をしたのは覚えています。たとえば、時間を少しさかのぼって、時効が廃止された最後の日のことを描いてみるのはどうか、とか。三木監督とは、そんなかたちでの再会でした」

前作以降、共演する機会がほとんどなかったという「時効警察チーム」。今回も岩松了やふせえり、江口のりこといった個性的な面々が、撮影現場に再集結した。オダギリはリハーサルで久しぶりに集まった瞬間を思い出しながら、こう語った。

「最初、もちろん『お久しぶりです』から入るのですが、一度会話が始まるとあの頃のままで、誰も何も変わっていない。びっくりするほどの早さで、当時に戻れた感覚がありました」

 

オダギリ ジョー、麻生久美子の化学反応で生まれる作品

俳優・オダギリ ジョー「うそをつかない、無理をしない」ことを貫いてきた

最新作では、霧山が総武警察署(架空の警察署)からFBIに出向し、帰任したタイミングで物語が始まる。演じる上で、霧山の変化をどう表現しようとしたのか。

「うーん……あえて作り込む必要はないかなとは思いました。さっき、12年ぶりに時効チームに会ったのに、すぐ当時に戻れたという話をしましたよね。同じように、いくらFBIに行っていたとしても、三日月が結婚・離婚をしていても、一度あのセットに帰ってくると、自然と昔に戻れたんですね。霧山も、僕も。意外と人って、そんなに変わるものじゃないのかもしれませんね」

「麻生さんも、撮影が始まれば『霧山が好きな三日月』に戻るし、霧山、三日月ではあるけど、その前に、オダギリ、麻生ということも変わらない。もともとの二人の化学反応が色濃く出る作品なので、僕たちの芝居も、日常の会話からなど、結局は二人からしか生まれないものです」

かつて行われたオダギリ・麻生対談の中で、撮影の合間の二人を「兄妹みたい」と形容した人がいた、という話をオダギリはしていたが、その関係性は、演技にどのように生かされているのだろうか。

「僕が麻生さんの生態にすごく興味を持っているんです(笑)。それは人間性だったり、センスなど内的なものから、外的な表情やくせに関してまで。たとえば、彼女の言葉のセンスからは、盗めるものがたくさんある。そういうものを集めて芝居の中によく入れ込んでいますよ。三日月を見てみるとすぐに分かりますが、ツッコミ役なのにあんなにボケが面白い人はいないです(笑)。僕にとっては麻生さんに対しての興味が尽きない限り、このコンビはずっと成立し続けると思います」

「その上、麻生さんは何でもできるんですよ。どんな返しもできる。僕のむちゃ振りに対しても絶対に応えてくれるし、想像より面白いものが確実に返ってくる。感受性という意味でも、ものすごい反射神経ですし、ほかに見当たらない『逸材』です。三木監督も、初期の段階では三日月のキャラクターを今とは違うところに置いていたと思うんですけど、いつの間にか麻生さん本人のキャラクターに引っ張られた部分は大きいと思います。個人の意見ですが、『時効警察』シリーズは、それぞれの監督が麻生さんをどう料理していくか、そういう作品だと捉えています」

 

原点にはカウンターカルチャーの精神が

俳優・オダギリ ジョー「うそをつかない、無理をしない」ことを貫いてきた

『時効警察』といえば、霧山の私服に注目するファンも多い。前作までは60年代に流行した「モッズカルチャー」由来の服を着ていたが、今回はアメリカ帰りという設定もあって、衣装にも変化が。

「当時のモッズ・ファッションもそうですが、衣装に関しては、スタイリストの西ゆり子さんや三木監督との打ち合わせを重ねて決めています。基本的な流れとしては、西さんが三木監督のイメージをまとめて、衣装を集めてくれて、その中から僕が選んで着てみる、という感じですね」

「最新作では衣装や髪形にしても、三木監督は『過去作品を無視してもいいと思う』とおっしゃっていたんですね。だから、『FBI帰りなので、アメリカ的なものにしましょうか』という会話から、今の方向性に決まっていきました。途中、ブルゾンなどのアイデアもありましたが、やはり霧山は前回同様、少し丈のあるコートに落ち着きました」

俳優・オダギリ ジョー「うそをつかない、無理をしない」ことを貫いてきた

霧山だけでなく、オダギリ自身の服装も注目されている。アバンギャルドとも形容できるファッションで、雑誌の表紙をかざることも多くなった。

「僕の服装ですか? アバンギャルドとも言えますが、実はパンクのほうなんです(笑)。昔からなんですけど、とにかく、はやっているものが嫌いで。ファッションも音楽も映画も、『はやっている』だけで避けたくなるんですよ。世の中で何かがもてはやされると、その逆に行こうとしていました。たとえば、ヒットチャートにある曲は絶対に聴かない、とか。このカウンターカルチャーの精神が、自分のファッションの原点みたいなものだと思います」

「髪形も、何が面白いのか、ということをしていたんでしょう(笑)。世の中で、はやっているか、はやっていないかではなく、『自分にとってかっこいいか、かっこよくないか』を大切にしているんですね。『これって、かっこいい? かっこわるい? いや、これもありでしょ!』と主張したい。10年ほど前に髪の毛を片方だけ刈り上げていたのも、そういう髪形をしている人がいなかったので、アイデアとして提案したかったし、世に問いかけたかったんだと思います(笑)」

 

気分が乗らないのに無理して作っても、面白くはならない

俳優・オダギリ ジョー「うそをつかない、無理をしない」ことを貫いてきた

作中の霧山には、独特の美学がある。それは「捜査は趣味なので公言しない」「誰にも言いませんよカードを渡す」といった犯人に対する姿勢や、「日曜日にはメガネをかけない」というような不思議なこだわりだ。演じるオダギリ自身は、どんな「美学」を持っているのだろう。

「霧山、ありますね。白いご飯しか食べないとか。僕は、美学と言えるか分かりませんが、無理をしないことを大切にしています。たとえば、本当はクエスチョンが残るのに受けてしまうような仕事。結果的に、無理が出てきますよね。それが嫌だから、少しでもクエスチョンがあるものは受けません。もしくは、疑問が解消されるまで、とことん話し合います。無理をすることを自分に課したくないので、気が乗らないものは受けないし、やらない。それをずっと大切にしていて、仕事の選び方という意味では、この世界に入ったときから変わっていませんね」

「気分が乗らないものを無理して作っても、面白くはならないと思うんです。無理をすると結局、しわ寄せがくるじゃないですか。できるだけ、自分にうそをつかないことが大切な気がしますけどね。じゃないと、うそをうそで重ねて、ごまかして……という悪循環になる。そうすると、無理をしなければ溝が埋まらなくなる気がするんです。そういうのって、一番かっこよくないと思いませんか?」

「だから、僕はうそをつかないようにしています。人との関係においても、本当だったら言うべきじゃないことも、嘘をつきたくないから言ったりする。その場でごまかしても結果的にいい方向には進みませんし、多少、相手を傷つけることになったとしても、それを言える関係性のほうが健全ですよね。長年、ヘアメイク、スタイリスト、マネジャー、事務所のみなさんもそうですけど、結構傷つけてきたと思います(苦笑)。余計なうそをつけないので。でも僕は、それこそが信頼関係を作るうえで、一番大事なことだと思うんです」(文中敬称略)

俳優・オダギリ ジョー「うそをつかない、無理をしない」ことを貫いてきた

(文・岡本尚之 写真・玉村敬太)

金曜ナイトドラマ『時効警察はじめました』 
テレビ朝日系2019年10月11日スタート
毎週金曜 夜11時15分放送(※一部地域を除く)

番組公式HP  https://www.tv-asahi.co.jp/jikou2019/

関連記事

『時効警察はじめました』出演の内藤理沙 家族ケンカの原因になった“大人の役”に「また挑戦したい」

映画『見えない目撃者』で殺人鬼を追うコンビ 吉岡里帆×高杉真宙がしびれたカッコいい人

47歳の朝原宣治、再び100M10秒台への挑戦。マスターズで世界の頂点へ

一覧へ戻る

「ほかの誰かが見ている世界を知りたい」又吉直樹 初の長編小説『人間』でたどり着いた新境地

RECOMMENDおすすめの記事