ベルルスコーニ元首相をモデルに、権力への執着と愛の挫折を描く 映画『LORO 欲望のイタリア』試写会へご招待 

スキャンダルにまみれたイタリアの元首相シルヴィオ・ベルルスコーニをモデルに、ひとりの男の勝利への願望、権力への執着、愛の挫折を描く映画『LORO 欲望のイタリア』が、11月15日(金)に公開される。

監督は、『グレート・ビューティー/追憶のローマ』『グランドフィナーレ』など、圧倒的な映像美で人生の甘美と悲哀を描き、21世紀の映像の魔術師とも呼ばれるイタリアの名匠パオロ・ソレンティーノ。

公開に先立ち、10月31日(木)に東京・九段下で行われる試写会に、&M読者の皆さん10組20名様をご招待します。

応募フォームはこちら(「&M」のツイッターアカウント(@asahi_and_M)をフォローの上、ご応募ください)。締め切りは10月20日(日)。

ベルルスコーニ元首相をモデルに、権力への執着と愛の挫折を描く 映画『LORO 欲望のイタリア』試写会へご招待 

『LORO 欲望のイタリア』11/15(金)よりBunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開 ©2018 INDIGO FILM PATHÉ FILMS FRANCE 2 CINÉMA RESERVED

2006年、失脚したベルルスコーニは、首相の座に返り咲くときを虎視眈々(こしたんたん)と狙っていた。政治とカネ、マフィアとの癒着、職権乱用とさまざまな疑惑が追及され、プライベートでもスキャンダルが発覚するが、それらすべてに対してどこ吹く風。燃え尽きることなき野心と共に、怪物がもう一度動き出した――。

試写会詳細

■日時:10月31日(木)18:00開場/18:30開演(上映時間:157分)
※漫画家のヤマザキマリさんのトークイベント予定
■会場:イタリア文化会館 アニェッリホール(九段下)
(東京都千代田区九段南2-1-30 九段下駅(2番出口)から徒歩 10分)
■招待人数:10組20名(抽選)
■締め切り:10月20日(日)
■参加ご希望の方は、こちらの応募フォームよりご応募ください。

発表はご当選状の発送をもってかえさせていただきます。当選状の記載をご確認の上、持参してご来場ください。
※トークショーを実施予定です。会場内ではマスコミ各社の取材による撮影の可能性があり、テレビ・雑誌・ホームページ等にて放映・掲載される場合がございます。ご了承くださいませ。
※本作はR15+作品になります。
※消防法の規定により、満員の際および開演後のご入場はいかなる理由があってもお断りさせて頂きます。
※ご当選状をご提示いただけない場合は、ご入場をお断りさせて頂く場合がございますのでご了承下さい。
※場内での飲食は禁止となります。
※ご当選状の譲渡・売買行為、および試写中の撮影・録音は違法ですのでご注意下さい。

ベルルスコーニ元首相をモデルに、権力への執着と愛の挫折を描く 映画『LORO 欲望のイタリア』試写会へご招待 

©2018 INDIGO FILM PATHÉ FILMS FRANCE 2 CINÉMA RESERVED

映画『LORO 欲望のイタリア』

11/15(金)よりBunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー

監督:パオロ・ソレンティーノ
出演:トニ・セルヴィッロ、エレナ・ソフィア・リッチ、リッカルド・スカマルチョ
撮影:ホン・ギョンピョ 音楽:チョン・ジェイル
2018年/イタリア/イタリア語/157分/カラー/シネスコ
原題:Loro/英題:Them/日本語字幕:岡本太郎/配給:トランスフォーマー
R15+

公式HP:transformer.co.jp/m/loro/

©2018 INDIGO FILM PATHÉ FILMS FRANCE 2 CINÉMA RESERVED

ベルルスコーニ元首相をモデルに、権力への執着と愛の挫折を描く 映画『LORO 欲望のイタリア』試写会へご招待 

©2018 INDIGO FILM PATHÉ FILMS FRANCE 2 CINÉMA RESERVED

ポゼスト・シュー スケートボードに「取りつかれた」男が生み出した技ありスリッポン

トップへ戻る

プリクラからVRまで。kawaiiにまつわるテクノロジーは進化する

RECOMMENDおすすめの記事