今年度カンヌ国際映画祭で最高賞を受賞! ポン・ジュノ監督最新作『パラサイト 半地下の家族』日本初の試写会へご招待 

歴史的快挙! 審査員満場一致で受賞!

クエンティン・タランティーノ、ジム・ジャームッシュら名匠の話題作を抑え、第72回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールに輝いた映画『パラサイト 半地下の家族』。特筆しなければならないのは、例年のパルムドールとは異なり、プレスを含め審査員満場一致で受賞したことである。韓国映画として初の同賞受賞もあわせ歴史的快挙を成し遂げた本作が、2020年1月に公開される。

監督は、『殺人の追憶』『グエムル-漢江の怪物-』など、世界がその才能を絶賛する若き巨匠ポン・ジュノ。世界が直面している貧富格差への痛烈な批判を、アクション、サスペンス、ユーモアとあらゆる映画の要素を融合させながらエンターテインメント作品として描き切った。

公開に先立ち、11月7日(木)に東京・渋谷で行われる日本最速で鑑賞できる試写会に、&M読者の皆さん10組20名様をご招待します。

応募フォームはこちら(「&M」のツイッターアカウント(@asahi_and_M)をフォローの上、ご応募ください)。締め切りは10月27日(日)。

今年度カンヌ国際映画祭で最高賞を受賞! ポン・ジュノ監督最新作『パラサイト 半地下の家族』日本初の試写会へご招待 

『パラサイト 半地下の家族』2020年1月、TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開 © 2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

全員失業中、“半地下住宅”で暮らす貧しいキム一家。長男ギウは、“高台の豪邸”で暮らす裕福なパク氏の家へ家庭教師の面接を受けに行く。そして兄に続き、妹ギジョンも豪邸に足を踏み入れるが……。 この相反する2つの家族の出会いは、次第に想像をはるかに超える物語へと加速していく――。

試写会詳細

■日時:11月7日(木)18:30開場/19:00開演(上映時間:132分)
■会場:ユーロライブ試写室(渋谷区円山町 1-5 KINOHAUS 2F) ■招待人数:10組20名(抽選) 
■締め切り:10月27日(日)
■参加ご希望の方は、こちらの応募フォームよりご応募ください。

発表はご当選状の発送をもってかえさせていただきます。当選状の記載をご確認の上、持参してご来場ください。
※消防法の規定により、満員の際および開演後のご入場はいかなる理由があってもお断りさせて頂きます。
※ご当選状をご提示いただけない場合は、ご入場をお断りさせて頂く場合がございますのでご了承下さい。
※場内での飲食は禁止となります。
※ご当選状の譲渡・売買行為、および試写中の撮影・録音は違法ですのでご注意下さい。

今年度カンヌ国際映画祭で最高賞を受賞! ポン・ジュノ監督最新作『パラサイト 半地下の家族』日本初の試写会へご招待 

© 2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

映画『パラサイト 半地下の家族』

2020年1月、TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開

監督:ポン・ジュノ(『殺人の追憶』『グエムル -漢江の怪物-』)
出演:ソン・ガンホ、イ・ソンギュン、チョ・ヨジョン、チェ・ウシク、パク・ソダム、イ・ジョンウン、チャン・ヘジン
撮影:ホン・ギョンピョ 音楽:チョン・ジェイル
2019年/韓国/132 分/PG-12/2.35:1/英題:PARASITE/原題:GISAENGCHUNG
提供:バップ、ビターズ・エンド、テレビ東京、巖本金属、クオラス、朝日新聞社、Filmarks
配給:ビターズ・エンド
公式HP:parasite-mv.jp
© 2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

今年度カンヌ国際映画祭で最高賞を受賞! ポン・ジュノ監督最新作『パラサイト 半地下の家族』日本初の試写会へご招待 

深川麻衣「ダメ元でいいから挑戦する」俳優一本への決意の裏側

トップへ戻る

ラリー選手権で暴れまくり 際立つ存在感の三菱ランサー

RECOMMENDおすすめの記事