LONG LIFE DESIGN

ロングライフデザインを探して d&d公開商品選定会より

僕の店、D&DEPARTMENT(以下d)は、製造されこの世に生まれ販売されて30年くらい経過しているものを中心に取り揃(そろ)えている店。ずっと長く作り、使われ続けてきたデザインを「ロングライフデザイン」と呼びますが、その専門店です。2000年に開業し、今年で19年目。お店もロングライフデザインを目指しています。

現在国内に8店舗、国外に2店舗あり、その土地ごとに長く続いているものを選び、取り扱っています。ですから店ごとに品ぞろえが変わります。富山店は富山でずっと長く続いているものを紹介、鹿児島店も同様で、デザイン目線の観光物産店のようにも見え、若い観光客のおかげでにぎわっています。

2018年11月。韓国・ソウル店で初めての公開商品選定会を行いました。店で取り扱う商品は、普段は各店でリサーチをして、実際に商品を取り寄せ、使って確かめた後、僕のところに送ってもらい、僕も実際に確かめて採用を決めています。店にある商品は全てそうしたプロセスを経て店頭に並ぶ訳ですが、この公開商品選定会は、メーカーなどから直接、お客さんもいるオープンな場に商品を持ち寄り、説明してもらって取扱商品を決めようという試みです。その2回目であるd富山店での公開商品選定会を、先日行い、約20商品を囲み、みんなで議論しました。

2018年11月に行ったd韓国ソウル店での商品選定会の様子。メーカーから個人作家まで参加。dというロングライフデザインをわかりやすくテーマにした場所で売るべき商品として、公共的観点からも、そして、ソウルらしさも、みんなで考えた有意義な時間になりました

2018年11月に行ったd韓国ソウル店での商品選定会の様子。メーカーから個人作家まで参加。dというロングライフデザインをわかりやすくテーマにした場所で売るべき商品として、公共的観点からも、そして、ソウルらしさも、みんなで考えた有意義な時間になりました

そして、ざっくりと合格ラインをクリアした会社の現場を、一社ずつお邪魔してきました。エントリーした商品以外にも実は素敵な商品が他にあるかもしれないという点と、取り扱い条件の中に「作っている現場(工場など)を一般に公開できること」という条件が満たされているか、何よりも僕自身が、この目で見てみたいという気持ちからの訪問です。

ロングライフデザインなものは、時間が証明したデザイン性、ビジネス性、そして商品に対するみんなの愛などが不可欠で、ただ、「売れている」という理由だけでは、続きません。

例えば、毎年、大きな市場に対して商品を開発している企業などは、取扱店がコンビニなどであれば、常に「新しいもの」を要求されます。残念なことに、生活のより良い改善のためということではなく、消費者が「新しいもの」に反応することを受けた、「仕方のない新商品開発」とも言えます。今の商品がどんなに素晴らしくても、全国チェーンのホームセンターが「新しいの、何かないですか?」と要求してくることに、常に対応し、少し形を変えてみたり、色を増やしてみたり、本来は必要のないものを付け足したり、キャラクターをプリントしたり……。「新しい」「新型」「NEWモデル」の大半は、最良を目指す改善以外の理由で生まれます。つまり、新しいものにメーカーも消費者も注目している激流の中で、踏みとどまって、昔から変わらないデザインを、これからも変えずに販売し続けるということがロングライフデザインを持つ、作る、売るということで、とても勇気が必要です。

崎陽軒は「みんなが持つ、駅のお弁当」という原風景をとにかく大切にし、そのビジョンを実現するため、プラスチック製容器の約10倍のコストをかけている。お弁当業界で崎陽軒が独走する理由はここにもある。

崎陽軒は「みんなが持つ、駅のお弁当」という原風景をとにかく大切にし、そのビジョンを実現するため、プラスチック製容器の約10倍のコストをかけている。お弁当業界で崎陽軒が独走する理由はここにもある。

崎陽軒は「みんなが持つ、駅のお弁当」という原風景をとにかく大切にし、そのビジョンを実現するため、プラスチック製容器の約10倍のコストをかけている。お弁当業界で崎陽軒が独走する理由はここにもある

多くのメーカーが売り上げを毎年あげるために必死になっています。消費者は新しいものを欲しがり、メディアは新商品情報を満載することで、雑誌などが売れる。新しいトレンド、新しいモデルに人々は注目し、それを購入した後も、そのまた新しいモデルが作り出され、まだ使い続けられるのに、ネットなどで売ってしまい、新しいモデルを購入する。僕がこれまでの文中であえて「消費者」と表現しているのは、本当は「生活者」と表記したいところ。残念なことに、これだけ環境問題、ゴミ問題が本格的に関心を持たれ始めているにもかかわらず、次から次へと商品を「生活道具」としてではなく「消費財」として、買っては捨てるように売る人々がたくさんいます。なので「ものを作る」ということは、そういう人々のことを考えて少なからず作っている。一つの場所にとどまり、じっくり長く使い続けてもらうものを本当は作りたいのですが、そうも言っていられないという前提があります。

多くのメーカーがトレンドを分析し、少しでもコストの安い商品になるよう、人件費の安い国で生産するなど、コストとスピード優先でものを生んでいます。

一方、ロングライフデザインな商品を作り続けている会社は、上記の会社とは大きく考え方が違います。そして、それは大きく2つのタイプがあると言えます。

一つは小さな企業規模で、無理なくロングライフデザインな商品を中心に作り続け、無意味な新商品開発はしない会社。

そしてもう一つは、トレンドを分析した消費型の商品を次々と開発、製造、販売しながらも、自分たちの原点とも言える昔から愛され続けている自社商品をロングライフデザインと位置づけ、何があっても作り続ける企業。この2つの会社には「自分」というものがあります。「自分のペース」「自分らしい商品」「自分らしい販売スタイル」……。それは例外なく「その土地らしさ」と結びついています。これも長く続くためのポイントです。

1958年に日本初のガーデンファニチャーを販売開始したニチエス。もちろん、現代にあった斬新なデザインのラインナップも豊富。しかし、この原点を守り続けている。みんながこの椅子を見て「懐かしい」と言うそこに、ブランディングの芽がある

1958年に日本初のガーデンファニチャーを販売開始したニチエス。もちろん、現代にあった斬新なデザインのラインナップも豊富。しかし、この原点を守り続けている。みんながこの椅子を見て「懐かしい」と言うそこに、ブランディングの芽がある

少し話を戻します。d富山店での公開商品選定会でのチェックポイントは、おのずと「商品」だけではなく、その会社の体質のようなものを確かめるところもあります。ロングライフデザインを大切にしているようなことを言っていても、実際にそうであるかは、製造の現場に行くとはっきりとわかります。その商品が本当にそう考えられて、愛されて作られているのか。例えば、ロングライフデザインを持つメーカーは、その商品の生い立ちをショーケースで展示していたりします。その会社で働く人々や、新しくこの会社で働くことになった新入社員たちにもわかるようにです。自分たちには原点がある、という日々の確認にもつながりますし、この商品を購入した生活者が工場見学した際も、自分が購入したことが間違っていなかったと実感したり、大切に思われて作られている様子に、よりこのメーカーのファンになる。そんなことも確かめに今回、一つ一つの製造現場を見学して回りました。もちろん、僕はdという売り場の視点もあるので、「この商品を自信を持ってお客さんに紹介してもいいのか」「お客さんと一緒に工場見学にうかがえるのか」「その際に、私たちはこの会社に歓迎してもらえるのか」ということも考えます。

工場見学の様子。規模や設備はあまり見ない。それよりも「工場を見せてくれる」というメーカーの意識がまず重要。いまだ、製造現場を公開できないメーカーは多いです。しかし、あるメーカーのように、「写真もムービーもどんどん撮ってもらって結構です。私たちのまねをするのには、おそらく20年はかかります」と言ってくれた頼もしい企業もありました。

工場見学の様子。規模や設備はあまり見ない。それよりも「工場を見せてくれる」というメーカーの意識がまず重要。いまだ、製造現場を公開できないメーカーは多いです。しかし、あるメーカーのように、「写真もムービーもどんどん撮ってもらって結構です。私たちのまねをするのには、おそらく20年はかかります」と言ってくれた頼もしい企業もありました

ロングライフデザインな商品を持つことは、いろいろな利点があります。例えば、流行に左右されないことで、長く売り続けられます。流行に乗ると極端に売り上げを伸ばすことはできますが、その力はあくまで他力。自分の力ではないので、落ちる時も自分でコントロールできません。また、働く人たちの意識にも関わります。「他にはない、自分たちだけの商品を作っている」という環境は、働く側の意識に「健やかさ」を生みます。誰のために作っているのかがよく見えるということでもあり、誰のために自分が頑張っているのかという、生き甲斐(がい)にもつながります。

公開選定会はまず、エントリーシートの各項目に記入して頂いたことをこちらでみます。ここではdという自分たちの売場の利益のことは二の次。この商品が売れることで、例えば富山が「富山らしく」健やかに続いていくかを見ます。そして、この企業が、そもそも「ロングライフデザイン」というものに関心が本当にあるのかを見極めます。

僕らdは、僕らだけが売りたい商品を僕らの都合でセレクトしているのではありません。あくまで「日本らしさ」を続けるために考えています。だから「ロングライフデザイン」というジャンルに関心を持てない会社とは、関係を作っても仕方がないと思っています。

商品は作る人、売る人、使う人が対等であることで、健やかさが生まれ、その商品を使い続ける、売り続ける、作り続けることで幸せな気持ちも継続します。なので、売り場に関心のないメーカーや、その逆でメーカーに関心のない消費者、生活者に関心のないメーカー、こういった状況では、ロングライフデザインは作り出せず、使い続けられません。

普段はカフェのテーブルとして使用しているものをプレゼンテーション台に。原点である商品と一緒に最新商品を並べ、そのどこを受け継いでいるかを丁寧に説明するメーカーも

普段はカフェのテーブルとして使用しているものをプレゼンテーション台に。原点である商品と一緒に最新商品を並べ、そのどこを受け継いでいるかを丁寧に説明するメーカーも

ロングライフデザインを探して d&d公開商品選定会より

普段はカフェのテーブルとして使用しているものをプレゼンテーション台に。原点である商品と一緒に最新商品を並べ、そのどこを受け継いでいるかを丁寧に説明するメーカーも

今回、いろんな小さな感動がありました。そこにはロングライフデザインへの関心も感じられました。

小さなかまぼこ屋さんは、素材の旬を無視したかまぼこ製造に疑問を持っていました。その季節にとれないと魚をどこかから仕入れて安く提供することに疑問を持っていました。多少、高くなっても、今、富山湾でとれたての魚で作ることが、長く続けていくことだと気づいていました。

富山には豊かな水力による電気供給から、多くの製造業が工場を構えています。あるアルミの工場では、仕上げに一手間かけていることをアピールしていました。僕はそれよりも、その工場で働く人たちが生き生きとしていたことが心に残りました。見学にお邪魔した工場の中で、私たちに向かって帽子を脱ぎ、深々とお辞儀をした方がいました。もちろん、僕らは彼より偉いわけでもなんでもありませんが、その方は「一生懸命に作っています。一緒に頑張りましょう」と言っているように思いました。

仏具の町でもある高岡では、鋳物工場やお坊さんが使う袈裟や座布団などの製造工場を見学しました。昔からある、座禅を組むためのお坊さん用の小さな座布団を、複雑な世の中に生きる若い人たちのための座禅用としてデザインしなおした商品を作る現場にもお邪魔しました。そこには長く続く物語があり、その一つ一つをラベルや名前に生かし、続けようという工夫がありました。

昔からお寺業界では普通に使っていた座禅用座布団(上)と、それをアレンジしたもの(下)。

昔からお寺業界では普通に使っていた座禅用座布団(上)と、それをアレンジしたもの(下)。

昔からお寺業界では普通に使っていた座禅用座布団(上)と、それをアレンジしたもの(下)

富山は薬売りでも有名なところ。その薬品製造の経験を生かし、ハーブなどの医薬品表示を徹底することで、なんとなく雑貨と見られがちなものを、しっかりとした市場に育てていこうという商品開発がありました。ある天然油の抽出装置を見せてもらい、これを見るのと、見ないのとでは全くこの商品の意味の伝わり方が違ってくると感じました。もちろん、もっと抽出現場を見てもらうために、新しく場所を作っている構想も聞けました。

医薬品会社を方向転換し、薬事法に雑貨化されてしまっているハーブをしっかりブランディングしようとする企業の、今、もっとも手探りで商品開発している最中の貴重なものを惜しげも無く公開し、一緒に富山メイドとしての商品に参加する意識を頂く。

医薬品会社を方向転換し、薬事法に雑貨化されてしまっているハーブをしっかりブランディングしようとする企業の、今、もっとも手探りで商品開発している最中の貴重なものを惜しげも無く公開し、一緒に富山メイドとしての商品に参加する意識を頂く

医薬品会社を方向転換し、薬事法によって雑貨化されてしまっているハーブをしっかりブランディングしようとする企業は、いま手探りで商品開発している最中の貴重なものを惜しげも無く公開。一緒に富山メイドとしての商品に参加する意識を見せていただく

商品は「売れればいい」だけではないはずです。そこにはモノづくりの思いがあり、価格に込めた意味がある。原材料を作る人、メーカー、お店、生活者。この4者が「健やかに長く続く世の中」に関心を持つことで、作り方も、売り方も、使い方も変わります。

だからこそ、今回の商品選定会を公開しました。これらの考え方をみんなで共有したいからです。

人間は動物。自然環境と共存して生きるという前提があります。そこには時間が流れていて、その時間をむやみに早めるように短縮する発想で、私たち人類は成長してきたと言えます。しかし、同時にそれは「無理をしている」とも言えます。

日が暮れたら眠り、朝起きたら働き始める、無理のない時間に沿った生き方。そこに寄り添うようなモノづくり。そのゆったりとしたスピード。そんな環境から生まれたものは、いつまでも長く続いていく。植物の成長のような無理のないモノづくり。それがロングライフデザインであり、一つでも多くの富山の企業がそれを意識し、共有することのきっかけに、私たちのような売り場がなれたらいいと思っています。

プラスチック製品でも「経年変化」は楽しめるという担当デザイナー。富山は昔から県立のデザインセンターを持ち、東京からデザインプロデューサーに通ってもらい、今の地位を自ら確立している

プラスチック製品でも「経年変化」は楽しめるという担当デザイナー。富山は昔から県立のデザインセンターを持ち、東京からデザインプロデューサーに通ってもらい、今の地位を自ら確立している

ものの買い方で、私たちは変われます。ものの売り方で、作る人たちの意識を変えられます。生活者の意識が、むやみに新しいものを生まない社会を作ることができます。

そんなことを考えての、今回の公開選定会でした。

のどかな富山の山並み。デザイン、産業は、地形や自然環境から生まれる。

のどかな富山の山並み。デザイン、産業は、地形や自然環境から生まれる

関連記事

ながくつづく雑談、のつづき

ながくつづく雑談 5話

『つづくをつくる』から4話

PROFILE

ナガオカケンメイ

デザイン活動家・D&DEPARTMENTディレクター
その土地に長く続くもの、ことを紹介するストア「D&DEPARTMENT」(北海道・埼玉・東京・富山・山梨・静岡・京都・鹿児島・沖縄・韓国ソウル・中国黄山)、常に47都道府県をテーマとする日本初の日本物産MUSEUM「d47MUSEUM」(渋谷ヒカリエ8F)、その土地らしさを持つ場所だけを2ヶ月住んで取材していく文化観光誌「d design travel」など、すでに世の中に生まれ、長く愛されているものを「デザイン」と位置づけていく活動をしています。’13年毎日デザイン賞受賞。毎週火曜夜にはメールマガジン「ナガオカケンメイのメール」www.nagaokakenmei.comを配信中。

ながくつづく雑談、のつづき

トップへ戻る

「民藝的グラフィック」とは 来年の第二回ロングライフデザイン展を前に

RECOMMENDおすすめの記事