マストリスト

オフィスでも違和感なし アークテリクスの「はいていない」気分になれるパンツ

この数年、アウトドアウェアを街中で着こなす男性が増えている。カジュアルでちょっとオシャレで着心地もいい。本コラムでは、ファッション性と機能性を兼ね備えたアウトドアブランドが展開する「これさえ持っていれば間違いない」というマストバイなウェア、グッズを紹介していく。

快適さを求めてジャケットやバッグをアウトドアアイテムに替えたものの、ボトムスはコットンのパンツのままという方は多いのではないだろうか。そんな向きに一本目の高機能パンツとしてオススメしたいのが、アークテリクスのクライミング用ボトム「ラセットパンツ」だ。

一見するとごく普通のストレートパンツ。ジャケットに合わせても違和感はなさそうだ

一見するとごく普通のストレートパンツ。ジャケットに合わせても違和感はなさそうだ

一見ごく普通のカジュアルパンツのように見えるが、実は機能に優れたクライミング用のパンツだ。アークテリクスのコマーシャルマネージャー・高木賢さんは次のように話す。

 「従来のクライミングパンツは、どうしてもスポーツ感が強調されがちです。しかしラセットパンツは、デイリーユースを意識して、街で穿いても違和感のないアイテムに仕上げています。発売以来、非常に評判がよく、今後はアークテリクス定番のパンツとなっていきそうです」(高木さん)

「シーンを選ばずに着用できるということで、アークテリクス社員の間でも人気が高いアイテムです」(高木さん)

「シーンを選ばずに着用できるということで、アークテリクス社員の間でも人気が高いアイテムです」(高木さん)

 

立体構造パターンと軽量素材が生み出す「はいていない」かのようなフィーリング

同色の糸を採用するとともに細かいピッチで縫製している。右ひざにプリントされているロゴも生地と同色。スポーツ感を軽減している

同色の糸を採用するとともに細かいピッチで縫製している。右ひざにプリントされているロゴも生地と同色。スポーツ感を軽減している

ラセットパンツの一番の特徴は、人間の体に合わせた曲線を作り出す立体裁断が採用されているため、肌当たりが少ないこと。もちろんクライミングでの使用を想定しているからだ。

両足を180度開けるように、股間にはガゼット(マチ)が採用されている

両足を180度開けるように、股間にはガゼット(マチ)が採用されている

生地はコットンのようにも見えるが、実はナイロンキャンバス素材。軽量かつ速乾性に優れ、さらにストレッチするため、クライミングはもちろん日常のあらゆる動きにも対応してくれる。この可動範囲の大きさは、日常生活においてもストレス軽減に貢献してくれるはずだ。

「非常に耐久性が高く、なおかつ軽量なナイロンキャンバスです。クライミングで登る岩壁には水が残っている場所も多いので、乾きやすさも重視しました。仮にコットンで同じ耐久性を出そうとすれば、重くなり、なおかつ非常に乾きにくいものになってしまうでしょうね」(高木さん)

表地にはナイロン96%、ポリウレタン4%をミックスしたナイロンキャンバス。表面の光沢がおさえられているため、スポーツテイストは感じられない。ポケット裏地(写真のグレー部分)にはナイロンを採用

表地にはナイロン96%、ポリウレタン4%をミックスしたナイロンキャンバス。表面の光沢がおさえられているため、スポーツテイストは感じられない。ポケット裏地(写真のグレー部分)にはナイロンを採用

 

裾部分にはドローコードが装着

 
留め具は非常に小さいがホールド感は高く、また操作しやすい

留め具は非常に小さいがホールド感は高く、また操作しやすい

ラセットパンツの裾部分にはドローコードが装着されている。これはクライミング時に下方を確認するため、そして吹き上がってくる風に対応するため(繰り返しになるが、ラセットパンツはクライミング用のパンツだ)。なおクライミング中にドローコードがパンツの外側に出てしまうと岩や木の枝などに引っ掛ける可能性があり大きな危険を伴うため、コードやコードを留めるパーツが外に飛び出してくることがないよう、細やかに配慮されている。

「コードを上に引く構造にすることで内側に収まるようにしています。基本的にはクライミングのためのディテールなのですが、もちろん街でも実力を発揮してくれます。また肌当たりを考慮して、コードの固定にはアークテリクスが独自に制作した非常に小さなパーツを使用しています」(高木)

ドローコードを絞ってスソを裏側に折り込めばレングスを調節できる。自慢のシューズが美しく見える丈を自分なりに探してみてほしい

ドローコードを絞ってスソを裏側に折り込めばレングスを調節できる。自慢のシューズが美しく見える丈を自分なりに探してみてほしい

 

クライミングパンツ仕様のポケットにも一ひねり

「OtterBox(オッターボックス)」の大型ハードケースを付けたiPhone(5.8インチ)も無理なく収納できる容量

「OtterBox(オッターボックス)」の大型ハードケースを付けたiPhone(5.8インチ)も無理なく収納できる容量

パンツの上からハーネスを装着するクライミングでは、前のポケット二つが使えなくなってしまうため、太もも部分にサブポケットが付けられることが多い。便利ではあるが、スポーツ用パンツの印象が強くなるだけでなく、物を入れれば太ももが膨らみ、見た目が悪くなる。そこでアークテリクスは、ひざよりやや上のハーネスに干渉しない部分にサブポケットをつけ、さらにももの前側ではなく後ろ側に収納スペースを設けた。シルエット崩れを防ぐためだ。

iPhone(5.8インチ)収納時。ジッパーはパンツの生地と同色なので目立たない

iPhone(5.8インチ)収納時。ジッパーはパンツの生地と同色なので目立たない

ヒップはジーンズ風のパッチポケット。口の部分が外側に向かって下がっているのは、ハーネスの干渉を避けるため

ヒップはジーンズ風のパッチポケット。口の部分が外側に向かって下がっているのは、ハーネスの干渉を避けるため

軽量かつ肌当たりが少ない、まるではいていないかのようなフィーリングを実現した「ラセットパンツ」。高い機能性とシーンを選ばないプレーンなデザインゆえ、アークテリクス社員の着用率も高く、とりわけオフィスで働く人々からの人気を集めているという。ウェアによるストレスフリーを目指しつつも、高機能パンツの導入に二の足を踏んでいるあなたにピッタリな一本と言えるだろう。

Arc’teryx(アークテリクス)
ラセット パンツ メンズ
15,400円(税込み)

https://arcteryx.com/jp/jp/shop/mens/russet-pant

 

取材・文/吉田大
撮影/今井裕治

関連記事

クライミングバッグを都市用に改良 アークテリクスの新定番バックパック

パタゴニアの「ヘンプ・コレクション」 2019年春夏、社員の間で評判のアイテムは

パタゴニアが満を持して発売した春夏レインジャケット 半袖の上でも肌に張り付かない

\ FOLLOW US /

オフィスでも違和感なし アークテリクスの「はいていない」気分になれるパンツ

&M公式SNSアカウント

TwitterInstagram

「&M(アンド・エム)」はオトナの好奇心を満たすwebマガジン。編集部がカッコいいと思う人のインタビューやモノにまつわるストーリーをお届けしています。

PROFILE

吉田大

ライター・編集者。大学卒業後、児童書出版社勤務を経て、フリーランスに。ファッション、アート、音楽、ストリートカルチャーから、政治経済、社会問題、テクノロジー、グルメに至るまで、多岐にわたるジャンルにおいて、長年にわたり執筆活動を続けている。趣味は自転車と立ち食いそば店めぐり。お酒や煙草を嗜まないストレート・エッジな生活を送っている。

クライミングバッグを都市用に改良 アークテリクスの新定番バックパック

一覧へ戻る

雪山と街で兼用可能 普遍的なデザインと高い機能性を誇るパタゴニア「デパーター・ジャケット」

RECOMMENDおすすめの記事