吉田直樹さん特別コラム

人がオンラインゲームをプレイしない理由その5. 『主義的にオンラインゲームはプレイしないと決めている!』

これは強敵である。勝ち目がないプレイしない、と決めており、それが主義なのであれば、僕にはどうしようもない。主義というものは、良い/悪いで推し量るものではない上に、その主義が法律上許されているのなら、僕としては貴方のその主義を尊重するしかほかにない。

ただ、せっかくこのコラムの序文を読まれ、ここまでたどり着いたのだから、ひとつだけ覚えておいていただきたいものがある……。

世に、『ファイナルファンタジーXIVフリートライアル』というものが存在する。フリートライアル、つまり無料である。オンラインゲームに類するため、たとえ無料であっても、おそらく貴方にはプレイしていただけないだろう。それは火を見るよりも明らかだ。

だがもし、1~2年の後、何かの拍子に貴方の主義が変わった、もしくは、好きな人が出来、その人がオンラインゲーマーだったがゆえに、自分の主義を曲げてでも、どうしてもオンラインゲームを知る必要に迫られた、などの事態になった際、このフリートライアルを思い出していただきたい。

きっとそれは、その時も変わらず貴方を待っており、貴方を未知の体験へ誘うだろうし、意中の相手と恋人になれる可能性を示してくれるかもしれない。

僕とファイナルファンタジーXIVフリートライアルは、いつだって貴方の味方である。たとえ貴方が、今すぐにはオンラインゲームをプレイしないとしても。

 

<<理由その4.『オンラインゲームって、なんだか難しそうなんだよね』

<コラムの冒頭に戻る>

 

PROFILE

吉田直樹

ファイナルファンタジーXIVプロデューサー兼ディレクター
(株式会社スクウェア・エニックス 取締役/執行役員/第三開発事業本部 本部長)

「ファイナルファンタジーXIV」のプロデューサーとディレクターを兼任する傍ら、2018年に株式会社スクウェア・エニックス 取締役に着任。
出身は北海道札幌市。専門学校卒業後、1993年に株式会社ハドソンに入社し天外魔境シリーズ、ボンバーマンシリーズなどの開発に携わった。
2005年に株式会社スクウェア・エニックスに入社。「ドラゴンクエスト モンスターバトルロード」や「ドラゴンクエストX」の制作を手がけたのち、2010年には「ファイナルファンタジーXIV」のプロデューサー兼ディレクターに就任した。批判が多かった当時のゲームシステムなどを改修するため綿密な開発プランを実行し、「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」として作品を立て直した。
以来、ファイナルファンタジーXIVの開発・運営を指揮している他、第三開発事業本部の本部長として部門運営にも従事している。
無類のゲーム好きを公言し、休日には一般のプレイヤーと共に「ファイナルファンタジーXIV」を楽しんでいるほか、他の新作ゲームも積極的にプレイしている。

人がオンラインゲームをプレイしない理由その4. 『オンラインゲームって、なんだか難しそうなんだよね』

一覧へ戻る

RECOMMENDおすすめの記事