めぐり、めぐって純喫茶

青いクリームソーダとフレンチトーストが人気 江戸川区・平井の純喫茶「ワンモア」で本物を知る

昭和の香りただよう純喫茶には、そのお店ならではのストーリーや、おいしいコーヒー、そして食事があります。ともに1996年生まれの俳優・見津賢と写真家・ヨシノハナが、東京のさまざまな純喫茶をたずねる本連載、第6回は東京都江戸川区平井5丁目にある「ワンモア」です。

少し足を延ばして行きたいお店「ワンモア」

ぼくだけかもしれないけれど、時間があると、あえて各駅停車の電車に乗ることってありませんか? 時間つぶしなのか、降りたくないのか。

それが普段乗らない路線だったり、普段降りない駅でとまったりすると、そこにはまだ知らない街があって、そこだけに流れる時間があるんだろうか、そんなことをよく考えます。

新宿から総武線の各駅停車で30分。めったに下車する機会のない、江戸川区の平井。訪れたのは純喫茶、“あの”ワンモアです。平井、久しぶりに来たな……。

なぜ“あの“ かというと、4年ほど前に某テレビ番組で紹介され、一躍有名になった喫茶店だからです。「ワンモア」という名前を聞いたことのある人、いるんじゃないでしょうか。ぼくもその時、一度訪れています(笑)。

青いクリームソーダとフレンチトーストが人気 江戸川区・平井の純喫茶「ワンモア」で本物を知る

駅から歩いてすぐの好立地。入り口の真っ赤な丸い看板がとてもかわいい。毎度のことだけど、フォントがすてきすぎる。ぼくは看板文字のフォントに魅力をすごく感じてしまいます。さまざまな形があるし、何より歴史のある純喫茶ほど、かっこいいと思うんです。

さて、お店に入り、緑の革張りソファ席に座ると、お目当てのクリームソーダと、人気のフレンチトーストを頼みます。店内は広くはないけれど、人と人との距離感が絶妙に近い配置で、こういった純喫茶独特の空間も好きです。

青いクリームソーダとフレンチトーストが人気 江戸川区・平井の純喫茶「ワンモア」で本物を知る

休憩するサラリーマンや子ども連れのお母さん、近所のおばあちゃんがいて、レジ横のテレビが流れている。この小さなお店では、たくさんの人たちの人生が絶え間なく流れていて、差し込む午後の西日が店内を照らす様子は、時代がさかのぼったと錯覚するくらいノスタルジアを感じます。ぼんやり店内を眺めていると、クリームソーダが到着。

青いクリームソーダとフレンチトーストが人気 江戸川区・平井の純喫茶「ワンモア」で本物を知る

この見た目! 今まで訪れた店のものは定番の緑色だったけど、このクリームソーダはきれいな水色。そして丸いバニラアイスがぷかりと浮かんで、なんだか幻想的(?)です。味はブルーハワイのような、甘さと炭酸の調和がすごくいい。ワンモアはフレンチトーストやホットケーキが有名ですが、だからこそ今回はこのクリームソーダをご紹介したかったのです。

そして、クリームソーダの見た目のかわいさにウキウキしていると、フレンチトーストもやってきました!

青いクリームソーダとフレンチトーストが人気 江戸川区・平井の純喫茶「ワンモア」で本物を知る

これもまた見た目がずるい。表面に焼き目がついた正方形のパンの上に丸いレモンの輪切りが一つ。なんというか、もう幾何学的な美しさです(笑)! 緑の椅子、クリームソーダとの色合いはとても落ち着きます。さあ、シロップをかけていただきますよ。

味のしみ込んだパンに、メープルシロップをさらにかけて甘くして、そこにレモンの酸味がプラスされている。だから重たくない。食べやすいし、口に運ぶ手が止まりません。

青いクリームソーダとフレンチトーストが人気 江戸川区・平井の純喫茶「ワンモア」で本物を知る

食べるのに夢中になっていると、いつのまにかクリームソーダのアイスが溶けて、透き通った水色からパステルカラーのようなミルキーブルーに! 常に変化するはかない青色も楽しみの一つです。

青いクリームソーダとフレンチトーストが人気 江戸川区・平井の純喫茶「ワンモア」で本物を知る

「秋になるとザクロジュースがおすすめですよ」。マスターが話しかけてくれました。そのままゆっくり話を聞きます。

「実は40年くらい前に、某百貨店の果物売り場で飲んだザクロジュースをまねて作ったの(笑)。毎年、ザクロジュースを待ってこられるお客さんもいるので、すごく人気なんですよ」

ここまで聞くと、次はこのザクロジュースを飲みに来たいと思ってしまいます。続いてクリームソーダについても教えてくれました。

「クリームソーダはね、最初は緑色で出していたんだけど、ハワイの、ストローが刺さった果物たっぷりのジュースをイメージして、ブルーハワイに変えたんです。40年以上ずっとこれ。きれいでしょ? 『クレイマー、クレイマー』というアメリカ映画にフレンチトーストを食べるシーンがあるんだけど、そこから発想して作ったんですね。レモン汁と輪切りレモンを乗せれば、甘みと酸味のバランスがいいでしょ」

「昭和32年くらいに僕はこの道に入ったんだけど、5, 6年経ったころかな。表に出たほうがいいよって言われて、知り合いの紹介で、声優のマネジメントをする芸能プロで働いていたんですよ」

えっ! 本当ですか?

「本当、本当。そのあとしばらくして、渋谷で有名な喫茶店『ロロ』に勤めることになってから、この道でやっていこうと決めたんです。面白いでしょう?(笑)」

青いクリームソーダとフレンチトーストが人気 江戸川区・平井の純喫茶「ワンモア」で本物を知る

そう、マスターは今はなき渋谷の名店「ロロ」で修業を積んでいるのです。このお店は三島由紀夫など、かずかずの文化人が通っていた伝説の喫茶店。その経験もあって、コーヒーにこだわりをもっているそうで、ロロ仕込みの丸みある優しい味のダッチコーヒーも人気なのです。

ワンモアはマスターご家族も、働くパートさんたちも、とても優しく接してくれます。場所や空間だけじゃない、そこにいる人があってこその雰囲気に、あたたかい気持ちになりました。ぜひみなさんも、ワンモアでノスタルジックな気分になって、それぞれの青春時代に思いをはせてみては?

青いクリームソーダとフレンチトーストが人気 江戸川区・平井の純喫茶「ワンモア」で本物を知る(クリームソーダ600円、フレンチトースト550円  全て税込み価格)

珈琲 ワンモア
東京都江戸川区平井5-22-11
TEL:03-3617-0160
営業時間:9:30~16:30(L.O.16:00)
定休日:日曜・月曜
※土曜日は材料がなくなり次第、閉店。

青いクリームソーダとフレンチトーストが人気 江戸川区・平井の純喫茶「ワンモア」で本物を知る(文・見津 賢 写真・ヨシノハナ スタイリング・村井素良)

【衣装クレジット】
・ニットポロシャツ ¥33,000 (JOHN SMEDLEY / Lea mills agency)
・ウールパンツ ¥35,000 (yoshiokubo / yoshiokubo)
※全て税抜き価格

【問い合わせ先】
Lea mills agency 03-5784-1238
yoshiokubo 03-3794-4037

あわせて読みたい

四谷の老舗純喫茶「コーヒー ロン」で味わうクリームソーダとジャムトースト

鶯谷で“純喫茶”を守り続けるお店「DEN(デン)」のクリームソーダ

めぐり、めぐって純喫茶:連載一覧はこちら

\ FOLLOW US /

青いクリームソーダとフレンチトーストが人気 江戸川区・平井の純喫茶「ワンモア」で本物を知る

&M公式SNSアカウント

TwitterInstagramFacebook

「&M(アンド・エム)」はオトナの好奇心を満たすwebマガジン。編集部がカッコいいと思う人のインタビューやモノにまつわるストーリーをお届けしています。

PROFILE

  • 見津 賢

    1996年神奈川県出身、青山学院大学理工学部卒業。在学中に始めたモデル活動をきっかけに芸能界に入る。現在はCMやドラマ、映画などに出演している若手俳優。

  • ヨシノハナ

    1996年東京都出身。東京造形大学デザイン学科写真専攻を今年3月に卒業。 元フォトグラファーの父の影響で写真を始める。 雑誌やファッションブランドのルックを撮影するほか、個展など多方面で活動している新進気鋭の写真家。

モデル・小谷実由さんが純喫茶に感じる魅力と、二つの後悔

一覧へ戻る

受け継がれる味と美意識 純喫茶「珈琲 ショパン」のアンプレス

RECOMMENDおすすめの記事