キャンピングカーで行こう!

スタッドレス、ヒーター、断熱装備……万全の冬対策で安心・快適なキャンプ旅を!

いよいよ12月。気温もぐっと下がり、各地から雪の便りが届くようになりました。おいしい食べ物もたくさんある季節。空気も澄んで、空や景色がきれいな季節でもあります。

こんなとき「寒いから」という理由で出かけないのはナンセンス! わざわざ冬を選んで北海道に行くキャンピングカーユーザーがいるほどです。

今回はそんな冬旅のための、ちょっとした準備をご紹介します。

何より大切なのは安全走行

冬の長距離走行で一番懸念されるのが、雪ではないでしょうか。雪道の運転に慣れていない人は、車に乗ること自体敬遠したくなるでしょう。

まして、キャンピングカーはサイズも重量も大きいので、余計に不安を感じる人もいらっしゃると思います。

当たり前のことですが、冬(雪道)の安全な走行のためにそなえるべきは「しかるべきタイヤ」と「チェーン装備」です。

冬用タイヤを用意しよう

まずは、冬用タイヤです。夏タイヤと同様、車両重量に見合った耐荷重のスタッドレスタイヤを装着するのが基本です。

M+S(Mud&Snow)というタイヤがありますが、都市部でのちょっとした雪ならばともかく、本格的な雪道にはおすすめできません。スタッドレスのような細い溝(サイプ)があるわけでもないので、凍結路面にはほぼ効果がありません。もしスキーに行きたいとか、少しでも雪の可能性のあるところへ旅をするなら、やはりスタッドレスは必須でしょう。

スタッドレスタイヤの表面に刻まれた細かな溝(サイプ)。このサイプが凍結路面との接触で生まれた水を保持することで、スリップを防ぐ

スタッドレスタイヤの表面に刻まれた細かな溝(サイプ)。このサイプが凍結路面との接触で生まれた水を保持することで、スリップを防ぐ

その一方で、交換が面倒、保管場所がない、などを理由に「一年中スタッドレスです」という方がいらっしゃいますが、それはおすすめできません。なぜならスタッドレスタイヤは雨に弱いから。具体的に言うと、雨ではノーマルタイヤよりもスリップしやすいのです。

スタッドレスタイヤが雪道で滑らないのは、

・雪道でタイヤスリップするのは、雪面がわずかに溶けて水の膜ができるから

・スタッドレスタイヤは接地面に細かな溝をたくさんほって、水を吸収することで滑りにくくする

という理屈からですが、降雨時の路面の水はスタッドレスの溝に吸収しきれるような量ではありません。

また、雪のない路面でスタッドレスタイヤを履き続けると、摩耗が早いという欠点もあります。お財布のことを考えても、通常はノーマルタイヤ、雪シーズンはスタッドレスと履き替えるのが正解です。

タイヤチェーンも必ず!

冬用タイヤ(=スタッドレス)に履き替えたらそのタイヤに「装着できる」タイヤチェーンも用意しましょう。

スタッドレスタイヤでは対応しきれない雪道でも、より効果を発揮してくれるのがチェーンなのです。ただ、スタッドレスタイヤは断面が角ばっていて、タイヤのサイズ表記どおりのチェーンでも装着できないことがあります。

靴のように試し履きができればそれに越したことはありませんが(店によっては試し履きに対応してくれるところもあります)、チェーンメーカーやタイヤショップに確認して、確実にスタッドレスタイヤでも装着できるサイズを用意しましょう。

カー用品店によっては、チェーンの試し履きに対応してくれるところも=田中奏子撮影

カー用品店によっては、チェーンの試し履きに対応してくれるところも=田中奏子撮影

タイヤチェーンについての注意点は、まだ二つあります。

・一部の車両、特にFF車はチェーンが装着不可能な場合もあるので注意を。
すべてのFF車がダメなわけではありませんが、車両によってタイヤハウスのスペースに余裕がなく、チェーンを履いたタイヤではハンドルを切る余地がないことがあるのです。車両の取扱説明書などをチェックしておきましょう。

・チェーン装着は練習しておきましょう。
高速道路を走行中にチェーン規制に出くわしたり、山道に入る前にチェーン装着したほうがよさそうだったり、といったことはあり得ます。どちらにしても、チェーンを装着する時は、あたりまえですが「雪が降っている」あるいは「雪が積もっている」状態です。

雪は圧雪されているのか、雪の下は舗装道路のように平滑かどうか、を確認し、できるだけ「圧雪された」「平らな場所」で作業するのが理想です。

それでなくとも気温が低く、厳しい条件下での装着作業です。なるべく手早く、短時間に済ませるためにも、日ごろからチェーン装着の練習をしておきましょう。

冬旅の快適さアップのために

安心安全の次は「快適性」です。寒い季節を楽しむとはいえ、寒くて凍えるような環境で寝泊まりするわけにはいきませんよね。

そこで大切なポイントは、「暖房設備」「断熱性」、温度差による「結露対策」、そして暖房使用に伴う「一酸化炭素中毒の回避」です。

順番にチェックしていきましょう。

ヒーターは定期的に運転を

お出かけ前のFFヒーターの動作チェックは必須項目です。旅先で「ヒーターが動かない!」なんてことになったら、シャレになりません。

特にガソリンや軽油を燃料にしているヒーターは定期的にテスト運転しておくことが推奨されているのですが、暑い時期などついつい怠ってしまいがちです。テスト運転を怠ると配管の中の燃料が変質してしまい、点火不良や異常燃焼の原因になります。また、ヒーターの中には、点火用に乾電池が使われているものがありますので、電池のチェックもお忘れなく。

テスト運転してみて、エラーが出る、異音がする、異臭がする、などが起きた場合は、必ず専門家(ビルダーやディーラー)に相談を!

窓断熱の準備も

せっかくヒーターで室内を温めても、断熱性能が低ければ元も子もありません。

もっとも、断熱性能は冬は暖かく、夏は冷たく車内温度を維持する(外気温の影響を受けない)ためのものなので、愛車の断熱性能については購入時に確認する以外ありません。つまり、真夏や真冬に旅をしたい人なら、そもそも断熱性能に優れた車両を選ぶことが大切です。

では、すでにある愛車に対しては、どんな断熱対策をとればいいのでしょうか。

断熱の弱点は窓です。どんなに壁面がしっかり断熱されていても、熱は窓から侵入、あるいは逃げてゆきます。

二重窓になっていれば問題はありませんが、少なくともフロントガラスと運転席、助手席の窓は二重ではありません。

窓断熱のポイントをまとめてみましょう。

・フロントガラス、運転席と助手席には断熱シェードを
断熱シェードは各車種用の専用品がキャンピングカー用品ショップなどで売られています。

フロントガラス、運転席・助手席窓をシェードで塞ぐ。断熱ももちろん目隠しにもなり一石二鳥だ

フロントガラス、運転席・助手席窓をシェードで塞ぐ。断熱ももちろん目隠しにもなり一石二鳥だ

専用品がない場合は、キャンプ用の発泡シート(通称:銀マット)をカットして自作されている方も多いようです。

・運転席、助手席と居室の間を厚手のカーテンなどで仕切る
私の車はアメリカン・クラスCですが、前述の3カ所を断熱シェードで覆い、さらにバンクからキルティングの布などをつるして運転席・助手席と居室を仕切るようにしています。こうすることで、FFヒーターの燃料消費量が10~15%も少なくなりました。

バンクからキルティング生地を吊るすことで、さらなる断熱を。厳冬期だと運転席回りの気温はほぼ冷蔵庫!

バンクからキルティング生地を吊るすことで、さらなる断熱を。厳冬期だと運転席回りの気温はほぼ冷蔵庫!

・居室部分の窓にはエアキャップを
居室部分の窓は、最近のキャンピングカーはほとんどが二重窓ですが、中には1枚ガラスのものもあるでしょう。あるいはあまりに寒暖差が激しくて二重窓でも追い付かないことがあります。そんなときに困るのが、熱が逃げることに加えて「結露」です。

断熱と結露防止を兼ねて有効なのはエアキャップ(通称プチプチ)です。見た目は美しくないかもしれませんが、窓にエアキャップを貼り、カーテンなどで目隠し&断熱すれば、かなり効果的です。

・CO探知機・温湿度計をつけましょう
暖房(ガス器具)を使うからには、一酸化炭素(CO)探知機は必ず搭載しましょう。あいにく標準装備されている車は少ないので、オーナー自らが心がけておくことが大切です。もし既に搭載されている場合は、電池の残量と探知機の使用期限のチェックをお忘れなく。非常事態への備えですから、指定された使用期限は守るようにしましょう(使用期限がないものもあります)。

また、冬は空気が乾燥しますので、温湿度計も積んでおきましょう。窓が結露していると室内の湿度が高いように思われがちですが、実は空気は乾燥しています。

簡易型の加湿器を置いたり、ぬれタオルを干したりするなどして、湿度コントロールをしましょう。

簡単なものでよいので温湿度計を搭載しておこう。冬の車内はビックリするほど乾燥していることが多いのだ

簡単なものでよいので温湿度計を搭載しておこう。冬の車内はビックリするほど乾燥していることが多いのだ

いかがですか?

厳しい気候の中で快適にすごせるのがキャンピングカーではありますが、安心安全と快適性を確実にするためには、これらのことを心がけておく必要があります。

せっかくのキャンピングカー、この冬もぜひ安全に楽しんでください。

あわせて読みたい

運転音も燃料消費も抑えられる最新の発電機、キャンピングカー用に選ぶコツは?

キャンピングカーで長旅に出かけるための準備に必要なこと

キャンピングカーで行こう!:連載一覧はこちら

[ &M公式SNSアカウント ]

TwitterInstagramFacebook

「&M(アンド・エム)」はオトナの好奇心を満たすwebマガジン。編集部がカッコいいと思う人のインタビューやモノにまつわるストーリーをお届けしています。

PROFILE

渡部竜生

キャンピングカージャーナリスト。サラリーマンからフリーライターに転身後、キャンピングカーに出会ってこの道へ。専門誌への執筆のほか、各地キャンピングカーショーでのセミナー講師、テレビ出演も多い。著書に『キャンピングカーって本当にいいもんだよ』(キクロス出版)がある。エンジンで輪っかが回るものなら2輪でも4輪でも大好き。飛行機マニアでもある。旅のお供は猫6匹とヨメさんひとり。

勝手に妄想 ! 「海外向け日本車」をキャンピングカーにしてみたら

一覧へ戻る

車内でもホカホカ料理を! ガスコンロ、電子レンジで快適キャンピングカー生活

RECOMMENDおすすめの記事