小川フミオのモーターカー

レクサスがバッテリー駆動のEV「UX300e」を広州自動車ショーで発表した理由を考察する

いま世界中のメーカーが「電動車」の開発に乗り出している。なかでも中国はハイブリッド、プラグインハイブリッド、バッテリー駆動電気自動車(BEV)を「新エネルギー車」と呼び、購買に際しての補助金など、国をあげて普及を後押ししてきた。

(TOP画像:広州ショーでお披露目された「レクサスUX300e」は大容量バッテリー搭載の前輪駆動BEV)

11月22日から開催された、北京、上海とならぶ規模の広州自動車ショーで、120万㎡と世界最大の敷地面積を誇る「中国輸出入商品交易会展示館」という会場を埋め尽くしたのは、「新エネルギー車」のひとつ、BEVだった。

発表会における澤良宏プレジデント(左から2人め) 写真=レクサスインターナショナル提供

発表会における澤良宏プレジデント(左から2人め)写真=レクサスインターナショナル提供

BEVは比較的簡単に作れる(と思われてきた)せいで、企画書レベルのスタートアップも多く、その数は100にのぼるとか。でも実際は、製品開発や衝突安全性の基準クリアにはじまり、工場建設から販売網の整備までハードルは高い。

そこを乗り越えたメーカーのなかには、「小鵬 Xpeng」「蔚来(ウェイライ)NIO」「バイトン BYTON」などがあり、どこも2000年代のスタートと若い会社だが、アリババやテンセントといった大企業の出資もあり、彼らが目標とする米テスラに迫る勢いすら感じさせてきた。

バイトン・Mバイト

南京の「バイトン」は海外の自動車人を積極的にリクルートしており、この「Mバイト」のデザインはもとBMWで「iシリーズ」を手がけていたフランス人によるもの

実際に広州の目抜き通りにある「小鵬」のショールームは、植物で飾られ、「G3」という人気BEVのSUVのとなりにはカフェラテが飲めるカフェスペース。店員は私が外国人と知っても笑顔でいろいろ話してくれるし、青山にあっても不思議ではない。それどころか、よりグローバルな雰囲気すら漂う。

急伸長する中国車に真っ向から勝負を挑む新型車を、レクサスが、やはり広州ショー2019で発表した。これが話題を呼んでいる。「UX300e」という電気モーターで前輪を駆動するSUVで、レクサスとして初の量産EVでもある。

蔚来(ウェイライ)NIO

上海の「蔚来(ウェイライ)NIO」は、自社の電動SUVに、イスラエル「モービルアイ」社の最新画像処理チップ「EyeQ4」を世界初採用するなど、高度な技術を売り物にしている

レクサスが謳(うた)う「UX300e」の特徴は、高出力モーターによる加速性能、大容量バッテリーの床下配置による低重心化、それに400kmの航続距離だ。

ショー会場でそれらを説明するレクサスインターナショナルのプレジデント澤良宏氏に対して、日本人の記者からの質問は、「なぜこの時期に?」というものだった。

紅旗L5

中国要人むけの「紅旗L5」は海外でも人気が出そうな適度にレトロなスタイル

2019年夏、中国政府は新エネルギー車への補助金削減へと大きく方向転換したばかりだ。購入者の負担を減らす補助金がなければ、EVの販売は大きな打撃を受ける可能性がある。先の質問の意味は、「UX300e」の発表のタイミングがよくなかったのではないか、と質問者が考えているからだろう。

さらに先述した蔚来(NIO)の「ES8」は、バッテリーの発火事故を受けて、6月に大々的なリコールを行ったばかりだ。「イメージ的にもよくないのでは」という質問も出た。

しかし、レクサスの澤氏は「EVを手掛けたのは単に当面のセールス増のためではない」と述べ、こう続けた。

「EVには可能性が多くあります。高い静粛性を持ちながら、ドライバーの運転感覚に寄り添った加減速フィールは、従来の内燃機関とは違う魅力です。レクサスというブランドがスタートした1989年から追求してきた“静粛性は抜群に高いけれど、最高速はトップレベル”といった、両立が難しい性能を実現しようというクルマ作りの延長に、EVがあるのです」

小鵬汽車(シャオポン)(画像はショー中にスピーチが流れた共同設立者の何小鵬氏)

広州「小鵬汽車(シャオポン)」は米国にR&Dセンターを設立しており、電動SUVを中国向けに開発している(画像はショー中にスピーチが流れた共同設立者の何小鵬氏)

UX300eが発表されたばかりだけれど、「レクサスはその先を見ている」と澤氏は言う。東京モーターショー2019で展示された「レクサスLF-30エレクトリファイド (Lexus LF-30 Electrified)」はBEVの究極の形ということだ。

LF-30には、モーターを1基ずつタイヤに組み込んだ四輪駆動システムや、電気信号で操舵(そうだ)するフライバイワイヤなど、レクサスの開発陣が目指す技術が盛り込まれている。「私たちと目標は同じ」と、ショー会場でメルセデス・ベンツの技術者が、このレクサスのコンセプトモデルについて語っていた。

小鵬「G3」

広州の目抜き通りにある「小鵬」のショールームはカフェのようなしつらえ(写真の「G3」は14万元=約217万円から)

LF-30に搭載された四輪駆動は、雪道とかオフロードのためでなく、加速のときに乗員が不快に揺れないとか、カーブを曲がるときハイスピードで安定しているとか、走行性を高めるための技術なのだそうだ。エンジンより応答性に優れたモーターの採用は、そのために必要だという。

小鵬「G3」のセリングポイントはデジタル技術で、たとえばルーフに360度動くカメラを設置し、顔認証システムにより外のひとに追従し、ジェスチャーでシャッターを切る

小鵬「G3」のセリングポイントはデジタル技術で、たとえばルーフに360度動くカメラを設置し、顔認証システムにより外のひとに追従し、ジェスチャーでシャッターを切る

中国のEVは、バッテリー出力が高く性能を誇っているものもあれば、数多くのデジタルのガジェットを搭載してエンターテインメント性が高いものも。日本でも売れそうだと思うモデルも少なくない。

「私たちは、熾烈(しれつ)な競争を勝ち抜くために最も必要なものは、クルマづくりの思想だと思っています。EVの本質とは何か。単に燃費が優れているだけではない。EVでしか得られない走りの世界を実現してみたいと私たちは考えているのです」

澤氏はそう語った。一見、地味といえば地味な「UX300e」だが、電動車に未来を見るレクサスにとって、貴重な第一歩ということが出来るのだ。

(写真=筆者)

小鵬「G3」の車載コンピューター

小鵬「G3」の車載コンピューターにはカメラで撮った画像のアーカイブに加え、任天堂の「スーパーマリオ」やカラオケなど娯楽要素もふんだんに入っている

あわせて読みたい

レクサス30年の歩みを振り返る 初代から変わらない「核」とは

レクサス「RC F」試乗記 運転初心者が体験した時速200km超の世界

小川フミオのモーターカー:連載一覧はこちら

[ &M公式SNSアカウント ]

TwitterInstagramFacebook

「&M(アンド・エム)」はオトナの好奇心を満たすwebマガジン。編集部がカッコいいと思う人のインタビューやモノにまつわるストーリーをお届けしています。

PROFILE

小川フミオ

クルマ雑誌の編集長を経て、フリーランスとして活躍中。新車の試乗記をはじめ、クルマの世界をいろいろな角度から取り上げた記事を、専門誌、一般誌、そしてウェブに寄稿中。趣味としては、どちらかというとクラシックなクルマが好み。1年に1台買い替えても、生きている間に好きなクルマすべてに乗れない……のが悩み(笑)。

豊富なバリエーションが用意されたミニバン 三菱・デリカスペースギア

一覧へ戻る

ゴルフのライバル 直線を生かしたスタイルのフィアット・リトモ

RECOMMENDおすすめの記事