めぐり、めぐって純喫茶

浅草橋の純喫茶で見つけた極上の「チーズオムレツ」トースト

昭和の香りただよう純喫茶には、そのお店ならではのストーリーや、おいしいコーヒー、そして食事があります。ともに1996年生まれの俳優・見津賢と写真家・ヨシノハナが、東京のさまざまな純喫茶をたずねる本連載、第8回は浅草橋のお店「tea room Smell(スメル)」です。

どこかアメリカの雰囲気をただよわせるお店

昔、地元の純喫茶に入ったとき、カウンターに座っていた常連らしきおじいちゃんが言っていました。「純喫茶といったらモーニングだろう」と。ぼくも、朝にわけもなく早く家を出て、予定まで時間がある、そんなときはよく純喫茶に行ってモーニングを頼みます。

そんなわけで今回は、モーニングに食べてほしいトーストの名店を紹介します。

浅草橋は、人形や模型、衣料品などの卸売りの業者が集まる“問屋街”として知られ、船宿や史跡も多く、江戸時代から庶民の街として発展してきた場所です。そんな浅草橋の駅西口から徒歩1分、今回訪れたのはここ、スメル。

浅草橋の純喫茶で見つけた極上の「チーズオムレツ」トースト
建物自体は昭和のレトロさを感じるものの、ミントカラーなどのさまざまな色合いや店構えは、どこか、80年代のアメリカ映画に出てくるモーテルやドライブインを思わせるデザイン。歴史のある純喫茶は、そういった海外風のテイストを含んだお店も、実は多いんです。

浅草橋の純喫茶で見つけた極上の「チーズオムレツ」トースト

スメルは、全体的に茶色を基調とした温かみのある空間に、ダイナーを思わせるようなカウンターと照明の配置が魅力的です。店に入った途端、本当にタイムスリップしたような感覚でした。それくらいノスタルジックな雰囲気。

浅草橋の純喫茶で見つけた極上の「チーズオムレツ」トースト
壁かけのメニュー表には小さく「おいしいペリカンのパンです」と書かれている。これを見た瞬間にテンションが上がる人も多いはず。“パンのペリカン”は浅草田原町にある名店で、開店前に行列ができ、昼ごろには売り切れるそう。ペリカンのパンは、ずっしりとした重量感ときめ細やかな生地が特徴で、今はやっているふわっとした食感のパンとは違います。

浅草橋の純喫茶で見つけた極上の「チーズオムレツ」トースト
早速、ジャムとチーズオムレツの2種類をオーダー。ジャムトーストから食べてみます。甘いジャムと生地がすごく合っていて、とても食べやすい。

浅草橋の純喫茶で見つけた極上の「チーズオムレツ」トースト
そしてチーズオムレツトースト。カットされた部分を開いてみると、チーズが伸びる伸びる。とろけるチーズとふわとろの卵、スライスしたきゅうりの苦みがいい感じにマッチしている。これ一つでおなかが満たされるほど食べごたえがあります。

浅草橋の純喫茶で見つけた極上の「チーズオムレツ」トースト

ママさんの趣味は、ポケモン?

このお店に入ったときから、話を聞いてみたいと思っていました。たとえば、スメルの由来ってどこから、とか。ママさんに聞いてみると・・・・・・。

浅草橋の純喫茶で見つけた極上の「チーズオムレツ」トースト
「祖父が、お店を始めるときに名付けてくれたんです。『喫茶店なんだから、コーヒーのいい香りでお客さんを呼んだらどうか』って。もう60年以上前のこと。そのころからペリカンのパンを使っていて、私も小さいころからずっと同じパンを食べてきたんですよ」

ママさんにとっては“パン=ペリカン“なのですね。その後に、これは、これまでの純喫茶めぐりで知った“あるある”なのですが、さっき出してもらったチーズオムレツなどはまかないで食べていたものがメニューになったそうです。

カウンターでお話をしながら周りを見ていると、あれ? ポケモングッズがたくさんある。ポケモン、好きなんですか?

浅草橋の純喫茶で見つけた極上の「チーズオムレツ」トースト
「唯一の趣味が『ポケモンGO』というゲームなんです(笑)。娘から教えてもらったんだけど、はまっちゃって。秋葉原はジム(ゲーム内に存在する、現実世界とリンクした建物)が多いからよく行っているんですよ。ずっとこれで遊んでいます(笑)」

まだまだお若いです。このお店は7時半から開始、始発のラッシュに巻き込まれたくないお客さんが訪れます。時間がない、そのことでたくさんの人があわただしい毎日を送っているけれど、いつもよりちょっと早起きをして、喫茶店でおいしいトーストとコーヒーでモーニングをしてみると、結構リラックスできるんです。

(ジャムトースト 360円、チーズオムレツトースト450 円、ミルク 400円 すべて税込み価格)

tea room Smell
東京都 台東区 浅草橋 1-24-2
電話:03-3861-2085
営業時間:7:30~17:00
※土日は時間が変わる場合も
定休日:日曜・祝日

浅草橋の純喫茶で見つけた極上の「チーズオムレツ」トースト

(文・見津賢 写真・ヨシノハナ)

あわせて読みたい

受け継がれる味と美意識 純喫茶「珈琲 ショパン」のアンプレス

青いクリームソーダとフレンチトーストが人気 江戸川区・平井の純喫茶「ワンモア」で本物を知る

めぐり、めぐって純喫茶:連載一覧はこちら

 

[ &M公式SNSアカウント ]

TwitterInstagramFacebook

「&M(アンド・エム)」はオトナの好奇心を満たすwebマガジン。編集部がカッコいいと思う人のインタビューやモノにまつわるストーリーをお届けしています。

PROFILE

  • 見津 賢

    1996年神奈川県出身、青山学院大学理工学部卒業。在学中に始めたモデル活動をきっかけに芸能界に入る。現在はCMやドラマ、映画などに出演している若手俳優。

  • ヨシノハナ

    1996年東京都出身。東京造形大学デザイン学科写真専攻を今年3月に卒業。 元フォトグラファーの父の影響で写真を始める。 雑誌やファッションブランドのルックを撮影するほか、個展など多方面で活動している新進気鋭の写真家。

受け継がれる味と美意識 純喫茶「珈琲 ショパン」のアンプレス

一覧へ戻る

映画監督・枝優花 社会への違和感を作品に落とし込むことが私たち世代の役割

RECOMMENDおすすめの記事