〈ギターを弾こう〉前編:見た目! 直感? 自分に合ったエレキギターの選び方

「昔憧れていたギターに挑戦してみたい……」「学生時代にやっていたエレキギターを再開したい……」

そんな気持ち、ありませんか?

まずは一本買ってみようか! と通販サイトを見てみると、そこには値段も色も形も様々なギターがたくさん。一体これらの中からどうやって自分の相棒となる一本を見つければいいのでしょう……。

自分に合ったエレキギターの選び方を学ぶべく、今回訪れたのは山野楽器ロックイン新宿ギター&ドラム館。店長の本間太一さんにお話を伺いました。

 

ギター選びは見た目から! 好きなギターを直感で

――ギターの種類はたくさんありますが、初めて弾く人は何を基準にして選べばいいですか?

「見た目の好みで良いのでは。弾ける内容とかはほとんど変わりません。見た目が気に入らないもの買ってもしょうがないですし。好きなアーティストと同じものを買う方もいます」

定番のフェンダー・ストラトキャスターだけでもたくさんのモデルがある

定番のフェンダー・ストラトキャスターだけでもたくさんのモデルがある【もっと写真を見る】

なんと。ギターを選ぶ際はまずは自分の直感で選んじゃいましょう……! とはいえ、好みだけで選ぶにはあまりにも価格帯が幅広いのが悩みどころ。安いものでは2〜3万円くらいのものもありますし、一方で30万円を超えるものもたくさん。ビンテージ・ギターになると、更にゼロが一つ加わります。さすがに、見た目が気に入ったからといって、あまり高価なものを買うわけにもいきません。

――初めてギターを買う方は、どのくらいの価格帯のギターを選んでいるんですか?

「大人の方ですと、10万から20万円いかないようなものを買っていく方が多いですね」

――初めてなのに結構高めですね。

「せっかくなので、と良いものを求める方が多いのかなという気はしますね。通販だと1〜2万、3万円台のものも結構売れてるんですけどね。お店では『良いものをちゃんと選びたい』という人が多いような気がします」

なるほど……! この品ぞろえの多さを目にすると、良いものを選びたくなるのもうなずけます。

しかし、10万から20万円のギターでないといけないなんてことはもちろんありません。店内に入ってすぐのところには、初心者におすすめ!コーナーにお手頃価格のギターがずらり。2〜3万円のものだけでもこんなにたくさんあるんです。

店舗入口近くに並ぶ、2〜3万円台のエントリーモデル

店舗入口近くに並ぶ、2〜3万円台のエントリーモデル【もっと写真を見る】

しかし本間さんによると、「フレットのすり合わせなど、修理で1万から2万円かかることもあるので、長く続けたい方は良いものを買うのがおすすめです」とのこと。

長く続ける思いがある方は、本体だけでなく調整や修理費も考慮した方がよさそうです。

となると、気軽に始められる安さで、でも2、3万円では不安……という人の最初の一本は5万から10万円、もっと良いものを! という方はそこから20万円弱といったところでしょうか。

ギターの生産国にこだわってみる

――ほかにギター選びの基準はありますか?

「ギターを選ぶ上で見た目の次に基準にする方が多いのは、生産国です。中国製、インドネシア製、日本製など、生産国によってランクがわかれていくので、そういう説明をすると品質が安定したものを欲しいと言って日本製を選ぶ方もいます」

――日本製となると値段も高くなりますか?

「例えばフェンダーの日本製が欲しいとなると10万円前後になりますね。でもフェンダーブランドにこだわらないのであれば、日本製で6万円くらいのものもありますよ」

そう言って紹介してくださったのがこちら。FUJIGENのエレキギターです。日本製なのに5万円台。安いし日本製だし、いいとこ取りです。

日本製FUJIGENのギター。テレキャスタータイプが5万円台

日本製FUJIGENのギター。テレキャスタータイプが5万円台【もっと写真を見る】

もうちょっと選択肢がほしい! という方、中古コーナーはいかがでしょう。とってもきれいなギターがたくさん……!

――これ、中古なんですか?

「中古です。集めるだけ集めて、弾かないできれいなまま売りに出てきちゃったみたいなものもありますね」

フェンダーの日本製のギターも、同じ仕様で新品を手に入れようとすれば10万円程度ですが、中古コーナーにはなんと6万円程度のものがありました。こんなにきれいだったら全然気になりません。中古品に抵抗がなければ、掘り出し物をみつけるのもいいのではないでしょうか。

中古品のコーナー。新品のようにきれいで割安なものから、ビンテージで100万円を超えるものもある

中古品のコーナー。新品のようにきれいで割安なものから、ビンテージで100万円を超えるものもある【もっと写真を見る】

――今人気のブランドとか、ありますか?

「最近は原点回帰している雰囲気があります。定番のフェンダーやギブソンを求める方が多いですね」 

「フェンダーは歴史が長いのですが、この色は今まで出したことなかったんです。新色という形で今回発売したんですけど、売れる売れる」

人気の新色、ソニックグレーのフェンダー・ストラトキャスター

人気の新色、ソニックグレーのフェンダー・ストラトキャスター【もっと写真を見る】

最近の新色だという、アンティークオリーブとソニックグレーのストラトキャスター、どちらも深みのある良い色です。こちらはアメリカ製。アメリカ製のギターは14、15万からのお値段だそう。長く続けようと考えている方にはちょうど良い価格かもしれません。

ところでアメリカ製と日本製、音ってどのくらい違うのでしょう? ということで、本間さんが試奏してくださいました。

こちらが日本製。

【動画】日本製フェンダー・ストラトキャスターを試奏

続いて、こちらがアメリカ製。

【動画】アメリカ製のフェンダー・ストラトキャスター

比べてみるとその違いは歴然としています。アメリカ製のものの方が明るい音色をしているように聞こえませんか?(※動画はスマホ撮影・収録のため、興味がある方はぜひお店で聴き比べてみてください)

まさかこんなに音色が異なるとは。音の好みでも選択肢を広げることができるんですね。

(文・村上麗奈、写真・瀬戸口翼)

>> 「後編:試奏のポイントとこだわりのギター」へ続く……

あなたのギターを見せてください!

 

「もうギターは持っているよ」という&M読者の皆さん、ギターの写真や演奏動画などをぜひ自慢しちゃってください。#ギター見せてください ハッシュタグで、ぜひツイートを! お待ちしています。

さらに!

#俺のギターが一番カッコいい ハッシュタグでも素敵なギターの写真をたくさん見ることができます!

山野楽器 ロックイン新宿ギター&ドラム館
東京都新宿区新宿3-35-16 ジュラクツイン A
03-5269-0795
https://www.yamano-music.co.jp/shops/rockinn-shinjuku-1/

FUJIGEN
https://fujigen.co.jp/

あわせて読みたい

 

[ &M公式SNSアカウント ]

TwitterInstagramFacebook

「&M(アンド・エム)」はオトナの好奇心を満たすwebマガジン。編集部がカッコいいと思う人のインタビューやモノにまつわるストーリーをお届けしています。

大人のガンプラ愛を呼び起こす! 開発担当者に聞く、40年の変化

TOPへ戻る

〈ギターを弾こう〉後編:試奏のポイントとこだわりのギターを紹介

RECOMMENDおすすめの記事