いしわたり淳治のWORD HUNT

小さなありがとうの無数の積み重ね いしわたり淳治が見た「愛の歌」の一つの正解

音楽バラエティー番組『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)で披露するロジカルな歌詞解説が話題の作詞家いしわたり淳治。この連載では、いしわたりが歌詞、本、テレビ番組、映画、広告コピーなどから気になるフレーズを毎月ピックアップし、論評していく。今月は次の5本。

1 “成美さん (LOVE) 成美さん (LOVE) そういつまでも かわらないMyエンジェル”(木梨憲武『I LOVE YOUだもんで。』歌詞)
2 “面倒くさいコトが幸せなんだよ”(所ジョージ)
3 “今年どうしたいかを漢字一字で”(羽田美智子)
4 “今日、水のはじきいいな!”(関根勤)
5 “さ、ひっくり返そう。”(そごう・西武の正月広告)

最後に日々の雑感をつづったコラムも。そちらもぜひ楽しんでいただきたい。

いしわたり淳治 今気になる五つの言葉

 

小さなありがとうの無数の積み重ね いしわたり淳治が見た「愛の歌」の一つの正解

メロディーに歌詞を乗せるという行為は、どうしても聞き手を選別してしまう。失恋の歌は幸せな恋愛をしている最中の人の心は素通りして失恋した人の心に響くものだし、夢を追う自分を奮い立たせる歌は同じような境遇の人に響くものだし、孤独な歌は孤独を感じている人に響くものである。もしもメロディーに歌詞が乗ってさえいなければ、純粋に音楽として聞けたかもしれない楽曲が、歌詞がついたことで聞き手を選ぶようになってしまうのは、作詞において逃れることのできない宿命のようなものである。

そのため作詞はなるべく多くの人にあてはまるような描写やエピソードが描かれがちになる。間違っても曲中で、 “今この歌で歌われている「あなた」は30代後半の身長180㎝の面長の男性で、昔はやんちゃしていたけど今はとても真面目に仕事をしており、横浜生まれの横浜育ち、元カノと別れたのは1カ月前、女友達は多いほうで、髪の毛はサイドをツーブロックに刈り上げ、普段からこだわりのオーダースーツを着ています”みたいな細かな人物説明がなされることはまずない。

「私の私の彼は左利き〜」と歌っただけで、世の中の半分以上の男性に当てはまらなくなってしまうような歌の世界において、個人が見えるような細かい描写よりも、お互いの恋愛感情の部分だけにフォーカスした作詞をするほうが賢明なのである。

木梨さんの『I LOVE YOUだもんで。』を聴いた時は驚いた。Aメロの冒頭から、銀行に行きたくないとか、親の墓のことを任せきりだとか、テレビ見ながら8時前に寝ちゃってもタオルケットを肩までかけてくれる、みたいな個人的なエピソードばかりが並んで、サビでは「成美さんLOVE」と奥さんの実名で歌われる、これ以上ないくらいに個人的な歌である。

でも、思った。むしろ、ここまで具体的に書いたことで、この歌はいわゆる熟年夫婦の心には響いたのではないか、と。長年連れ添った奥さんへの愛の歌は、いわゆる一般的な最大公約数みたいなラブソングでは、到底語り尽くせないだろう。歌にもならない小さなありがとうの無数の積み重ねが熟年夫婦の愛の歌としては正解なのかもしれない。

こんな歌を真正面から歌えるなんて、本当にすてきなご夫婦である。今頃、日本のどこかで、この歌の名前やエピソードを替え歌して、自分の奥さんに歌っている旦那さんがいたらいいなあと思う。

 

小さなありがとうの無数の積み重ね いしわたり淳治が見た「愛の歌」の一つの正解
BSフジで放送している『所さんの世田谷ベース』。所さんが自分のバイクを直したり、モデルガンをいじったり、プラモデルにアルミテープをひたすら貼ったり、ガラスの牛乳瓶に白いソフトビーズを詰めたり、庭でとれた桑の実でジャムを作ったり。毎度、見るからに面倒くさいことを、所さんは喜々としてやっていて、CMに入る時には画面に「面倒くさいコトが幸せなんだよ」の文字が流れていく。

なるほど。たしかに、思えばこの世は面倒くさいことばかりである。旅行に行きたいと思っても、行き先を決めて、宿を調べて、交通チケットを取って、荷造りをするのは、そこまで旅行が好きではない私にとってははっきり言って面倒くさい作業である。

同じように、自分がいくら野球が好きだからといって、いざ草野球をやろうと、仲間を集め、ユニホームや道具をそろえ、スケジュールをすり合わせ、球場を押さえ、審判と相手チームを手配する、なんてことは考えただけでも気が遠くなる。でも、きっと本物の旅行好きや野球好きはこれらの煩わしいことを何とも思わないのだろう。

そう考えると、その人らしさというのは、「何を面倒くさいと思わないか」に色濃く出ているのだろうなと思う。おそらく私が生業にしている「作詞」という仕事も、興味のない人にとってはものすごく面倒くさいことに違いない。でも、私は歌詞を書くことを今日もただ面白いと思ってやっている。

もうすぐ春。今年もまたたくさんの新社会人が世に出ていく。就職の段階で自分のやりたいことが見つけられた人は本当に幸せだが、はっきりと見つけられないままに何となく職場を決めた人も多いだろう。

もしかしたら、すぐに辞めたいと思ってしまうかもしれない。本当に転職を考えるなら、自分がやりたいことは何なのかと悩むのではなく、「他人には面倒くさいはずなのになぜか自分にとっては面倒くさくないこと」を考えてみるといいかもしれない。天職というのはその先にしかないような気がする。

 

小さなありがとうの無数の積み重ね いしわたり淳治が見た「愛の歌」の一つの正解

1月1日放送の日本テレビ『今夜くらべてみました 元日3時間スペシャル2020』でのこと。俳優の羽田美智子さんが共演者の皆に「今年どうしたいかを漢字一字で書いて」と提案していた。困惑しながら、指原莉乃さんは「愛」と書き、若槻千夏さんは「学」と書いた。年末になると“総括”としての「今年の漢字」というのが発表になるけれど、年始の段階で“抱負”としての個人的な「今年の漢字」を書くというのは、なるほど面白いかもしれないと思った。

しかし、これがいざ考えてみると案外難しい。一字で書けることなどたかが知れているし、新年早々自分の内面をえぐるような戒めの文字を書くのも何だか息苦しく、それだけで嫌な一年になりそうな気がしてくる。

すこし考えて、私は「運」と書こうと思った。運がいい、というのは生きていく上でとても大事なことだ。もっと言えば、「自分は運がいい」と思って暮らすことが大事だと思う。もし仮に交通事故に遭ったとしても、ただ「運が悪かった」と悔やむよりも、「これくらいのけがで済んで運が良かった」と思うほうが、より多くの幸せを味わえる人生になるだろう。

そういえば先日、キャリーオーバーがすごいことになっているよと人から言われて、言われるがままロトを買ってみたけれど、はずれた。いやあ、でも良かった。もし大金が当たっていたら人生が狂うところだった。いやあ、本当におれって運がいいなあ。

 

小さなありがとうの無数の積み重ね いしわたり淳治が見た「愛の歌」の一つの正解

1月7日放送のTBS『この差ってなんですか?』で、「褒め方が『上手な人』と『そうでない人』の差」をやっていた。上手な褒め方の例として、ただ褒めるのではなく「前から思っていたんですけど……」といった一言を足す、「〇〇さんが、君の仕事ぶりがすごかったって言ってたよ」と第三者の名前を出して間接的に褒める、などの方法が紹介されていた。

そして、最後に褒めの達人である関根勤さんが、でも大前提として本心から褒めていないと伝わらないですよと付け加え、「だから、訓練すればいいと思うんですよ。何でもいいんですよ。自分でシャワーした後に“今日、水のはじきいいな! おれの皮膚! いいぜ! 頼むぜ!”って。訓練。そうしたら自然な表情で褒めることができるようになるから」と言って笑った。たしかに、1日に30分間とにかく褒め言葉しか言わないタイムを設けてみたら面白いかもしれない。

余談だけれど、私は関根さんと誕生日が同じで、物心ついた時から星占いを見かけるたびに内心で「じゃあ、関根さんもかあ……」と思っている。2020年は直感を信じるといいらしいですよ、関根さん。

 

小さなありがとうの無数の積み重ね いしわたり淳治が見た「愛の歌」の一つの正解
 
そごう・西武の正月広告のコピーがいい。まだこんな誰もやっていない手法があったのかと素直に驚いた。その広告は、幕内最軽量力士である炎鵬関の写真の横に、大きく「さ、ひっくり返そう。」とあり、それに加えて小さな文字でこのような文章が書かれてある。

大逆転は、起こりうる。
わたしは、その言葉を信じない。
どうせ奇跡なんて起こらない。
それでも人々は無責任に言うだろう。
小さな者でも大きな相手に立ち向かえ。
誰とも違う発想や工夫を駆使して闘え。
今こそ自分を貫くときだ。
しかし、そんな考え方は馬鹿げている。
勝ち目のない勝負はあきらめるのが賢明だ。
わたしはただ、為す術もなく押し込まれる。
土俵際、もはや絶体絶命。

この文章を上から読むと普通にネガティブな内容であるが、これを上下“ひっくり返して”一番下から1行ずつ読むと、一転してかなりポジティブな内容に変わる。何だろう、この手品みたいな仕掛けは。回文のように “文字”を逆から読むという発想はあっても、“1行ずつ”逆から読むという発想は、なかなか思いつくものではない。

ふと、この広告を見た瞬間、これをメロディーに乗せて歌にしたら面白いかもしれないと思った。1番はマイナーキーの暗い曲調で上から普通に歌い、2番は明るいメジャーキーに転調して1行ずつ逆から歌う。最初は訥々(とつとつ)とした弾き語りなのに、曲の進行にあわせてどんどん壮大なオーケストラアレンジになっていく、なんてのもいいかもしれない。どうだろう。誰かやってみてくれないかしら。

<mini column>おめでたいサングラス

年末から体調を崩して何もできなかった。一つの風邪が治っては、またすぐに別の風邪をひいて、というのを3回繰り返して、結局なんだかんだで今もまだ体調は優れない。

何もしない正月というのも、それはそれでぜいたくな過ごし方だとは思うけれど、何でもやれるのにあえて何もしないのと違って、来る日も来る日も予備エネルギーでひょろひょろと家の中を動き回るだけの何もできない感じは、はっきり言って悲惨でしかない。

せっかく2020年なんていう「年号サングラス」にしやすそうな年になったのだから、そんなのを掛けてパーティーのひとつでもしたかった。というのもこの間、家の荷物の中から2001年から2005年までの年号サングラスが出てきた。別に集めていた覚えもなかったのに。

いやあ、あの頃は若かったなあ。毎年、浮かれていたんだなあ。なんてことを高熱の中でぼんやりと思いながら、「もう風邪ひくのに飽きたよ」と何げなくつぶやいたら、家人に「看病するのも飽きましたけど」と言われて、力なく笑った。

あわせて読みたい

岡崎体育が生み出す“キャッチーな違和感” 日本の音楽を楽しくする言葉と歌唱力

「どれが卵の味かわからない」……作詞家いしわたり淳治が“絶対に思いつかない!”と驚いた一言

死ぬまで忘れないタイトルとは? いしわたり淳治がしびれたB’zの曲名

『偽装不倫』主題歌「us」で到達した高み miletの時代、幕開けの予感

RADWIMPS・野田洋次郎は「言葉の角度を変えて耳新しさを出す天才」

いしわたり淳治のWORD HUNT:連載一覧はこちら

[ &M公式SNSアカウント ]

TwitterInstagramFacebook

「&M(アンド・エム)」はオトナの好奇心を満たすwebマガジン。編集部がカッコいいと思う人のインタビューやモノにまつわるストーリーをお届けしています。

PROFILE

いしわたり淳治

1997年、ロックバンドSUPERCARのメンバーとしてデビュー。全曲の作詞とギターを担当。2005年のバンド解散後は、作詞家としてSuperfly、SMAP、関ジャニ∞、布袋寅泰、今井美樹、JUJU、少女時代、私立恵比寿中学などに歌詞を提供するほか、チャットモンチー、9mm Parabellum Bullet、flumpool、ねごと、NICO Touches the Walls、GLIM SPANKYなどをプロデュース。現在オンエア中のコカ・コーラCM曲「世界はあなたに笑いかけている」(Little Glee Monster)や、情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)のエンディングテーマ曲「Electric Kiss」(EXO)の作詞も担当するなど、さまざまな音楽ジャンルを横断しながら通算600曲以上の楽曲を手掛ける。

岡崎体育が生み出す“キャッチーな違和感” 日本の音楽を楽しくする言葉と歌唱力

一覧へ戻る

RECOMMENDおすすめの記事