小川フミオのモーターカー

速い、美しい “名”レーシングカー ジャガーDタイプ

機能美という言葉があるが、ことクルマ、それも1960年代までのレーシングカーでは、機能プラス美、と言い換えたほうがいいように思える。速い、同時に美しい。代表格が「ジャガーDタイプ」である。

(TOP写真:リベット留めのアルミニウムボディーなど、まるで航空機のようだ)

英国のジャガーカーズは、1948年の「XK120」にはじまり、51年の「Cタイプ」、そして54年の「Dタイプ」と、数々の“名”レーシングカーを送り出してきた。

1956年にレースに出たショートノーズと呼ばれる仕様

1956年にレースに出たショートノーズと呼ばれる仕様

CタイプからDタイプへと“進化”するなかで、数々の画期的な技術が採用された。一つは航空機由来の流体力学の採用、もう一つはモノコックボディー。さらにエンジンやブレーキなども、高性能化していった。当時の英国の自動車界は、世界最高峰の技術力を誇っていたのである。

54年にル・マン24時間レースでデビューした際は、(優勝は逃したものの)時速275キロ超を記録したのだから、当時としてはスーパーレーシングと呼びたくなる高性能ぶりだった。

もっとも美しいロングノーズのボディー

もっとも美しいロングノーズのボディー

ル・マン24時間レースでは、Cタイプで51年と53年に優勝。続くDタイプはル・マンでの優勝の目標に開発されただけあって、55年、56年、57年と3年連続でチャンピオンシップを獲得しているのだ。

なかでも57年は、アイバー・ビューブとロン・フロックハートのドライブしたエキュリー・エコッスのDタイプが優勝。上位6位のうち5台がDタイプだった(5位にフェラーリ315スポルトが食い込んだのみ)。

レースカーなので回転計のみで速度計はない

レースカーなので回転計のみで速度計はない

ジャガーは正式には56年にレースから撤退(そのあとは83年のXJRまでツーリングカーレースをのぞいて本格的なレースカーはほぼ空白)。でも上記のように、エディンバラに本拠地を置くエキュリー・エコッスなどの強力なプライベートチームが頑張って、レース史に残る57年の記録を打ち立てたのである。

3連のツインチョーク式ウェバー・カーブレターが並ぶ直列6気筒は当初3.4リッターでのちに3.8リッターになった

3連のツインチョーク式ウェバー・カーブレターが並ぶ直列6気筒は当初3.4リッターでのちに3.8リッターになった

そのあたりは、フォードGTを思い起こさせる。フォードがレースから撤退した後も、英国のチーム、JWオートモーティブエンジニアリングが、GT40で68年と69年のル・マン24時間レースで優勝を勝ち取ったのだ。

ジャガーDタイプは、流れるようなスタイルのボディーに、大きなヘッドランプと楕円(だえん)形の空気取り入れ口、生物を思わせる力強い造形が特徴的だ。加えて、ドライバー背後にそそり立つスタイビライザーが航空機のようなスピード感を表現していた。

ドアにセントアンドリュークロスをモチーフにした「エキュリー・エコッス」のエンブレム

ドアにセントアンドリュークロスをモチーフにした「エキュリー・エコッス」のエンブレム

今のように、デザイナーが、量産車とイメージがつながるように車体をデザインして……なんてことはなかったはずだ。航空産業で流体力学を研究していたエンジニアも参加しつつ、レースで勝つかたちを追求して、その結果である。必然的にできたともいえるかたち。それゆえに力強いのだろう。

(写真=Jaguar Land Rover 提供)

あわせて読みたい

確固たる地位にある「ジャガーEタイプ」

典型的な黄金比の「ジャガーXJ」

小川フミオのモーターカー:連載一覧はこちら

[ &M公式SNSアカウント ]

TwitterInstagramFacebook

「&M(アンド・エム)」はオトナの好奇心を満たすwebマガジン。編集部がカッコいいと思う人のインタビューやモノにまつわるストーリーをお届けしています。

PROFILE

小川フミオ

クルマ雑誌の編集長を経て、フリーランスとして活躍中。新車の試乗記をはじめ、クルマの世界をいろいろな角度から取り上げた記事を、専門誌、一般誌、そしてウェブに寄稿中。趣味としては、どちらかというとクラシックなクルマが好み。1年に1台買い替えても、生きている間に好きなクルマすべてに乗れない……のが悩み(笑)。

前輪駆動化されてもスポーティー 新BMW118iに試乗

一覧へ戻る

威風堂々 豪州で開発された「マツダ・ロードペーサーAP」

RECOMMENDおすすめの記事