プロレス偏愛

ファンと選手、販売業者の複雑な愛と人間関係……「プロレスマスク」をめぐるコアな世界/【プロレス偏愛】#02

特集プロレス偏愛第2回はプロレスを象徴するアイテムの一つ「マスク」について。選手にとっての商売道具は、ファンからすれば究極のプロレスグッズ。人気選手のマスクは、時に高値で取引される。

&M編集部は2019年11月、東京・水道橋にあるプロレスマスク専門店「デポマート」を訪れた。選手から直接マスクを仕入れ、一般向けに販売しているデポマートは、プロレス業界ではよく知られた存在だ。同店のオーナー大川昇さんに、プロレスマスク取引の裏側や、アイテムとしての魅力を語ってもらった。

【関連記事】
プロレス「復権」までの10年を振り返る

『週刊プロレス』唯一の女性記者が“プロレス沼”に行き着くまで

リングドクターが見たプロレスラーの驚異の肉体

>>特集の一覧ページはこちら

「マスクを売ってほしい」と言ったら選手に驚かれた

ファンと選手、販売業者の複雑な愛と人間関係……「プロレスマスク」をめぐるコアな世界/【プロレス偏愛】#02

6畳ほどの店内にひしめくプロレスマスク。「正確に数えたことはないけれど、100種類以上はあります」と大川さん

2001年に開店したプロレスマスク専門店「デポマート」。店内には100種類を超えるマスクがひしめき、数千円のものから、十万円を超えるものまで陳列されている。

マスクの市場価値は「デザイン」「ディテール」「製造メーカー」「製造時期」「選手の価値(実績)」「試合での着用の有無」「試合の価値」などから決まり、ビッグマッチで着用された特別なデザインや、後世に語り継がれる名勝負で着用されたもの、素材でいえば、本革が使われている年代ものが高く評価される傾向にあるという。

どのファクターに価値を置くかは人によって異なるが、大川さんは「選手の価値」と「試合の価値」を重要視する。

「たとえばデポマートでは、同じ選手のマスクでも、駆けだしの時代とスターになった後で価格を変えています。その分岐点となったような試合のマスクも高く評価します。実績や人気に応じて価格が上昇すると、『昔は安く買えたのに』と言われることもありますが、僕の感覚では当たり前のこと。それが選手へのリスペクトだと考えます」

プロレスマスク販売店や個人売買のサイトには、出どころが不明瞭なマスクやレプリカなどが出回っている。「本物」を扱うことにこだわる大川さんは、マスクを選手から直接仕入れ、選手にかぶってもらったところを撮影した“証拠写真”もつけて販売している。

「デポマートは高いってよく言われるんですよ。以前、ドクトル・ワグナー・ジュニア選手にマスカラ戦のマスクと同じものを作ってもらって8万円で売り出したことがありました。ところが程なくして、選手を通さずに作られたコピー品がネットなどで2、3万円で売られていた。コピー品で十分な人は、それを見て『デポマート、高いじゃないか』となる。逆にドクトル・ワグナー・ジュニア選手のコアなファンは、うちの金額に納得して購入してくれます。選手の価値を認めてくれているからだと思います」

 

ファンと選手、販売業者の複雑な愛と人間関係……「プロレスマスク」をめぐるコアな世界/【プロレス偏愛】#02

デポマートのマスクには使用された時期や試合名など細かい情報が記載されている

いつからこれほどマスクとストイックに向き合うようになったのか。マスクにはまった原点を尋ねると大川さんの顔がほころんだ。

「きっかけはミル・マスカラス選手です。子供の頃から大のプロレスファンで、いつかメキシコで大量のマスクを買おうと妄想していました(笑)」

大川さんは20歳でプロレス専門誌のカメラマンになり、3年後に念願のメキシコへ。マスクを探しに街を巡ると、土産用の安価なレプリカばかりが売られていた。大川さんはどうしても本物が欲しくなった。

「当時は本物のマスクが一般には流通していない時代。試合後に控室に行って選手に売ってほしいと頼むと『プレゼントするよ』と言ってくれました。彼らには『売る』という発想がなくて、自分のマスクを欲しいという異国の人間がいることを喜んでくれました」

「当時僕は駆け出しのカメラマンです。彼らにとって重要な人間でもなかったのに、快くプレゼントしてくれた。その心意気に感動したことを、今でもよく覚えています」

プレゼントの恩返しをしたい一心で、大川さんは知り合いの海外選手が来日した際に、選手とその家族を食事などに連れていくようになった。プロレスマスクが趣味の域を出て、選手との友情の証しに変わった瞬間だった。

ファンと選手、販売業者の複雑な愛と人間関係……「プロレスマスク」をめぐるコアな世界/【プロレス偏愛】#02

2019年1月・新日本プロレス「FANTASTICA MANIA2019」参戦のため来日した CMLLの”神の子”カリスティコからマスクを仕入れる様子(提供:大川昇さん)

「マスクは売れる!」高まるレスラーのビジネスマインド

1990年、大川さんにマスクを本格的に商品として扱うきっかけが訪れた。この年、「ルチャ・リブレを直輸入する」というコンセプトで「ユニバーサル・レスリング連盟」が旗揚げされ、シリーズごとにルチャドール(メキシコのプロレスラー)が来日するようになった。これを機に日本でも本場のマスクマンが身近な存在になっていく。

「この頃から、僕が仕事でメキシコに行くのに合わせて、ファンから『あの選手のマスクを買ってきてほしい』とオーダーが入るようになりました。僕には現地の選手とのネットワークがあるからです。当時は年3回メキシコに行って、2週間くらいかけていろんな試合を巡り、200枚ほどマスクを買い付けていました」

 
ファンと選手、販売業者の複雑な愛と人間関係……「プロレスマスク」をめぐるコアな世界/【プロレス偏愛】#02

「デポマート」の店主大川昇さん

大川さんのうわさはメキシコで選手の間でも広まった。試合後に日本とコネクションを作りたい選手がマスクを持って行列をつくるほど商売は順調だった。だが、大川さんは陰で苦悩を感じていた。

「僕がオーダーしている以外のマスクも買ってほしいと選手から求められることがしばしばありました。また、『あの選手から買うなら、俺のも買ってくれ』と他の選手から求められたり、教えてないのに試合後に僕の宿泊先に選手が来たりすることも……。今だから言えますが、選手との関係性の維持や身の安全を考えて、僕はどんな選手が来ても最低1枚は買うようにしていました。欲しいマスクだけをこちらの都合で仕入れることはできないのです」

メキシコの選手たちのビジネスマインドは、その後もどんどん高まっていった。それまで試合用のマスクは1シリーズ5枚程度用意するのが常だったが、試合で使わない規模の枚数を持参する選手も現れた。

選手が大量にマスクを保有するようになると、既存メーカーの生産が追いつかなくなった。やがてメキシコでも日本でも大小様々なマスクメーカーやマスク職人が参入し始め、「誰が作ったか」もマスクの価値(価格)を決める一つのファクターになった。

マスクの売買が活発化したことで、同業者も増えていった。だが、年間数百枚を取り扱っていたのは「おそらく僕だけ」。大川さんが年3回メキシコに買い付けに行く時代は12、13年続き、その流れで2001年に「デポマート」をオープンした。

ファンと選手、販売業者の複雑な愛と人間関係……「プロレスマスク」をめぐるコアな世界/【プロレス偏愛】#02

裏のタグに正規品であることを証明するスタンプが押されているマスクも

“戦利品”をネットに投稿 トラブル発生

店をオープンして数年後、状況がゆるやかに変わっていった。オークションなどの個人売買が盛んになるだけでなく、SNSが普及してファンが選手と直接交渉できるようになり、販売業者としての立場が揺れ始めたのだ。

「ファンはSNSを介して『今度、日本の試合で使用するマスクを買いたい』と海外の選手に直接言えるようになりました。選手の側にも葛藤があると思います。たとえ僕に渡す約束をしていても、(ファンに売った方が高く売れるので)利益を考えると……。また、僕はそういうファンの方とも基本的には顔見知りなので、結果的に彼らとの間で望まない形での価格競争のようなものが生まれてしまいました」

ファンと選手、販売業者の複雑な愛と人間関係……「プロレスマスク」をめぐるコアな世界/【プロレス偏愛】#02

「デポマート」オーナーの大川昇さん

ファンから直接マスク販売の交渉を持ちかけられた選手の中には、大川さんとの約束を守る人もいれば、守らない人もいた。ただ、スターになる選手の多くはきちんと約束を守り、今も付き合いが続いているという。

一方、選手に直接交渉しても目当てのマスクを入手できなかったファンの中には、売ってもらえなかったことに納得がいかず、大川さんに負の感情をぶつけてくる人もいた。なぜあなただけがマスクを買えるのか、と。

「僕が30年かけて築いてきた信頼関係はなかなか理解はできないと思います。その場だけの付き合いではないので……」

そう言いながら大川さんは、事務所の壁に飾られたマスクに目を向けた。

ファンと選手、販売業者の複雑な愛と人間関係……「プロレスマスク」をめぐるコアな世界/【プロレス偏愛】#02

店の奥の事務所には、大川さんが選手からプレゼントされたマスクの一部が飾られている

ファンと選手、販売業者の複雑な愛と人間関係……「プロレスマスク」をめぐるコアな世界/【プロレス偏愛】#02

ももいろクローバーZのメンバーが着用したプロレスマスク。大川さん自らサンプルマスクを中野サンプラザのイベントへ持ち込み、コンサート会場で商品化もされ10枚限定で販売された。

「たとえば、あそこにあるマスクはドラゴン・リー選手がIWGPジュニアヘビー級王座に就いた後の防衛戦でかぶったもの。

販売したらものすごく高値になります。でも彼は『お世話になったお礼にこれはあなたにプレゼントしたい』と言ってくれた。すごくピュアですよね。僕はいただいたものは、もちろん販売しません」

ファンと選手、販売業者の複雑な愛と人間関係……「プロレスマスク」をめぐるコアな世界/【プロレス偏愛】#02

右から2番目にあるのがドラゴン・リー選手からプレゼントされたマスク

ブログやSNSが広まってからは、持ち主が自らのマスクを発信することも珍しくなくなった。大川さんもプレゼントされたマスクをブログに載せることがある。選手の人柄を伝えるためだ。

他方、所有者がマスクをネットにアップすることで問題が生まれることも少なからずある。たとえば、複数の買い手が競合するような人気マスクの場合、購入できた人が“戦利品”をネットにアップすると、入手できなかった人がそれを見て購入者を中傷することがある。

また、大川さんのような販売業者に「なぜ私ではなくあの人に売ったのか」とクレームめいた連絡が来ることもある。ネットが普及してから、大川さんの仕事上のしがらみはますます増えた。

この先お店をどうするのか。大川さんに尋ねると、「あと数年で畳むかもしれない」と本音が漏れた。

「利益だけを考えるなら、店舗を辞めて通販に絞ったほうがいいですから。ただ、この店には僕の価値観を理解してくれる人が今も来てくれます。顔と名前が一致して、マスクのことも、それ以外のことも気兼ねなく話せる人たち。彼らは買い物ついでに1、2時間雑談もされていきます。きっと、僕がマスクを手に入れたプロセスも含めて価値を見出してくれて、この店を好きでいてくれているのだと思います。そういう人たちがいらっしゃる間は、あと数年はこの店に立っていようと思う」

大川さんは1991年、憧れだったミル・マスカラスに大阪の試合会場で面識を得て、公私共に親しくなり、直接マスクを譲ってもらうという夢を叶えた。その時、相応の対価を払おうとした大川さんに、マスカラスは「お前は友達だから売れない」といって、プレゼントしてくれた。

マスクは、選手そのものであり、プロレスという物語の一部であり、選手との友情の証し……。そして今では、同じ価値観を持つマスクファンとのつながりの証しでもある。

「僕や、このお店に来てくれるお客さんにとっては、マスクはただの物ではないんですよ」

ファンと選手、販売業者の複雑な愛と人間関係……「プロレスマスク」をめぐるコアな世界/【プロレス偏愛】#02

小さな頃から憧れてきた二大レスラー、テリー・ファンク(左)とミル・マスカラス(右)と公私共に親しくなった大川さん。事務所の壁には3人で記念撮影した思い出の一枚が飾られていた

(取材・金崎将敬 撮影・岩渕一輝)

【店舗情報】
「DEPOMART」
〒113-0033 東京都文京区本郷1-12-7塩原ビル2F
TEL/FAX 03-3818-3450
定休日 月曜、火曜(臨時休業あり)
営業時間 13:00~16:00
HPはこちら

 

【その他の特集記事】

プロレス「復権」までの10年を振り返る

『週プロ』唯一の女性記者が“プロレス沼”に行き着くま

リングドクターが見たプロレスラーの驚異の肉体

>>特集の一覧ページはこちら

[ &M公式SNSアカウント ]

TwitterInstagramFacebook

「&M(アンド・エム)」はオトナの好奇心を満たすwebマガジン。編集部がカッコいいと思う人のインタビューやモノにまつわるストーリーをお届けしています。

プロレス「復権」までの10年を振り返る / 【プロレス偏愛】#01

一覧へ戻る

『週刊プロレス』唯一の女性記者が“プロレス沼”に行き着くまで/【プロレス偏愛】#03

RECOMMENDおすすめの記事