「フワちゃんTV」のブレーン長崎周成が教えるYouTubeヒット戦略

世はまさに、YouTube戦国時代。YouTuberは子供たちの憧れの職業になり、テレビで活躍する有名人や大手企業も、次々と進出してチャンネルを立ち上げています。それだけに、新しく立ち上げたチャンネルで万単位のファン(登録者)を獲得することは、とても難しくなっています。

そんな中、ほぼ知名度のない状態で走り出し、2年足らずで52万人以上のチャンネル登録者数を達成したチャンネルがあります。今やテレビ番組でも大活躍のYouTuber芸人「フワちゃん」が出演する「フワちゃんTV」です。

目がチカチカするような色のスポブラを着用した女性が登場し、「おはぴよ~♪フワちゃんで~す」というご機嫌なあいさつでスタート。そして、終始異常なハイテンション。初めて見た時はなんてクレージーな動画なんだと思いました。

でも編集は凝ってるし、フワちゃんのワードチョイスも絶妙。さらに企画も「【最高旅企画】NYで綾部を見つけるまで帰れまてん」などエッジの立ったものが多くてめちゃくちゃ面白い。気がついたら、僕はすっかり「フワちゃんTV」に魅了されていました。

その「フワちゃんTV」の発起人が長崎周成さんです。

「フワちゃんTV」のブレーン長崎周成が教えるYouTubeヒット戦略

長崎さんはテレビ番組の企画を考える放送作家。いわば「企画考案のプロ」で、「フワちゃんTV」の企画もほとんど長崎さんが考案しています。

また短い期間で多くのファンを獲得した「フワちゃんTV」のチャンネル戦略と、YouTube以外のフワちゃんのイベントなども企画構成する長崎さん。

群雄割拠のYouTubeの世界で、多くのファンを獲得できた戦略と、今後の展望について、長崎さんに聞きました。

【動画】「フワちゃんTV」のブレーン・長崎周成さんインタビュー

YouTubeでファンを獲得する鍵は「人」

――本日はよろしくお願いします! さっそくですが、企画立案のプロが考えるYouTube上で再生される企画ってどういうものでしょうか?

いきなりですね(笑)ぼくなりの分析ですが、タイトルを聞いてあまり深く考えなくても衝動的に「おもしろい!」と感じる企画がいいと思います。

東海オンエアさんが上手ですね。例えば「カッコよくオープンカー飛び乗り選手権!!!」とか。タイトルだけで秀逸なバカが伝わる企画です。

ユニークな設定ひとつで全編を完結させる企画は、個人のメディアであるYouTube向きなのかなと 。

――テレビではこういう企画ができないということですか?

できなくは無いと思いますが、テレビで企画を考えるときは、制作に携わる人が多い分“撮れ高”に保険をかけなきゃいけないし、そのためのチェックのフィルターも多い。

どんな番組でも 尺が決められている以上、ひとつの設定だけの企画で勝負するのは“見えない”となることが多いです。

でもYouTubeでは、企画に最適化された動画尺を自分たちで決めて作り上げることができる。だから、アイデアの突破口とオチさえ見つければ走っていける。またよくも悪くも企画の継続性 まで考えなくても良いのがYouTube。そういう意味では自由度が高く面白いですね。

ただ、YouTubeの本当の面白いところは、企画の強さよりも「人(=出演者)」の強さに視聴者が引きつけられるところにあります。テレビよりも、もっと人にフォーカスしたメディアなんです。

「フワちゃんTV」のブレーン長崎周成が教えるYouTubeヒット戦略

――人にフォーカスしたメディアとは?

たとえばテレビのバラエティー番組を見る一番のモチベーションは、当たり前ですが「番組が面白い」からだと思います。なんていうか、番組という大枠全体が好きという感覚ですかね。

でもYouTube視聴者の多くは究極言うと、動画でも企画を見にいってる訳でもなく、人に会いにいってるんだと思います。今日は元気してるかな?くらいの感じで。

だからキャラクターが分かる企画の動画を継続して見てもらい、自分自身を好きになってもらうことが大切。好きの度合いはありますが「チャンネル登録者数=気になってくれたことがあるファンの数」だと思います。

「みて~、股~♪」からはじまったフワちゃんとのタッグ

――なるほど、出演者のファンを増やすことが、YouTubeのチャンネル登録者を増やすカギなんですね。それは長崎さん自身ではだめだったんですか?

僕なんか全然だめですよ(笑)明確なキャラクター性と自信を持ってやりたいことを貫けるかどうかが人気YouTuberの資質だと思っています。

僕は自分が考えることには自信があっても、自分自身には全く自信がないです。だから自分が出演することが一番邪魔になる。「おもんなくなる!」と思いました。

「フワちゃんTV」のブレーン長崎周成が教えるYouTubeヒット戦略

――その出演者として最適だったのがフワちゃんだった?

そうですね。でも初めて会った時は「なんや、こいつ」と思いましたね(笑)初めてきた僕の家でソファーに座りながら、股を広げて見せつけてきて、「みて~、股~♪」って言ってきたんです。

股を見せて、股と言う。どのお笑いの教科書にも無い発言で理解不能でしたが、そんなものを超えてくる「なんかおもしろい」があったんですよね。言葉とかじゃない、人間的で笑わしにきてるというか(笑)

本格的に誘うきっかけになったのは、フワちゃんのInstagramを見たとき。フワちゃんの頭の中を覗いたような、フワちゃんらしい「フワちゃんだけの」加工をしてたんです。

「インスタ映え」って、スタイリッシュできれいな写真というイメージですけど、フワちゃんの投稿はクレイジーでポップ。この加工技術は動画の編集にも落とし込めるなと。

企画の部分は自分がやればいいし、これならYouTubeという媒体でフワちゃんの不透明だった「なんかおもしろい」を可視化できると思いました。

ヒットのワケは制作作業の細分化

――企画、キャラクター、編集の独自性の他に「フワちゃんTV」の動画が他のYouTube動画と異なる部分はありますか?

動画を作るフローを細かく設定していますね。一般的に動画を制作する工程は、「企画立案」「撮影する」、「編集する」くらいだと思いますが、「フワちゃんTV」はもっと細かい 。

大きい役割分担でいうと、フワちゃんが「演者」と「編集」、僕が「企画」「撮影・ディレクション」「プロデューサー」を担当して、2人で「構成」を考えている感じです。

「フワちゃんTV」のブレーン長崎周成が教えるYouTubeヒット戦略

聞き手に分かりやすいように、小さいホワイトボードに書きながら説明してくれる長崎氏。字がかわいい

――やることめちゃくちゃある! ちなみに「プロデューサー」「ディレクション」「構成」は具体的にどういう作業なんでしょうか?

「プロデューサー」は秋元康さん的なことというよりも、テレビのプロデューサーさんのお仕事のような、金と人の管理です。

経費のかけ方を決めたり、広告案件においては広告主さん との連絡や打ち合わせをしたり。

「ディレクション」は、現場での舵取(かじと)り役ですね。フワちゃんは突発的に行動してしまうことがよくあるので(笑)企画の趣旨にそって撮影を進めるためにある程度の指示をします。

例えば、フワちゃんが、小さい頃の思い出のハンバーガーを食べる様子を撮影した時、最初の一口を食べた感想が「タマネギ長ーい!」だったんです。

でも一口目に欲しくなる感想は絶対に「おいしい」か「懐かしい」なんですよ。その時はカメラを止めて、撮り直しをしました(笑)

もちろん偶然や突然意味わかんない行動するのが面白いフワちゃんなのですが、フワちゃん自身が編集する時にさすがに困るなこれはっていうのは現場で言うようにしています。

「構成」は動画の流れを組み立てること。撮影前に動画の大筋を固めるのもそうですし、撮影した後、面白いけど企画の趣旨から外れたり、全体の文脈を断ち切ってしまったりする素材があったとき、どのようにすれば動画に組み込むことができるかを考えます。

僕はフワちゃんが面白いと思っているものを表現するために、アイディアの部分でサポートをしている感じですね。

例えば、「フワちゃんTV」の「【LA里帰り】フワちゃんの故郷はロサンゼルス」という企画のロケで、10秒ぐらいだと面白くないけど、3秒くらいだとすごく面白い素材が何カットか撮れたんです。

カットするのももったいないし、どう見せようかと考えていた時に、「数秒で面白いを伝えられるのってInstagramストーリーじゃない?だったらストーリーみたいに見せられないかな」と提案しました。

Instagramはフワちゃんの得意分野だし、前後の脈絡に関係なく短い尺の動画を連続でつないでも違和感がない。

結果、閲覧者が誰かという細かい大喜利でもボケる見せ方ができました。フワちゃんは編集に一切の妥協がなくストイックなので、そのこだわりの見せ方を作家として提案している感じですね。

――その編集へのストイックさが、芸が細かい動画を作り上げているのですね。

フワちゃんの頭の中を具現化したのが「フワちゃんTV」の編集。実際、編集の手を動かしているのは全てフワちゃんなのですが、撮影後に素材を見て一緒に編集内容を詰める構成会議を重ねています。多い時で4〜5回くらい行いますね。

「フワちゃんTV」のブレーン長崎周成が教えるYouTubeヒット戦略

YouTube動画「【LA里帰り】フワちゃんの故郷はロサンゼルス」のワンシーンはinstagramのストーリーを意識した画面構成。ちなみにデヴィさんや北野武さんがフワちゃんのストーリーを見てくれている設定。芸が細かい

順風満帆な「フワちゃんTV」!……のはずが大きな誤算も

 

――「フワちゃんTV」はとても順調そうに見えますが、スタートしてから当初の想定と違ったことはありましたか?

色々あるんですが、一番はお金ですね(笑)

――平均再生数も多いし、企業タイアップ案件も定期的にされているので、すごいお金持ちだと思ってました!

全然です。去年の夏くらいまではずっと大赤字で走ってました。うちは動画投稿の本数が極端に少ないから思ったより回収できない。

企画のたびに当然ロケの経費もかかってくるし、動画編集するためのパソコンやHDDなどの機材も買わなきゃいけない。あとフワちゃんの場合、すぐ物を壊すので機材費は2倍かかります(笑)

「フワちゃんTV」のブレーン長崎周成が教えるYouTubeヒット戦略

撮影するスタッフを撮影し返す長崎氏。「撮っている姿が何かたくらんでそう」とよく言われるらしい

長崎周成が目指す「©のつく仕事」

――お金があまり入ってこないとなると長崎さんが「フワちゃんTV」に求めたものはなんでしょうか?

もちろん新しい面白いものを作りたいということが前提にあったうえで、「©のつく仕事」をしたいという思いがありました。

――©のつく仕事? 著作権に関係した仕事ということでしょうか?

そういうことではなく、「自分の作品」といえる仕事ということですね。

本業の放送作家の主な仕事は、テレビ番組への企画などのお手伝いをするアドバイザー的なポジションだと僕は思っています。

特に僕はペーペーの若手作家。担当番組が放送されても「自分の作品」だという自信も事実も無く、一番汗をかいたディレクターさんや番組演出の方の作品だと感じていました。

だからこそ、作った!と胸をはって言える「©のつく仕事」をやってみたかったんです。

そういう仕事は責任とリスクも背負わなきゃいけない。むちゃくちゃスベっても、炎上しても自分のせい。でもそれくらい腹をくくった仕事をどうしても20代のうちにしておきたかったです。

――すごい覚悟ですね。「フワちゃんTV」も長崎さんにとって「©のつく仕事」ですよね?

そうですね、あくまでフワちゃんあっての、ですが。「フワちゃんTV」も覚悟を持ってやっています。

「フワちゃんTV」を計画した時に、フワちゃんが自分にのっかってくれた。最高に面白くて編集の個性が爆発しているフワちゃんが。

そのことにはすごく感謝しています。彼女が芸人人生をbetしてくれた責任はずっと感じているので、中途半端に投げ出すことは絶対にしたくないです。

YouTubeだけではなく、タレント生命の道標を示せるようにケツまで持つつもりでやっています。マブダチとして作家としてサポートしたいです。

「フワちゃんTV」のブレーン長崎周成が教えるYouTubeヒット戦略

――長崎さん自身が始めた仕事といえば、昨年11月に会社を立ちあげましたよね。

「チャビー」という会社を立ち上げました。20代放送作家が8人ほど在籍しています。場所やメディアを問わず企画が必要なところに、所属している放送作家が企画を作りにいきます。メンバーがそれぞれ「©のつく仕事」ができるようになればいいなと思っています。

「フワちゃんTV」は初めてYouTube発の芸人がテレビで活躍するという事例が作れました。今後、チャビーのメンバーで、まだ耕されていない畑から新しいものを生み出していければいいなと思っています。お仕事お待ちしております(笑)

「チャビー」公式サイトはこちら
長崎周成さんのTwitterはこちら

「フワちゃんTV」のブレーン長崎周成が教えるYouTubeヒット戦略

インタビューの後、差し入れのドーナツをほお張る長崎氏。さっきまでロジカルな話をしていた姿とのギャップが魅力

(文・田中遼平、写真・林紗記)

あわせて読みたい

令和時代のインフルエンサーマーケティング 石井リナ×石山明日香

「総合力で澤部に勝てる芸人はいない」ハライチ岩井勇気の相方論

尻職人・倉持由香は“這い上がるため”にSNSを駆使した。自己プロデュースで知名度を上げる #グラビアアイドルの仕事論

[ &M公式SNSアカウント ]

TwitterInstagramFacebook

「&M(アンド・エム)」はオトナの好奇心を満たすwebマガジン。編集部がカッコいいと思う人のインタビューやモノにまつわるストーリーをお届けしています。

PROFILE

田中遼平

webマガジン「&」の編集部員として編集と執筆を行う。学生時代に音楽フェスのライブレポを書いた経験から、文章で人を楽しませる面白さに目覚め、2015年に新聞社に入社。入社してからはwebニュースメディアのディレクション部署に配属され、新規事業開発チームにも参加。楽しく働いていたものの、「そろそろ文章を人に届ける仕事がしたい!」と思いたち4年目から&編集部員に。Twitterはこちら

「音楽って結局、愛だよね」フィロソフィーのダンスが選ぶ愛の5曲

TOPへ戻る

ウメに納豆も 来日30年のオーナーが作り出す独創的なインド料理「ガラムマサラ」(東京・経堂)

RECOMMENDおすすめの記事