キャンピングカーで行こう!

コンパクトながら充実装備、広さも満足、価格は低め!  いいことずくめの新型「ライト・キャブコン」

「ステージ21」といえば、軽キャンピングカーやコンパクト・バンコンが有名なビルダーです。そのステージ21が、新型のライト・キャブコンを発表しました。今回はその詳細をお伝えしましょう。

TOP画像:リゾートデュオ バンビーノ・プラスの外観。キャブコンでありながらバンクベッドのないロープロファイルなので、風の抵抗も受けにくい(以下の画像も提供はすべて「ステージ21」。ただしプロトタイプのため市販車と異なる部分があります)。

自走式立体駐車場にも入れるキャブコン!

1~2月に開催されたジャパンキャンピングカーショー2020で発表されたのが、同社初となるライト・キャブコン「リゾートデュオ バンビーノ・プラス」(以下バンビーノ・プラス)です。

ベース車両は、トヨタ・ライトエース。キャブコンではありますが、ポップアップルーフを採用しています。バンビーノ・プラスの名の通り、同社の軽キャンピングカー「リゾートデュオ バンビーノ」の拡大版といったところでしょう。キャビンの素材にはアルミコンポジットパネルを採用。軽量のうえ断熱性にも優れています。

同社の霜田勝美社長は「ポップアップルーフにすることで車体サイズはコンパクトになり、普段使いとも両立しやすいと思います。それに、車高が低いので走行安定性も向上します」と胸を張ります。

全長4500mm×全幅1840mm×全高2090mmというサイズは、全高を除けばトヨタ・アルファードよりもコンパクト。全高も2.1mを切っていますから、自走式の立体駐車場などにも入れるサイズです。

ポップアップルーフを閉じれば車高は2090mm。大抵の自走式立体駐車場に入れることができる

ポップアップルーフを閉じれば車高は2090mm。大抵の自走式立体駐車場に入れることができる

そして何より嬉しいのは、室内空間の広さ。キャブコンですから居室部分は箱形。つまり壁はまっすぐなので、同じ全幅・全長・全高のバンコンより実質広い空間が手に入ることになります。

ベッドは3+1人、収納スペースも十分

気になるのは室内のレイアウトでしょう。バンビーノ・プラスは、乗車定員が4人、就寝定員が3+小人1人。居室前方にはキッチンを設置、後部にコの字型にダイネットシートが配置されています。標準モデルでは、運転席、助手席、そして後部横向き2人の4人乗車となっていますが、オプションで横向き4人乗車にすることもできます(その場合は乗車定員6人、就寝定員は変わらず3+小人1人)。

リビングスペースはコの字のシンプルな構成。標準仕様では右サイドのソファーが横向き2名の乗車スペースに

リビングスペースはコの字のシンプルな構成。標準仕様では右サイドのソファが横向き2人の乗車スペースに。

就寝はコの字シートをベッド展開することで大人3人、さらにポップアップ部に子供用ベッド(1人用)を設置可能です。

ベッド展開した状態。複雑なシートを使わずシンプルな機構でベッド展開できるところは、同社の車両に共通したメリットだ

ベッド展開した状態。複雑なシートを使わずシンプルな機構でベッド展開できるところは、同社の車両に共通したメリットだ

レンジ、冷蔵庫。冷房が標準装備!

手堅くまとめられた感のあるバンビーノ・プラスですが、実は標準装備の充実ぶりが魅力です。「実際に使うときのことをとことん考えて、必要なものは全て標準装備にしてあります」と霜田社長。

具体的には、
・2000Wインバーター
・電子レンジ
・15L冷蔵庫
・15インチのフリップダウン式モニター(TV。カーナビと繋げばDVDも利用可)
・氷冷式の省電力Coolingシステム「冷え蔵X」(冷房)
・ソーラー充電システム
これらがすべてついてくるという至れり尽くせり。おまけに、カーナビやバックモニターまでが標準装備です。

シンクには電子レンジを標準装備。照明などのスイッチも集中パネルでここに装備されている

シンクには電子レンジを標準装備。照明などのスイッチも集中パネルでここに装備されている

冬も活用したい人なら、あとはFFヒーターを追加するくらいで、必要なものはほぼそろっていると言えそう。

コンパクトなボディーで走行中の取り回しがよく、居住面では充実の標準装備。それでいて価格はリーズナブル!

また、ベース車両の性能からすると、エンジンはガソリンタイプのみの1.5L。駆動方式はFRか4WD(パートタイム)から選べます。軽自動車ベースよりもパワーがありながら、一般的なキャブコンよりも装備がシンプルで車高も低い&重心が低いため、高速走行時にあおられにくいというメリットもありそうです。

普段使いとの兼用を視野に入れている人で、「カムロードベースやハイエース・スーパーロングベースのバンコンでは大きすぎる」「軽キャンピングカーが手狭に感じてきた」という人なら、選択肢のひとつになりそうです。

【DATA】

リゾートデュオ バンビーノ・プラス
358万円~

ステージ21
https://stage21.co.jp/campdev/

あわせて読みたい

マルチユースワゴンにおしゃれ内装 令和初のジャパンキャンピングカーショーで今後のトレンドを占った

ファミリーにもアクティブ派にも対応! 人気の「コルドバンクス」10年ぶりモデルチェンジ

「軽やか!」と噂のライトキャブコンの乗り心地と走りを検証

キャンピングカーで行こう!:連載一覧はこちら

[ &M公式SNSアカウント ]

TwitterInstagramFacebook

「&M(アンド・エム)」はオトナの好奇心を満たすwebマガジン。編集部がカッコいいと思う人のインタビューやモノにまつわるストーリーをお届けしています。

2019年12月4日 16:07

PROFILE

渡部竜生

キャンピングカージャーナリスト。サラリーマンからフリーライターに転身後、キャンピングカーに出会ってこの道へ。専門誌への執筆のほか、各地キャンピングカーショーでのセミナー講師、テレビ出演も多い。著書に『キャンピングカーって本当にいいもんだよ』(キクロス出版)がある。エンジンで輪っかが回るものなら2輪でも4輪でも大好き。飛行機マニアでもある。旅のお供は猫6匹と妻ひとり。

・Youtubeチャンネル「キャンピングカー坊主めくり」開設!
https://www.youtube.com/channel/UCZzeJtgZFLR0yJLkr052kug

かつての人気をもう一度! アメリカ製キャンピングカー普及の可能性

一覧へ戻る

見た目変わらず大きく進化した「フィアット・デュカト」 運転ラクに、環境にもやさしく

RECOMMENDおすすめの記事