口福のカレー

バリエーションは無限? オリジナリティーあふれる「宇宙カレー」(東京・中目黒)

このところ中目黒近辺にもカレー店が増えてきたが、その中でも異彩を放っているのは、中目黒駅から3分ほどのところにある「宇宙カレー」だ。ネーミングのインパクトもさることながら、シェフの似顔絵が描かれた看板もかなりユニーク。その上、「NAGUY BAR」というバーを昼間だけ間借りして、営業するスタイルという異色のカレー店なのだ。

メニューは、「本日のカレー」と「ドライカレー」、「月替わりカレー」の3種類。プラス100円で2種盛り、200円で3種盛りにできる。いずれもコールスロー付きだ。この日は本日のカレーの「カリフラワーのカレー」、「挽(ひ)き肉×レーズンのドライカレー」と月替わりの「チキンラッサム」の3種盛りを注文。どれも艶(つや)やかなライスとの相性が抜群だ。

タマリンド、ライムピクルスなどを使うオリジナリティーにあふれるチキンラッサム(写真手前)

タマリンド、ライムピクルスなどを使うオリジナリティーにあふれるチキンラッサム(写真手前)

少しねっとりとしたドライカレーは、香辛料のスパイシーさとレーズンの甘みがよい加減に混ざり合っている。ココナツミルクが隠し味になっている本日のカレーは、細かく刻まれたカリフラワーの粒々感がたまらなくいい。月替わりのチキンラッサムは、かなりの筆者好み、酸味が効いた辛さがクセになる。

以前テレビ番組で、EXILEのTAKAHIROさんが宇宙カレーを紹介しているのを見たことがあるが、その時にこの店を切り盛りするmisaさんは、「1年間、毎日メニューを変えることもできるかな」と言っていた。買い出しに行ったときに、旬の食材などが目に留まると、その瞬間に創作意欲が湧いてきてメニューが浮かぶそうだ。よく通う筆者も、彼女のレパートリーは無限なのでは? と感心する。

バリエーションに富んだカレーをたっぷり味わえる3種盛り

バリエーションに富んだカレーをたっぷり味わえる3種盛り

チキンラッサムは、インドのスープ、ラッサムをアレンジしたもので、甘酸っぱいタマリンドとさわやかな酸味のライムのピクルスを組み合わせて、隠し味にコクのある酸味のバルサミコを加えてある。何とも完成度の高いチキンカレーだ。高級食材を使うとか、何日もかけてルーを仕込むとかいったこだわりとは違う、気軽に手に入る食材を、驚くほどおいしいカレーに変える。人気のカレー店には評判の定番メニューがあって、それを食べに通うことが多いが、宇宙カレーの場合は、バリエーションに富むカレーが、どれも定番になるべきクオリティーの高さだ。

さっぱりとした酸味とシャキシャキとした食感のコールスロー

さっぱりとした酸味とシャキシャキとした食感のコールスロー

misaさんはもともと音楽業界で30年以上キャリアを積んだが、料理好きが高じて今の仕事に。当時から料理には定評があり、今でもよくケータリングを頼まれるそう。気取らない彼女の応対も心地よく、何度も通いたくなるカレー店なのだ。
    ◇
宇宙カレー
東京都目黒区上目黒1-3-20
03-3760-7227
https://ja-jp.facebook.com/misal33/

中目黒と代官山を結ぶ路地でシェフの似顔絵の看板が迎える

中目黒と代官山を結ぶ路地でシェフの似顔絵の看板が迎える

あわせて読みたい

ウメに納豆も 来日30年のオーナーが作り出す独創的なインド料理「ガラムマサラ」(東京・経堂)

カレーの香りに孤食の寂しさを思う 連城三紀彦『もうひとつの恋文』の世界

「外食の鬼」がほれ込んだ! 百年愛される“元祖”かつカレー

#カレー:一覧はこちら

[ &M公式SNSアカウント ]

TwitterInstagramFacebook

「&M(アンド・エム)」はオトナの好奇心を満たすwebマガジン。編集部がカッコいいと思う人のインタビューやモノにまつわるストーリーをお届けしています。

PROFILE

熊野由佳

ライター&エディター。徳島県出身。外資系ジュエリーブランドのPRを10年以上経験した後にフリーエディターに。雑誌やWebを中心に、旅、食、ファッションなどをテーマに執筆中。無類の食べもの好きでもあり、おいしい店を探し当てる超(?)能力に恵まれている。自分の納得した店だけを紹介すべく、「実食主義」を貫く。酒好きが高じて「唎酒師(ききさけし)」を取得したが、おいしいワインの探索にも余念がない。

ウメに納豆も 来日30年のオーナーが作り出す独創的なインド料理「ガラムマサラ」(東京・経堂)

一覧へ戻る

インド料理界のレジェンドのカレーは“全部混ぜ”がルール 「ナイルレストラン」(東京・銀座)

RECOMMENDおすすめの記事