落語家は社会のカウンター 立川吉笑が語る伝統と現代性

先日、Twitterでとある落語家のツイートを眺めていると、彼のフォロワーから「あなたの落語を聞いたが、差別的な表現があった。今の時代には不適切だ」と批判的なリプライが送られていた。

確かに古典落語では父親の借金のかたに吉原に“自ら”売られていく娘や、殿様に理不尽な理由で切腹を言いつけられる侍が、「親孝行な子供」あるいは「忠義ある部下」として美談のように描かれることがある。現代の価値観にはそぐわない表現だと言えるだろう。

それに対してその落語家は「落語はそもそもそういうものだ」という旨を返信していたが、私はわだかまりを覚えた。

昨年のM-1グランプリあたりから「誰も傷つけない笑い」という言葉がメディアでも度々登場し、お笑いにもコンプライアンスを求める流れの中で、「そういうものだ」の一言で済ませていい問題なのだろうか。

“理論的”なまなざしで時代を切り取った新作落語を次々と生み出す若手落語家の立川吉笑さんに、伝統芸能とコンプライアンスの問題について聞いた。

ウケたい一心で変わっていく落語

恐ろしくゆっくり進んでいく走馬灯ならぬ『歩馬灯』、ゾーン状態に入る番頭さん、過剰に恩返しするタヌキ、中に人間が入った自動販売機……。立川吉笑が創作する新作落語には枠にとらわれない独特な切り口が次々と登場し、聞くものを驚かせ、爆笑の渦に誘う。

それは漫才やコントに親しんだ世代にはむしろ取っつきやすく、「落語=おじさんがしゃべる古臭いもの」というイメージを裏切ってくれる。実際に吉笑が表参道で主催する「ひとり会」の客席には若者も多く、今まで触れてこなかった芸を聴き逃すまいと前のめりになっている。

新作だけではなく古典にも果敢に取り組み、常に落語を俯瞰(ふかん)で捉えながら芸の幅を広げている当代きっての理論派だ。冒頭で取り上げた批判について、彼であれば「そういうものだ」では終わらないだろう。

「基本的に古典落語は江戸時代に作られているものが多いので、現代の価値観に合わないネタはもちろんたくさんあります」

落語は能狂言と同じ伝統芸能であるが、能狂言の客層の多くが武家できわめて格式高いものであったのに対し、江戸落語は「江戸の庶民」という限られた階層、きわめてクローズドな世界で客を楽しませるために発展してきた芸能だ。それが現代のようにテレビやラジオやネットなどを介して老若男女(=マス)に広がっていくと、そこに違和感を覚える人が出てくるのは必然である。

「これまでにもお客さんが不快に感じる表現があれば、その時々の落語家が形を変えてその時代に適応してきました」

落語家は社会のカウンター 立川吉笑が語る伝統と現代性

例えば、視覚障害や聴覚障害を持つ人が登場するネタは近年では滅多に高座にかけられなくなった。「江戸時代では笑い話になったことであっても、それを面白がることはよくない」というのが一般的な認識になったからだ。

また、この10年で女性の権利やハラスメントの問題が盛んに言われるようになり、女性が登場する落語にも変化が見られるように。『持参金』というネタは、借金を返すために女性の持参金をあてにして結婚するという内容だが、女性の容姿を嘲(あざけ)る演出もあるため禁止している寄席もあるという。

「江戸には遊郭などの文化があったことは事実。当時の古典落語をそのまま演じることには歴史的価値もあり、歴史を残すことを目指している落語家もいます。その一方で、自分の中で整合性をとって『これは今の時代にそぐわないからじゃあどうするか』という部分をブラッシュアップしている人も増えてきました。落語も緩やかな過渡期にあると思います」

「僕が思うに落語家は社会的にモラルの高い人の集まりではないので(笑)、社会的な意義から問題のある表現を変えてるわけではありません。自分の言ったことでお客さんが引いてしまったり、嫌悪感を覚えられるのが一番辛い。お客さんの反応を見て、ウケたいから変えているんです。なので落語が変わったというより、社会(お客さん)が変わったのかもしれません」

落語家は社会のカウンター 立川吉笑が語る伝統と現代性

「落語は社会を映す鏡なので、もし30年後にまだ差別的な表現が残っているとしたら、それを受け入れてしまっているお客さんがまだいるっていうことなんだと思います」と吉笑は語った。

古典を微積分する

彼の師匠である立川談笑は古典落語の中の、特に人情ばなしによくある、旧来の家庭のあり方や男尊女卑を感じられる部分を現代風に変えて展開している。

さらには『紺屋高尾』という染め物職人と花魁(おいらん)が恋をする話を『ジーンズ屋ようこたん』というタイトルで設定を現代に置き換え、ジーンズ職人とアイドルの話にした。その方が今のお客さんには身近に感じられるはず、という談笑の狙いからだ。

だが、それをもう一度古典の設定に戻して演じた時に、元の『紺屋高尾』にならず、微妙に違う演出になってしまうことに吉笑は衝撃を受けた。

「僕は数学が好きなので数学的に考えてみたら、ある数式を微分して積分すると元の数式には戻らなくて、一部がそぎ落とされた数式になるんです。それと同じことで、古典を現代に置き換えると、登場人物の感情の動き方が現代的になる。それを再び古典化するとパッケージは古典だけど、流れてる感情が現代的になる。だから同じ『紺屋高尾』で設定や登場人物が一緒でも、動くキャラクターの感情が違ってくる。古典原理主義の人から見ると邪道かもしれないですけど、一方で現代に合う古典のやり方ってこういうことなのかなと思います」

落語家は社会のカウンター 立川吉笑が語る伝統と現代性

現在談笑が演じている『紺屋高尾』には、花魁が仕事上の自分と素の自分のギャップに悩むという、現代的な問いを含んだ演出が加えられている。それはなぜか? おそらく『紺屋高尾』から『ジーンズ屋ようこたん』が生み出されたときに、「厳しい現実に疲弊した男女が一途な愛によって自己肯定感を回復する」という現代的な要素が追加され、それが今の談笑が演じる『紺屋高尾』にも落とし込まれたからではないだろうか。

現代にそぐわない部分を単に削除するのではなく、切り口を変えることによって通用するものにする。これは非常にセンスがいる作業で誰でもできるわけではないが、今後の落語にとって大きなヒントになるだろう。

女性による新しい落語

観客の規模の変化や、社会の考え方の変化を見てきたが、落語界の内部構造にも変化の兆しがある。

女性落語家の増加だ。落語家の増加に伴って、相対的に女性の数も増えてきたが、男性中心で回ってきた世界なので、まだ環境は整っておらず、楽屋に女子更衣室はない。

吉笑自身「承知の上で飛び込んできたんだろう」と思ってしまうところもあるそうだが、今後、女性落語家が進出するなか、そうは言っていられない。

どうしたら女性落語家がもっと活躍できるのか――。

男性のものとして発展してきた落語を女性が演じる時、新しい方法論が必要だという。

「落語は男が演じることを前提に作られてきたので、今の落語を女性がそのままやるのは効果的じゃないかもしれません。設定を女性目線に変えたり、声のトーン、発声法や演技法自体も女性ベースに変えた方がいい。女性落語家の革命家が現れて、女性落語の技法が確立されたら状況はガラッと変わると思います」

落語家は社会のカウンター 立川吉笑が語る伝統と現代性

落語は社会の映し鏡

「さまざまな人がいますが、基本的に落語家は社会のカウンターを取っていくもので、みんなが左に行くなら右、右に行くなら左っていうひねくれ者の集まりなんです。談志師匠がまさにそうですけど、右翼側にも左翼側にもガンガンいっていますね」

一見無責任な態度にも見えるが、こういった落語家のスタンスが社会のバランスを取ってきたのだろう。

自粛ムードでさまざまなイベントが中止・延期になり、落語会も自治体主催のものを中心に立ち消えているが、変わらず開かれている寄席もある。

慌ただしい世相だからこそ、落語家は飄々(ひょうひょう)と構えている。

「娯楽は基本的に全部不要不急です。平和な世の中で皆さんがちゃんとした生活を送れてる上で成り立つものなので。落語なんか特になくても困らない。でも、変わらずにやり続けることが大切な時もある。社会がめまぐるしいからこそ、変わらないものに触れると安心できるのかもしれません」

落語家は今日も、そしてこれからも高座から社会を見渡している。

(文・張江浩司 写真・林紗記)

プロフィール

落語家は社会のカウンター 立川吉笑が語る伝統と現代性

立川吉笑(たてかわ・きっしょう)

落語家。1984年生まれ。京都市出身。2010年11月、立川談笑に一番弟子として入門。12年に異例のスピードで二ツ目に昇進。

古典落語的世界観の中で、現代的なコントやギャグ漫画に近い笑いの感覚を表現する『擬古典<ギコテン>』という手法を得意とする。

毎月第一土曜に東京・表参道で開催している独演会『立川吉笑ひとり会』や、『立川談笑一門会』など勢力的に落語会を開催。15年には初めての単行本『現在落語論』(毎日新聞出版)を刊行した。

あわせて読みたい

[ &M公式SNSアカウント ]

TwitterInstagramFacebook

「&M(アンド・エム)」はオトナの好奇心を満たすwebマガジン。編集部がカッコいいと思う人のインタビューやモノにまつわるストーリーをお届けしています。

PROFILE

張江浩司

1985年北海道生まれ。居酒屋店主、タレントマネージャーなどを経て、2020年よりフリーランスのライター、司会、バンドマン、イベンターとして多岐にわたり活動中。傍目からは「あの人何して生活してるの?」とよく言われる。レコードレーベル「ハリエンタル」主宰。

東京五輪・パラ延期 「アスリートファースト」ならもっと早い決断が必要ではなかったか

TOPへ戻る

【フォトギャラリー】賃貸でも家で本格キャンプ 「テント・焚(た)き火・キャンプ飯」で部屋キャンを楽しむ

RECOMMENDおすすめの記事