MY KICKS

裏原宿から日本のスニーカー界を盛り上げた女性が推薦 シープスキンブーツの「UGG®(アグ®)」初 の高性能ファッションスニーカー

今や、スニーカーは私たちの生活に欠かすことの出来ない“生活必需品”。どんな人にも愛着のある一足があり、そこには多くのこだわり、思い出、物語が詰まっているはず。本コラムでは、様々なスニーカー好きたちが「MY KICKS(=私の1足)」をテーマに語り尽くす。

◇◆◇

高見薫(たかみ・かおる)さん

1991年ナイキに入社。アパレル担当として営業のキャリアをスタートし、2000年から原宿エリアを担当。全盛期の裏原宿で多数のファッションブランドやショップとのコラボレーション企画に携わる。18年よりデッカーズジャパン合同会社に勤務。

裏原宿から日本のスニーカー界を盛り上げた女性が推薦 シープスキンブーツの「UGG®(アグ®)」初 の高性能ファッションスニーカー

UGG®「CA805 MLT」¥ 24,200 (税込み)

高見さんは1991年にナイキでアパレル担当の営業として働き始める。転機は96年から97年にかけて巻き起こったスニーカーブームの収束後にやってきた。ナイキは再びブームを盛り上げるべく新規事業を扱う「ニュービジネスチーム」を立ち上げ、高見さんを引き入れたのだ。

原宿エリアの担当となった高見さんは、当時隆盛を誇っていた裏原宿で、小規模店舗から世界中の若者に向けてトレンドを発信しようと意気込む人々を目の当たりにしたことで思いを新たにする。

「彼らと一緒に日本のカジュアルシーンを盛り上げたい」

しかし友人同士や先輩後輩の繋(つな)がりを重視するストリートカルチャーの世界に、一企業の営業が入り込むのは簡単なことではない。そこで高見さんは同僚たちとともに、渋谷〜原宿近辺を動き回ることから始める。会社のデスクと商談先を往復しているだけでは、ストリートファッションの世界に入り込むことは不可能だと考えたからだ。

「全ては『今かっこいい人たち』と知り合いになるところから始まると思ったので、ナイキの同僚たちと東京の街を動き回りました。夜となればクラブに出かける必要もあったので、寝不足で会社に行っては怒られていましたね(笑)。でも毎日多くの人と出会い、言葉を交わしていくうちに、お店に商品を置かせてもらえるようになっていった。そこからじっくりと関係を深めていくなかで、次第にプロジェクトが大きくなり、ファッションディレクターの藤原ヒロシさんや人気ブランドSOPH.が立ち上げたフットボールウェアブランド”F.C.R.B.”、今では世界的なスニーカーショップとなっているatmosとのコラボレーションにも関わりましたね」(高見さん)

 高見さんのスニーカールームにはおよそ600足のスニーカーがある。その中にはナイキ時代に裏原宿のクリエーターと共に世に送り出したものが少なくない。

裏原宿から日本のスニーカー界を盛り上げた女性が推薦 シープスキンブーツの「UGG®(アグ®)」初 の高性能ファッションスニーカー

自宅2階のスニーカールームは3面が天井までのラックとなっており、600足のスニーカーが美しくディスプレーされている

「『集めた』と言うよりは『いつの間にか集まってしまった』もの。様々な方との思い出が詰まっているので簡単には処分することは出来ません」と高見さんは語る。その言葉を象徴するかのように、シューズラックには加水分解によってソールが崩壊寸前のスニーカーも多数見られた。履けなくなっても廃棄することは出来ないのだという。ここにある色とりどりのスニーカーはコレクションであると同時に、高見さんとファッション業界の繋がりを示すポートフォリオでもあり、またスニーカー業界での功績を示すトロフィーでもある。

裏原宿から日本のスニーカー界を盛り上げた女性が推薦 シープスキンブーツの「UGG®(アグ®)」初 の高性能ファッションスニーカー

ラックに並ぶスニーカーはしっかりとカテゴリー別に分けられていた。「在庫表を作って、配置を考えて、並べ終わるまでに2年かかりました」と高見さんは苦笑する

シープスキンの「UGG®(アグ®)」初のファッションと機能性を兼ね備えたスニーカー

裏原宿から日本のスニーカー界を盛り上げた女性が推薦 シープスキンブーツの「UGG®(アグ®)」初 の高性能ファッションスニーカー

「街でも違和感なく履いていただけるように、UGGの上品なイメージは引き継ぎつつ、スニーカーとしての機能もしっかりと確保しています」(高見さん)

そんな高見さんは4年前に長年勤めたナイキを退社し、2018年の9月からシープスキンブーツで知られるシューズブランド「UGG®(アグ®)」が初めて手がけるスニーカー「CA805 MLTのプロモーションに参加する。

UGGスニーカーの魅力は、高いファッション性に、マラソンやトレイルランニングにも使われる分厚いソールが生み出す機能性と「UGG」伝統のファッション性を両立していること。その背景にあるのはUGGの親会社である総合フットウェア企業デッカーズが競技用スポーツシューズ開発のノウハウを多数抱えていることにある。「UGGスニーカーは、最新のスポーツシューズとデザイナーズブランドが展開するファッションスニーカーの中間に位置するアイテムです」と高見さん。機能、ファッションの両面において「履きやすい」スニーカーというわけだ。

 牧羊が盛んなオセアニアでは、シープスキンを使ったフットウェアが愛されている。オーストラリアのサーファーたちもその例外ではなく、極寒の海で波に乗った後に足を温めてくれるリラックスシューズとして愛用していた。やがてカリフォルニアに渡ったサーファーがビーチサンダルよりも足当たりの良いシープスキン素材のシューズをアメリカに広めるべく立ち上げたのが「UGG®(アグ®)」ブランドだった。

裏原宿から日本のスニーカー界を盛り上げた女性が推薦 シープスキンブーツの「UGG®(アグ®)」初 の高性能ファッションスニーカー

UGG®の定番モデル「TASMAN(タスマン)」。履き口にあしらわれた幾何学模様の刺繍(ししゅう)は『タスマンブレイド』と呼ばれるUGG®のアイコン

とはいえ1997年に誕生したサーフィン後のリラックス用フットウェアである「タスマン」、防寒具としての色彩が強いシープスキンブーツは、着用するシーンやシーズンも限られる。そこでUGGは2017年ごろから一年を通じて履けて、ストリートシーンでも着用できるファッション性の高いスニーカーを開発することに。2年間の開発の結果生まれたのが「CA805 MLT」だ。

裏原宿から日本のスニーカー界を盛り上げた女性が推薦 シープスキンブーツの「UGG®(アグ®)」初 の高性能ファッションスニーカー

既存のUGG®ユーザーがファッションアイテムとして抵抗なく履けるように、アッパーに使用しているナイロンやレザーなどの素材は、一般的なスニーカーに比べて上質で高級感のある素材を使っているという

ストリートシーンでも着用できるファッション性の高いスニーカーというコンセプトを反映して、シープスキンブーツとは全く異なる発想で設計されている「CA805 MLT」。まず目に入ってくるのがインパクトのある分厚いソールだ。こちらには、総合シューズメーカーであるUGG®の親会社デッカーズが長年にわたって蓄積したノウハウが詰め込まれているという。ただの厚底ではなく、軽量でクッション性の高い実用的なアウトソールで、非常に柔らかな履き心地だ。

「UGGの営業をはじめて1年ほどは、このCA805 MLTしか履いていませんでした。正直言ってこのシューズしか出ていなかったからなのですが、長年スニーカーに関わってきた私から見ても非常に歩きやすかった。とにかくクッション性が高く、客先で靴を脱がなければいけないシーンで、すばやく対応することが出来たのが印象に残っています。季節を問わず、雨の日も風の日もCA805 MLTを履いて得意先を回っていましたね。ですから、25年働いたナイキを離れて、初めて売った靴と言っても過言ではないので、本当に思い入れの深い一足なんです」(高見さん)

裏原宿から日本のスニーカー界を盛り上げた女性が推薦 シープスキンブーツの「UGG®(アグ®)」初 の高性能ファッションスニーカー

しっかりと地面をグリップしてくれるアウトソールのパターンはUGG®オリジナル

フロントがジッパーのみで、足を締め付け過ぎない設計なのも大きな特徴といえるだろう。これは「CA805 MLT」がスポーツ用ではなく、あくまで快適に街を歩き回ることを目的に設計されたアイテムだから。スリッポン感覚で気楽に脱ぎ履きがしやすい「タスマン」の機能を継承しているともいえる。

裏原宿から日本のスニーカー界を盛り上げた女性が推薦 シープスキンブーツの「UGG®(アグ®)」初 の高性能ファッションスニーカー

タンとアッパーをゴムで一体化することで、ちょうど良いホールド感を実現している

カラーリングやデザインにも継承されるUGG®の遺伝子

裏原宿から日本のスニーカー界を盛り上げた女性が推薦 シープスキンブーツの「UGG®(アグ®)」初 の高性能ファッションスニーカー

「そっくりというわけではないですよね。でも、なんとなく雰囲気が似ている。いとこみたいなイメージですよね」と高見さん

「CA805 MLT」は、いたるところにブランドのルーツであるシープスキンブーツへのリスペクトが感じられる一足だ。まずカラーリングはシープスキンを思わせるベージュとライトブラウン。サイドのオーバーロック(かがり縫い)もシープスキンブーツの縫い目とよく似ている。脱ぎ履きがしやすく、歩きやすく、見た目はどことなく品が良い。

裏原宿から日本のスニーカー界を盛り上げた女性が推薦 シープスキンブーツの「UGG®(アグ®)」初 の高性能ファッションスニーカー

アッパーのスエード地を縫い合わせているオーバーロック(かがり縫い)

裏原宿から日本のスニーカー界を盛り上げた女性が推薦 シープスキンブーツの「UGG®(アグ®)」初 の高性能ファッションスニーカー

タンとヒールの部分にはオリジナルモデル「タスマンブレイド」に使われていたUGG®のアイコンともいえるテープがあしらわれている

裏原宿から日本のスニーカー界を盛り上げた女性が推薦 シープスキンブーツの「UGG®(アグ®)」初 の高性能ファッションスニーカー

タンの裏側はフライトジャケットの裏地を意識したオレンジ色。そしてヒールにも「タスマンブレイド」が

スニーカーに宿る「かけがえのない人たちとの関わりの記憶」

裏原宿から日本のスニーカー界を盛り上げた女性が推薦 シープスキンブーツの「UGG®(アグ®)」初 の高性能ファッションスニーカー

前回登場してくれたBALの蒲谷健太郎さんとも知り合いだという高見さん

実は、今回インタビューを行った「スニーカールーム」のデザインを手がけたのは、「吉本興業株式会社 東京本部」や「Ginza Sony Park Project」のメンバーとして参加したり、またその中にある、藤原ヒロシ氏による「THE CONVENI」など、様々な建築を手がける荒木信雄氏。住宅の内装を手がけることなどあまりない気鋭の建築家を動かしたのは、高見さんとの友情にも似た関係性だ。 

シープスキンブーツの老舗UGG®は、いまスニーカーブランドとしても注目を集め始めている。その陰には「CA805 MLT」を履いて日本中を歩き回る高見さんの活躍がある。なお、今年のUGG®は毎月異なるテーマで限定版CA805 スニーカを発売する「12×12」コレクションを展開している。こちらも裏原宿時代に培ったコネクション、atmosがきっかけで始まった日本発のグローバル企画だ。高見さんのシューズラックには、これからも人との関わりが詰まったスニーカーが増え続けることになるだろう。

裏原宿から日本のスニーカー界を盛り上げた女性が推薦 シープスキンブーツの「UGG®(アグ®)」初 の高性能ファッションスニーカー

今はナイキスニーカーがほとんどのスニーカールーム。これからはUGG®のアイテムが増えていくことになりそうだ

UGG®公式サイト

https://www.ugg.com/jp/

取材・文/吉田大
撮影/今井裕治

あわせて読みたい

MY KICKS:連載一覧はこちら

[ &M公式SNSアカウント ]

TwitterInstagramFacebook

「&M(アンド・エム)」はオトナの好奇心を満たすwebマガジン。編集部がカッコいいと思う人のインタビューやモノにまつわるストーリーをお届けしています。

PROFILE

吉田大

ライター・編集者。大学卒業後、児童書出版社勤務を経て、フリーランスに。ファッション、アート、音楽、ストリートカルチャーから、政治経済、社会問題、テクノロジー、グルメに至るまで、多岐にわたるジャンルにおいて、長年にわたり執筆活動を続けている。趣味は自転車と立ち食いそば店めぐり。お酒や煙草を嗜まないストレート・エッジな生活を送っている。

アメリカとは違う欧州スニーカーの美意識が詰まったファッションブランド<BAL>デザイナーがほれ込むサロモン

一覧へ戻る

RECOMMENDおすすめの記事